はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いっくんのおにぎり屋さん開店♪


園にお迎えに行った後、お買い物に行ったりなんだりしていて帰宅が遅くなったある日。
夕ご飯どうしようかなぁ、とひとりごとのつもりでつぶやいたら息子が即座に反応、
「いっくん、おにぎりたべたい!いっくんがおにぎりつくってあげるよ!」

ちょっとまえに園でおにぎりを作って食べる日というのがあった影響かな~
わたし的には手に水をつけて塩をつけて・・・とだいすきなおにぎりの絵本を想像したのですが

おにぎり (幼児絵本シリーズ)

おにぎり (幼児絵本シリーズ)
平山 英三(著) 平山 和子(絵) 福音館書店

「ようちえんでおしえてもらったのといっしょにする~」という息子のリクエストに応えまして、
サランラップおにぎりをつくることになりました。味付けもリクエストによりゆかり&青菜のミックス。
机にある折り紙のおにぎりセットは横に座っているギズモちゃんのために息子が用意しました(笑)
e0269946_21435265.jpg
混ぜて♪ しゃもじですくって♪ サランラップの上に置いて♪ 
(しゃもじは手巻き寿司用の小さなもので息子の手にぴったりサイズ、自然素材だとなお良いですね・・・)
e0269946_2147556.jpg
サランラップの端をつまんで寄せてきて♪ (時折手についたごはんをつまみ食いもして^^;;)
e0269946_21482827.jpg
「ぎゅっ!ぎゅっ!ぎゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!!」っと口でもいいながらにぎった愛情多めなおにぎりの完成♪
握ったそばから食べていってしまったので完成写真はなかったりしますが(笑)
おにぎりづくりは適時サポートをいれつつ息子にほぼおまかせしてわたしは小さなおかず作り。
ピックで簡単につまめるものをちょこっと作り、たくさんのおにぎりと一緒に簡単夕ご飯を楽しみました♪
たまにはこんな手抜き・・・もといイベント的なごはんの時間もあってもいいかも*^^*
息子は大はりきりで「おとうさんのぶんもつくるね♪」とおにぎり屋さんになっていました~
遅い帰宅のおとうさんも、息子が握ったと一目でわかる形のおにぎりに思わず笑顔になっていました♪

おにぎりで息子の愛情を感じたので、お礼におにぎり絵本で親子のスキンシップ~

だっこのおにぎり (ヒデ子さんのうたあそびえほん)

だっこのおにぎり (ヒデ子さんのうたあそびえほん)
長野 ヒデ子(著) つちだ のぶこ(絵) 佼成出版社

だっこのおにぎり♪ いっくんを こちょこちょこちょ~!!! ぎゅっぎゅっぎゅ~!!!!
逃げつつも嬉しそうな幸せそうな顔をする息子はなんとまぁ可愛いこと(親ばか万歳~!)

おにぎりってちびっこたちでも楽しくクッキングができていいですね。
e0269946_21593471.jpg
これは・・・息子2歳前後のころかな(前住んでいた場所だぁ、懐かしい・・・)
タッパにご飯を入れてシェイク、シェイク♪ ちびころまんまるおにぎりをつくっているところです。
振る行為にも、蓋を開けるとちっこくてまんまるいおにぎりができていることにも夢中だったなぁ。
最後にきな粉やごまをまぶして、おやつにして食べていました~

ほかほかのごはんの温度を感じたり、おいしいにおいを感じたりと、五感も刺激されますし、
しゃもじですくったり、握ったりと手もたくさんつかうので、簡単なのに満足度が高い!
おにぎりっていいですね、なんといっても日本人の心です、食べるとパワーが湧いてきます*^^*
いっくんのおにぎり屋さん、次はいつオープンするのかなぁ。楽しみです♪

+いっくん 3歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-29 22:35 | ■モンテッソーリ教育

ほこりをはらうお仕事(日常生活の練習)


室内にも緑がほしいなぁと思いながらのんびり育てていたアボカドさん。
おいしく頂いた後の種をペットボトルで水栽培し(⇒http://my19.exblog.jp/20695946/)、
ある程度大きくなったところで鉢に植えかえまして(夏ごろだったかなぁ)・・・
その後すくすく育ち、葉もたくさんついてきて、ほこりが目立つようになってきました。
e0269946_20223845.jpg
ということで、葉っぱの上のほこりをはらうお仕事を息子が楽しんでいます。
可愛らしい羊毛フェルトの葉っぱの埃はらいは大分前に「こどもの道具や」さんで購入しました。
(⇒葉の埃はらい こどもの道具や 羊毛フェルトがお好きな方なら手作りできると思います~)
こどもの道具やさんは2回ほどお世話になったことがありますが、とってもよいお店だと感じました。
このアボカドさん、まだまだ茎が細くてちょっと心配になりますが、その分優しく扱う気持ちになれます(笑)
息子も優しく葉っぱのほこりをはらってくれています(一度走っていて鉢に激突していましたが・・・)。
e0269946_2037755.jpg
取っ手付のカゴを用意したいところですが・・・ とりあえず鉢の横にほこり取りを置いています。
このほわほわコロンとしたフォルム、みているだけで和みます~

もうひとつ、この季節ならではのほこりはらいのお仕事
e0269946_20394969.jpg
一定期間飾るものなので、やはりツリーや飾りもほこりをかぶりますね。
てんとうむしさんのマイクロファイバーのハンディモップもずいぶん前に雑貨屋さんで購入したものです。
ミニサイズで息子の手にあっていたのと、てんとうむしさんの可愛らしさにやられました♪
取っ手は取り外し可能で、モップ部分を手洗いすれば何度も使えるのもグッドポイントです。
e0269946_2105696.jpg
飾りをひとつずつ丁寧にきれいにしてあげると優しい気持ちになっていくようです。
クリスマスツリーもただ飾って眺めるよりも、手入れをしながら聖夜を待つ方が気持ちが高まるかな。

「こどもは環境に恋をする」というのはモンテッソーリ女史の言葉です。
柔らかいアボカドの葉にそっと触れるとき、綺麗なツリー飾りが愛おしくて大切に扱っているとき、
息子の瞳は真剣で一途でまるで恋をしているようだといっていいかもしれません*^^*
恋する気持ちが覚めないように、しっかり環境を整えてあげるのがわたしのお仕事かな?
息子の優しい気持ちがこのままゆっくりすくすく育っていってくれればいいなぁと思います。

+いっくん 3歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-27 21:34 | ■モンテッソーリ教育

みんなで楽しむアナログゲーム(息子3歳)


前回クリスマスツリーの前がお気に入りの場所でゲームをよくする、ということを書きました。
e0269946_14314651.jpg
こんな感じです。なんだか狭そう(というか狭い・笑)ですがここがいい!そうで(笑)
ちなみにこの写真は車の絵柄の神経衰弱ゲームをおとうさんとしているところ。
そう、ゲームと言ってもデジタルではなくアナログなものばかりです*^^*
家族でわいわいボードゲームやカードゲームをするのってなんだかあたたかくていいですね。
頭を使うし、手も使うし、会話も生まれるし、来る冬のおうちごもりにぴったりな過ごし方かも、です。
小さい子もおじいちゃんたちも一緒になって遊べるゲームがあればなおよし、ですよね。

我が家にあるアナログゲームで息子が楽しく遊べているものたち:


こちらは息子が2歳のときから遊んでいました、棒を引き抜いていくシンプルさが逆におもしろい!
やはり2歳の甥っ子くんともこのゲームなら遊べます。大人も一緒にドキドキわいわい楽しめます♪

Amigo/アミーゴ社カードゲーム バルーンズ

Amigo/アミーゴ社カードゲーム バルーンズ
価格:1,300円(税込、送料別)


これは今息子がいちばんはまっているカードゲーム。シンプルイズベスト、ですね。
大人が手加減したりする必要はなく、簡単なルールなのに運で勝敗が決まるので面白いです。
あと小さいので携帯するのも簡単、おじいちゃんちにいくときなどはこのゲームを持参します。
孫(息子)とおじいちゃん、おばあちゃんが一緒になってわいわい楽しむ光景は最高です*^^*

ラベンスバーガー ビークルメモリー

ラベンスバーガー ビークルメモリー

のりもの好きの息子が喜ぶかな、と大分前に購入してあった神経衰弱ゲームです。
2歳後半では(息子の性格もあるかな?ですが)車の絵柄のカードが魅力的過ぎて、
所有したい欲のほうがゲームとして遊びたい欲よりも勝ってしまいちゃんと遊べていませんでした(笑)
そんなときはそのまま受け入れて少し寝かす・・・(笑)で、最近またやってみたらゲームとして成立!
最初は数組のカードで、次第に枚数を増やして、と親子で記憶力テスト状態(意外に息子が強い)^^;;

ほかにも双六なんかも遊んでいますが、それは正月っぽいのでまた別の機会に・・・(笑)
あと、今興味があるというか欲しいと思っているのがHABA社の果樹園ゲームという、
プレーヤー間での勝敗を争うのではなく皆で協力しながら遊ぶゲームです(3歳~):

Haba/ハバ社 果樹園ゲーム【正規輸入品】

Haba/ハバ社 果樹園ゲーム【正規輸入品】

勝ち負けではなく協力し合って達成する、というのはモンテッソーリっぽいなぁ、って思います。
よいコミュニケーションが生まれそう。値が張るのでプレゼント候補、という位置づけで・・・

コミュニケーションって大切だなぁ、って最近思うのです。声や肌や心の触れ合い、かな。
ゲームはそのとっかかりになってくれます、祖父母と親と孫の3世代交流にもなったり。
これから寒くなって、(来月は冬休みも始まるし・・・)おうちや親類の家で過ごすことが増えますが、
みんなでたくさん笑って、身体も心もあたたかい冬の時間を過ごせたらいいな、と思います。

+いっくん 3歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 

※最適なタグ(カテゴリ)がないので、とりあえずおすすめの本タグで整理しておきますm(__)m
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-25 15:43 | ■子育てを考える

クリスマスツリーと鈴の音と


12月の足音がそろそろ聞こえ始めてきました・・・
となるとやはり気になるのがクリスマス&お正月の準備でしょうか。
まずはクリスマスですね!我が家では去年まで息子0歳のクリスマスイヴ当日に
勢いで購入した小さめのツリーを飾っていたのですが、息子の背も伸び、
そのツリーを追い越してしまったので、今年は思い切って新調しました♪ 
まだ早いと思いつつ、とはいえ待ちきれるはずもなく、11月早々から飾られているツリーです(笑)
e0269946_11425411.jpg
意味もなく電飾を付けてほしがる息子、ご満悦でツリーの前で絵本を読んでいます*^^*
ツリー前はお気に入りの場所?ここでカードゲームなどをよくします(また別に記録します~)。
飾りつけも一緒にやりましたが、いっくんが!と全部やりたがってある意味大変でした(笑)
手を使いたい時期なのですね、それがなくともツリーの飾りつけはウキウキしますし♪
e0269946_11451199.jpg
息子が手にしているクマさんの鈴飾り、いい音がするのですが、これを手にして鳴らし、
「○○くみさーん、おかたづけでーす♪」とニコニコする息子、幼稚園と一緒♪ だそうで。
モンテッソーリの環境だと、自由選択活動が終わるころ、例えばこれからお片付けの時間?など、
先生が綺麗な鈴の音を鳴らして、こどもたちにそれを伝えるようです。
大きな声で注意をひかずとも、静かで綺麗な鈴の音で子どもたちが自発的に気付けるのだしたら、
それっておとなにとってもこどもにとっても、とても気持ちよく美しい環境だなぁと思います。
環境や習慣って毎日の積み重ねで身に着けていくことですよね、わたし、気を付けないと・・・!
e0269946_11584433.jpg
とかいいながら、ちょっといたずらごころが働いて、鈴をならして「いっくん、お片付けでーす♪」
おもちゃをたっぷり出して遊んでいた息子も「!?」とハッとした顔で片づけだしました(笑)
「おかあしゃん、なんで~(笑)」といいつつ、なんだかんだ嬉しそうな息子、幼稚園楽しいんだね♪

9月から満三歳で入園させていただいたモンテッソーリ幼稚園ですが、
最初はいろいろ(泣いたりどもりが出たり;;)あったけれど、今ではすっかり楽しそうです。
自分でいろんな身支度もできるようになり、お仕事的にもそろそろ次の段階に、ということで、
今月から3歳児の集まりクラスから異年齢縦割りのクラスに移動になりました。
朝はまだまだちょっぴり悲しそうな息子ですが、園からいろいろなことを吸収してきています。
最近すきなお仕事は「線上歩行」と「お箸の練習」だそうです。
この頃では、キリスト教の園らしく、クリスマスのイベントに向けた練習をいろいろしている様子。
今年のクリスマスは、その意味をいろいろな角度から親子で考えるものになるといいな、と思います。

+いっくん 3歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-23 12:15 | ■モンテッソーリ教育

文字の敏感期到来?ひらがなへの興味


e0269946_2203455.jpg
「おかーしゃーん、こんなところに『ち』があるよ~!あ、こっちは『り』がある~!」

最近ひらがなを発見しては読んでキャッキャと嬉しそうに笑う息子です。
モンテッソーリ教育では、文字の敏感期が3歳半から4歳といわれています。
我が息子いっくん、ただいま3歳4ヶ月ですが、文字の敏感期に入ろうとしているようです。

我が家にはひらがなポスターやひらがな絵本などの文字を意識したものは置いてありません。
息子が2歳になる少し前に、文字や数字に興味がある?と思うような様子を見せたことがありました。
当時はまだモンテッソーリ教育のことを深く理解しておらず(今でもしているとは言えませんが;;)
これもひとつの敏感期なのかな?とひらがな絵本でも用意しようか、なんて思ったりしました。
が、よくよく学んでみると、文字というのは「完全抽象」の世界であること、
モンテッソーリ教育で大切なことは「出発はいつでも具体物から」であること、
無意識的吸収精神の時期である3歳までは、とにかく五感を使うことが大切なことなどを知りました。
(わたしはこういったことは、IT勉強会てんしのおうちで学びました、本当に助けられました)

というわけで、これまでわたしが息子としてきたことは、
「(文字や数字を指さして)これはなに?」と息子に聞かれればそれには答える、
でも、数字やひらがなのポスターを貼る、文字のおもちゃを用意するなどの環境を敢えてはつくらない、
いろいろな絵本を一緒にたくさん読む、五感を意識する、楽しい会話をたくさんする、ということだけでした。
モンテッソーリ的なことだと、絵カードとフィギュアのマッチングゲームをしたり、
そこから段階を踏んでセガンの3段階の名称レッスンなどをしました。言語に繋がるお仕事です。

どんな子も文字の敏感期は必ずやってくるといいますが、息子がその入り口に立ったと感じたのは、
数ヶ月前の寝る前の絵本の読み聞かせの時でした。おやすみなさいのほんを読んでいたら、
めずらしく絵ではなく文章のほうをじっとみていて「おかあしゃん、『も』があるよ。」と言いだしました。
自分の名前のなかに『も』があるので、親しみを感じて覚えたていたのかもしれません。
とにかくその日から毎晩おやすみなさいのほんのなかで『も』を探す日が続きました。

おやすみなさいのほん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

おやすみなさいのほん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
マーガレット・ワイズ・ブラウン(著) ジャン・シャロー(絵)  いしい ももこ(翻訳) 福音館書店

この絵本は文章の一文字一文字が大きめなのでとくに息子の目を惹いたのかも、と思います。
この絵本の『も』から始まった文字探しも、日に日に発音できるひらがながなぜか増えていき、
最終的に『も』『る』『む』『い』『や』・・・と確か8~10くらいのひらがなを覚えていました。
よく文字を読めないのに絵本を読むのに驚いたがそれは絵本をまるっと暗唱していたからだった、
という話をきいたりしますが、息子も耳から聞く音と文字を対応させて覚えたのかなぁと思います。
(ちなみに余談ですが、息子が初めて暗唱したかな~?な絵本が「よあけ」でした、し、しぶいっ・笑)

おやすみなさいのほん自体に満足したのか、それとも食傷気味になったのか(笑)、
寝る前の絵本にこれを選ぶことが少なくなりブームは去って言ったのですが、かわりに今きているのが、
幼稚園への送迎中にくるまのナンバープレートをチェックして知っているひらがなをみつけるブームです。
前にいる車や対向車のナンバープレートをチェックしては知っているひらがなを見つけて大興奮(笑)
幼稚園効果もあってか「あれはKくんの『か』、あれはAちゃんの『あ』~!」と発音できるひらがな増加中。
きちんと確認していないのですが、発音するだけという意味でひらがなの半分ぐらいは覚えていそう?
うーん、やっぱり文字の敏感期に入ったことは間違いないのかなぁ、と思うのですがどうでしょう。

最近毎日のように幼稚園の年上のおともだちからお手紙をもらってくる息子、
年長さんや年中さんの子たちかな、と思うのですが、これがしっかりしたお手紙で!
息子もおへんじおへんじ♪ とぐるぐる殴り書きしたものを一生懸命したためています(笑)
モンテッソーリの言語教育で面白いというか、ほほ~!と思ったのが、
「読む」より「書く」が先行していることで、その「書く」に辿りつくまでのプロセスが緻密で長いことです。
モンテッソーリってお受験用?早期幼児教育?と誤解されがちだと思うのですが、
たくさんの準備をして(たとえば三本指でつまむ動作からすでに鉛筆をもつ準備につながっている)
無理なくこどもの自然な欲求や時期(敏感期)に寄り添って楽しく文字の世界に誘ってくれるのですよね。

息子もいずれ「砂文字板」や「鉄製はめ込み」、「小さい黒板」などといった教具に園で出会っていくのかな。
そういう時期がきて、息子が欲しがったらおうちでも補助的にひらがな絵本を導入しようかなぁ。

いろいろ見て、いま一番の候補はこちら:

あいうえお えほん

あいうえお えほん
とだ こうしろう(著)  戸田デザイン研究室

構成がシンプルで字体が美しいことが大切かな、と思っています。
トレーシングペーパーやクリアファイルを加工したものなどを置いてトレースすることもできるかな。

トレース(なぞる)ということだと、こちらも使いやすそうです:

書きかたカード ひらがな―幼児から


おとな(主にわたし)の趣味だけでいけば本当はこれがすき:

あいうえおの本

あいうえおの本
安野 光雅(著) 福音館書店


おとなが「早く早く!」と焦って無理やり連れて行かなくとも、ちゃんと時期がこれば、
こどもは自然に文字の世界に、しかも楽しんで入っていくのだなぁと息子から感じる今日この頃。
わたしも童心に返って息子のひらがな探しブームを一緒に楽しもうと思います*^^*

+いっくん 3歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-15 23:40 | ■モンテッソーリ教育

完全踏破!日本どまんなかお城スタンプラリー其の弐


完全踏破!日本どまんなかお城スタンプラリー其の弌のつづきです。


それでは、滋賀県のお城にいってみよう~

【長浜城】
e0269946_21324172.jpg
ペルセウス座流星群をみて車中泊したその足で訪れた、という。

【彦根城】
e0269946_2133472.jpg
辿り着くまでが険しかった・・・!その分とってもいい雰囲気でした。
e0269946_21344060.jpg
ひこにゃんはそれはもうゆるかったです。一緒に遊べると思い込んでいた息子、眺めるだけで不満げ。
城下町が割りに栄えていて上手に街づくりされていてとっても楽しめました~


はい、次は静岡県いってみよ~

【掛川城】
e0269946_21381412.jpg
あいにくの天気&午後から思いつきで出かけたため急ぎ足で見学・・・!

【浜松城】
e0269946_2139848.jpg
掛川から引き続きで見学。雨だったので写真もぱぱっと。浜松は想像以上に都会だった・・・!


はい、最後に岐阜県、ゴールはもうすぐ!

【岐阜城】
e0269946_21405385.jpg
金華山!もう何度か来ていますがロープウェイが息子のハートをわしづかみ(笑)
e0269946_2146027.jpg
リス村もはずせません。手乗りリス、かわいすぎます!

【郡上八幡城】
e0269946_21463560.jpg
この日は確かわたし側のおじいちゃんと一緒に行ったような。

双六「日本の名城」

こちらで発見して衝動買いした日本の名城双六、まだ開封しておらず、、、お正月に遊ぼうかなぁ^^;;

【墨俣一夜城】
e0269946_21532672.jpg
息子、ゴールが近くてテンションあがりすぎ(笑)
e0269946_21541350.jpg
ひょうたん絵馬に、息子は2つの願いを込めました。さて、出世するかな~

【大垣城】
e0269946_21574636.jpg
ゴールです!いえーい!全部押したスタンプラリー用紙を掲げて記念撮影(笑)
e0269946_2216662.jpg
火縄銃!いろんなお城でいろんな資料をみてきたねぇ。しみじみ。


奥の細道むすびの地記念館で参加賞を頂きました~!
e0269946_21591265.jpg
巡ったお城の缶バッチ、キャラクター付きとなしで計28枚(14城×夫と息子の2枚分)&大垣の水×2。
14か所すべてを巡ったので踏破賞にも応募しておきました。運がよければ何か当たるかも。

いや、しかし夏から始めたこのスタンプラリー、やっと無事終えることが出来ました!
今数えてみたら、なんだかんだいってわたしも10城一緒に巡っている・・・!
お城なんて3歳児に楽しいの!?と思っていたのですが、スタンプラリーがキーだったようで(笑)
でも、意外にそれだけでなく、お城自体も息子は好きみたいです・・・!
驚いてしまうのですが、写真をみるだけでどこにあるなんというお城か言えたりします・・・!
夫による息子の歴史マニア教育が功を奏しているのでしょうか、はて。
わたしはこれだけ巡っても、最後までお城の楽しさを心から理解することはできませんでした(+_+)
でも、家族でいろいろな場所に行けたことはよい思い出になりました*^^*
それと、お城って結構険しい場所にあったり、中の階段が急だったりで、いい運動にもなりました(笑)

もうしばらくはお城にいくことはない、と思うのですが・・・
次は新幹線に乗って姫路城に行く、なんていうのはいいかもしれないな、と思ったり。
わたしと夫で好きなことも得意分野も違って、その両方を息子は楽しめるのだとしたら、
それはそれでまぁいいのかもな~と思った今回のお城スタンプラリーイベントでした。

+いっくん 3歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-13 22:11 | ■おでかけ

完全踏破!日本どまんなかお城スタンプラリー其の弌


e0269946_20521844.jpg
どどーん!

いつもとテイストが違うので戸惑われている方もいるのでは、と推測します。
(というか、わたし自身なんだか戸惑っている・・・)
夫と息子、ときどきわたし、ががんばっていたお城スタンプラリー!ついに完全踏破です!

 14ヶ所のお城をめぐってスタンプを集めるお城スタンプラリーを実施、
 大垣城を含む規定数のスタンプを集めたら、参加賞ならびに、抽選で踏破賞が当たります。
 by日本どまんなかお城スタンプラリー | 大垣市
 http://www.city.ogaki.lg.jp/0000017993.html

我が家のおとうさんは歴史(戦国時代)マニアです。
週末の一日息子を遊びに連れ出してくれるのですが、その行き先が「お城」。
ふらっと行った先のお城でこのスタンプラリー用紙をゲットしてしまったのがすべての始まりでした。
というわけで、このブログ記録は我が夫に捧げます。

まずは愛知県のお城たち・・・(巡った順ではありません)

【名古屋城】
e0269946_213511.jpg
本丸御殿を見学に行ったときです。息子はしゃちほこを気に入ったようです。
e0269946_2154048.jpg
城の内部もお堀まわりもしっかり見学、おとうさんのうんちくつき。
この日は戦国武将隊の演武も楽しんだし、B級グルメイベントもやっていたし、河村市長もなぜかいた~

【清洲城】
e0269946_2161782.jpg
味気なかったそうです(わたしは行っていない;;)。電車ウォッチングが楽しかったそうです(息子談)。

【犬山城】
e0269946_21105182.jpg
すごく雰囲気があってよかったみたいです。
e0269946_2111552.jpg
内部もそのまま!階段がすごく急で息子ものぼるのに必死だったみたい。

【小牧山城】
e0269946_2112461.jpg
いつも乗る高速の入り口から見えるお城。築城450年イベントやっています。

【岡崎城】

e0269946_21151592.jpg
グレート家康公「葵」武将隊に遭遇、かなり面白かったそうな。


三重のお城も一か所ありました・・・

【伊賀上野城】

e0269946_21173637.jpg
道すがらちびっこ忍者たちに出会いました!高石垣が高かった~(小学生並みの感想)。
e0269946_2119385.jpg
ついでに駅まで歩いて行って電車マニアの息子のために忍者電車を見てきました。


滋賀、静岡、岐阜のお城へつづく・・・!
http://my19.exblog.jp/21317564/


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-13 21:23 | ■おでかけ

みどりのカーテンにさようなら


肌寒さが増してきた今日この頃、ぽかぽか暖かいおひさまの光が気持ちよくなります。
わたしは夏生まれなのですが、冬の澄んだ冷たい空気とやわらかい日差しがだいすきです。
夏の日差しはエネルギッシュでまぶしくて、もちろんそれはそれで素敵だとは思います。

もう遠い昔のことのように思えてしまいますが、今年の夏は暑かった~
我が家はみどりのカーテンに初チャレンジし、その恩恵をたっぷり受けました。
(みどりのカーテンをつくろう♪:http://my19.exblog.jp/20621783
e0269946_20191361.jpg
体感温度的にも視覚的にも本当に涼しくて、チャレンジしてよかったと思いました。
e0269946_21125781.jpg
息子もこのみどりの屋根(カーテン)の下でたくさん水遊びを満喫しました。
e0269946_20221114.jpg
生き物もたくさん来てくれました。バッタ、カマキリ、てんとうむしの仲間たち、蝶、そして蜂。
フウセンカズラの小さな白い花の蜜を毎日一生懸命集めにくる蜂たちがいました。
これが「受粉」だよ、と絵本でその言葉を知った息子に話したらすんなり納得がいったようです。
植物に水をやり、花が咲いて、そこに生き物がきてくれて、いのちを繋げてくれる、
みどりのカーテンにちいさな地球のいのちのサイクルを息子と感じとりました。
e0269946_20264222.jpg
フンセンカズラが鈴なり♪ 息子は熟す前にパフパフ何個も割っていました^^;;
通りかかるよそのちびっこたちもフウセンカズラに触れて喜んでくれて和みました*^^*
e0269946_20283128.jpg
大きな台風が来る前に吊るしていたカーテンを下ろしたので、その時にフウセンカズラの種を摘みました。
バケツいっぱいとれたので、そこに中身をいれるケースと殻?を入れるおこぼし入れをセット。
息子が手持無沙汰の時そのバケツを好きな場所に運んで種をだすお仕事をしています。
(でもなぜそんな狭いところで、さらにはパジャマ姿で種をだしているのだ、息子よ・笑)
フウセンカズラの種って黒地に白いハートマークがでて可愛いですよね、うれしくなっちゃいます♪

ちなみに、ずっと楽しみにしていたみどりのカーテンの朝顔は夏の間中とうとう咲きませんでした。
常夜灯の近くだったので、影響して咲かなかったのかなぁ、とあきらめかけていたら
e0269946_2039688.jpg
これまた小ぶりな白い花がかなり遅い時期(10月近く)に咲いてくれました!
息子大歓喜!絵本でみたような大輪の朝顔じゃなかったけれど「かわいいね!」と満面の笑み。
育てている途中で葉の形を図鑑やらで調べてこれは普通(?)の朝顔と違う種類かなと
息子と話していたのですが、花が咲いてやっとどの種類の朝顔かわかりました。
「マメアサガオ(豆朝顔)」という北米原産の帰化植物のようです。
花言葉は「見つけたら幸せ、固い絆」かぁ、なんだか素敵~
愛らしくて嬉しかったけれど、来年は大きな朝顔を用意したいかな~なんて思いつつ。

すべてのきっかけは、接骨院でいただいたフウセンカズラの種とおさんぽ道で摘んだ朝顔の種、
そして初挑戦を助けてくれた&わくわく感をプレゼントしてくれたのは

みどりのカーテンをつくろう

みどりのカーテンをつくろう
菊本 るり子(著) のぐち ようこ(イラスト) あかね書房

こちらの絵本、また来年もきっとお世話になると思います、宜しくお願いします*^^*

一粒の種から何百もの種ができる、子育ての喜びと似ているなぁって思います。
小さなことでもそこに心がこもっていれば笑顔はどんどん増えていく、きっとそうですよね。
また来年も今年できた種でみどりのカーテンをつくれたらいいなぁと思います。
明日から冷え込むようです、体調管理に気を付けて、お日さまに当たって元気にいきましょう~!

+いっくん 3歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 

更新のない間も応援のポチを押してくださった皆さま、本当にありがとうございますm(__)m
ちょっと考え事をしていたり、やりたいことがあったりで、ブログから気持ちが逸れ気味ですが、
ゆっくりとでも続けていきたいです、いつも息子の成長を見守ってくださる皆さまに感謝します。
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-11 21:28 | ■センスオブワンダー

2013イタリア・ボローニャ国際絵本原画展


高浜市やきものの里かわら美術館へいってきました~♪
e0269946_1343550.jpg
タイトル通り、お目当ては2013イタリア・ボローニャ国際絵本原画展♪
http://www.takahama-kawara-museum.com/exhibition/detail.php?id=306
以前名古屋市美術館での絵本原画展のことをブログに記録した時に、
コメント欄にてこの国際絵本原画展のことを教えてもらってからずっと行きたいと思っていました!
(Miyoさん、素敵な原画展の存在をおしえていただいてどうもありがとうございました*^^*)
いつどこで開催されるのかずっとわからずだったのですが、ある日夫の実家でチケットを発見!
お義母さんに聞いてみたら人数分枚数があるからと一緒に連れて行ってくださることに!最高~!
息子はおじいちゃん、おばあちゃんとだいすきな絵本の絵を見ることが出来て嬉しかったようです。
また、ちゃんと騒がず(触りたいけれど)触らずのマナーを守れていたので成長を感じました。
e0269946_1345423.jpg
フライヤーの写真ですが会場の雰囲気が伝わるといいなぁと思ったり。。。
名古屋市美術館でも感じましたが、原画ってすごいですね。生きています。命を感じます。
絵本でみる絵も素晴らしいのはもちろんなのですが、その原画は立体で質感がある。。。
額にいれられて飾られていると、もうその前に立ち尽くして息を呑んでしまうアートそのものです。
飾られている原画の前にその絵本が置かれていて自由にみられるのもよかったです。

たくさんありますが、息子が気に入っていた原画の一部:

ぼくはカメレオン

ぼくはカメレオン
たしろ ちさと(著) グランまま社

原画だとより一層色が迫ってきて体や心にぐわーっと入り込んでくる気がしました。

小輪瀬 護安先生の「除雪車」という作品がかっこよくて息子もにっこり。
小輪瀬先生のHP:http://www.kowamori.com/

あと、三浦太郎先生の「ton」という絵本、はじめて存在を知りましたが欲しくなる・・・!
三浦先生のHP:http://www.taromiura.com/
「books」→「TON,Edizioni Corraini, Mantova, 2004」で表紙をみることができます~

たっぷり絵本アートの世界に没頭してみんな大満足~!
2階出口付近にある絵本コーナーですこし絵本を読んで休憩~
あ、そういえばワークショップの案内でカバンづくりってあったけどいっくんやるかな~?
と聞いてみたら、返事はもちろん「いっくん、かばんつくる!」でした。

ということで、ワークショップ「油彩のキャンバスで簡単オリジナルトートバッグをつくろう!」に参加!
2013イタリア・ボローニャ国際絵本原画展入選作家(画家)の小川惠美子先生の主催です。
e0269946_283376.jpg
キャンパス地に自由に油絵の具で描く!油彩は初体験だね~!(汚れてもいいよう肌着姿・笑)
e0269946_292348.jpg
「おとうさん、つぎはぴんくとみずいろとしろをもってきて!」と父を小間使いにする息子(笑)
迷いなく大胆な筆遣いで自由に描いていきます、こどもっていいなぁ。
e0269946_211033.jpg
ドライヤーで指で触っても付かない程度に乾かして(このまま飾ってもいいかも、とか思ったり)
e0269946_2112764.jpg
穴をあける!キャンバス地が結構しっかりしていたのでわたしと一緒にやりました。
e0269946_2115834.jpg
よーし、穴に自分でえらんだリボンを通す、と。これって縫いさしみたいだねぇ。
いっくんのオリジナルトートバッグ完成~!先生方やスタッフの方に見せまわっていました(笑)
とっても貴重な体験でした、素敵なワークショップをありがとうございました~!
e0269946_234295.jpg
ずっと待っていてくれたおじいちゃん、おばあちゃんにも得意げに見せびらかしました*^^*

というわけで、今回は息子お手製世界で一つだけのカバンと
e0269946_2172862.jpg
展示の場にあって、中を見て気に入った恐竜の絵本が息子のお土産。
e0269946_218338.jpg

くじらのクリアファイル(中が3つに分かれてる!)とポストカードがちゃっかりわたしのお土産です(笑)

きょうりゅう (はじめてのネイチャーブック)

きょうりゅう (はじめてのネイチャーブック)
まつした さゆり(著) スズキ サトル(イラスト) えほんの杜

絵本、化石からきょうりゅうをあてるなぞなぞ形式で本格的なのに親しみやすくていいです。

おばあちゃんたちも一緒に家族でちょっと特別な美術体験ができたことに感謝です。
美術館って素敵な場所だなぁ♪ 毎年来ているらしいので、また来年もこれたらいいな、と思います。

+いっくん 3歳3ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-03 02:37 | ■おでかけ