はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

森の万華鏡づくり(もりのようちえん春夏最終回)


ついにこの日がきてしまいました!
もりのようちえん春夏プログラム最終回です(>_<)

わたしはちょっとしんみりしながら、息子はおやつパーティがある!とウキウキしながら(笑)
まずはインタープリターさんたちに挨拶をして、最後のもりのようちえんの内容を教えてもらいました。

今回のメインテーマは「森の万華鏡づくり」
e0269946_20341982.jpg
まずは万華鏡を体感!?立ったまま顔を上にしてぐるぐる回ると視界も回る~
(この写真は回って撮ったものではなく見上げたときの視界に入る風景そのまんまです^^;;)

よーし!目が回る前にお散歩開始~!
どんどん歩いていくよ~!と、ここで息子がちゃっかりインタープリターさんの横をキープ♪
と思ったら、さらにちゃっかり!インタープリターさんの手をとり、さらにさらにわたしの手もとり、
結果的に、息子を真ん中にして3人で手を繋いだ状態でしばらく歩いていく感じになりました。

これまでの思い出話なんかしつつ、自然に対する思いだとか、こどもたちに対する思いだとか、
そんないろんなことを、息子を媒介にしてつながった状態で、リラックスして一緒にお話できたこと。
息子もニコニコ嬉しそうでしたが、わたしにとってももうなんだかたまらない時間でした。
「セキショウが咲いていますね。」というインタープリターさんの小さな自然を見つめる言葉に、
「本当ですね。ニワゼキショウですね。」と自然に返せた自分自身がすごくいいな、と思えました。
このもりのようちえんで、自然の中にいる自分がやっぱり素に近いんだな、って再確認できました。
息子もいつか大人になったとき、自然に親しみやルーツを感じる人になっていてくれたらいいな。

さーて!ここらでいよいよ森の万華鏡をつくりますよ~!
e0269946_22165336.jpg
こどもたちにひとつずつ完成した万華鏡キットが配られます~
e0269946_22181973.jpg
キャップをとって、中に自分でみつけた自然物をいれていくよ~
e0269946_22185889.jpg
さ~!のぞいてみるよ!ドキドキドキドキ・・・
e0269946_22191611.jpg
わぁ・・・!息子のにやけた顔と言ったら(笑)わたしもなんとか貸してもらってしばしうっとり・・・

みんな完成させたら輪になって。リズムを取りながら万華鏡をぐるぐる隣の人に廻していくゲーム!
それぞれのこどもたちが同じ場所で材料を集めているのに、覗いてみるとみんな違う!不思議!
e0269946_22213644.jpg
最後に黒布の上に皆が何を中に入れたのか見せ合っこしました~
ところが息子は愛着が湧きすぎてしまったようで中身を出すことを拒否・・・!
しかも万華鏡を返却することもかなり渋りました^^;; さぁ、どーする・・・!?

「さーて!今から笹茶をつくるよ!おやつの時間だよ~!」

インタープリターさんのこの一言であっさり万華鏡を返却した息子、おーい(笑)
e0269946_2226299.jpg
笹茶のための笹の若葉を集めますよ~!ノルマはひとり10枚ですよ~!(笑)
先端のくるっと丸まったやわらかい葉をしゅっと抜くのがとっても楽しいね♪
e0269946_22273435.jpg
机のある場所に移動して。いざ!笹茶づくり~!フライパンで笹の葉を炒って~
e0269946_2238178.jpg
お湯を注いだら完成~!こんな簡単なのね!いい香りがする~!
e0269946_22415517.jpg
おやつパーティ開始!たくさんのおやつをお皿に入れてもらってウハウハな息子(笑)
e0269946_2239506.jpg
おやつのお供は笹茶!ほんのり色が付いています、味もすっきり香ばしく美味しかった~!
森のお茶やタンポポコーヒーのレシピをいただいたので、家でも試してみたいな~♪
e0269946_22454395.jpg
さて、親も子も存分に満ちたところで卒業証書授与の時間です。息子も頂きました。多謝。

そればかりか!お土産として、万華鏡をいただきました!いっくん、よかったね!
e0269946_22564041.jpg
ブレブレですが^^;; いただいてすぐ万華鏡に近くに落ちていた赤い花を入れました。
(息子がもう手放したくなくて一瞬しか貸してくれなかったので、綺麗にとる余裕がなかった、言い訳・笑)
(興味のある方、聞いたところ100均で万華鏡キットが売っているそうですよ~!)

これで全8回のもりのようちえん春夏プログラムは終了です。
インタープリターさんの「ありがとうございました。」の言葉になんだか寂しくなってしまったわたし。
でもわたし以上にやっぱり息子のほうが寂しさを感じていたようで、
なかなかインタープリターさんから離れず、しまいには何とも言えない表情でぎゅっと抱き着いて・・・
そんな息子を「あらあら・・・」とそのままに受け入れてくださったインタープリターさんに改めて感謝。
そして離れがたかったのは我が息子だけではなかったようで、他の子たちもなかなか帰らない~
e0269946_2249182.jpg
最後の最後に、と、大切に育てているという島ミミズを見せてくださいました。
みんなで触ってみたり、濡れ新聞を食べるということにびっくりしたり、よい体験をありがとうございました。

次のプログラムがあるから要移動といって、インタープリターさんは急いでおられたのに、
ミミズを愛しむ手やこどもたちをあたたかくみつめるまなざしは丁寧で大きくてすごいなぁと思いました。

このもりのようちえん、素晴らしいインタープリターさんとの出逢いがいちばんのお恵みだったと思います。

自然と仲良くなるたくさんの方法を五感をいっぱい使って教えていただきました。
それは懐かしく思うものもあれば、初めて知ることもあり、毎回本当に素敵な時間を息子と過ごせました。
人との出逢いは本当に縁だと思う今日この頃、素晴らしいプログラムに参加できて本当にラッキーでした。

願わくば、秋冬プログラムにも当選して、これからもこの縁を繋いでいけたら・・・!

楽しい時間を本当に本当にありがとうございました!

+いっくん 4歳0ヶ月+


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-07-22 23:13 | ■センスオブワンダー