「ほっ」と。キャンペーン

はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

新シール貼りのお仕事への反応は…


先日記録した難易度アップ~!なシール貼りのお仕事への息子の反応です~

なかなかその存在に気付かなかったので新しくなってない?とさらっと誘導しちゃいまして…^^;;

「いっくん、やる!いっぱいあたらしいのあるね~♪」
e0269946_21221174.jpg
と、早速シールを貼りだした息子ですが、「しーるちいさいね?」と不思議な顔をしつつ、
以前のシール貼りの要領でさくっとはってみたらうまくいかずまたまた不思議顔。

ここで、このシール貼りのお仕事はシールが小さくなったこと、○も同じ大きさになったこと、
だからシールと○がぴったりいっしょになるように貼れるときれいになるよ、とちょっと説明。
(最初に説明しておけばよかったかもだけれど、その間もなくお仕事を始めてしまった~;;)

「ぴったり… ぴったり…」
e0269946_21295026.jpg
1枚目で理解したようで、2枚目からはすごく慎重に真剣に貼りだしました。

結果は一目瞭然です:
e0269946_22183632.jpg
左側の救急車が1枚目、右側のトラックが2枚目でこちらはぴったりきれいに貼れています。

ここからは要領を得たのかすごく集中してシール貼りをしだしました。
何枚か貼るうちにさくらんぼの絵柄の台紙を手に取ったかと思うと、
e0269946_2136488.jpg
「もぐちゃん(りすのぬいぐるみ)とあぺんくん(ぺんぎんのぬいぐるみ)がたべるの~」
とせっせせっせとさくらんぼにシールを貼りだして…
e0269946_21363174.jpg
飾ってあげるともぐちゃんたちを並べてさくらんぼごはんを食べさせてあげていました*^^*

やっぱり青と緑のシールの消費が激しいという点が再確認できたのと(男の子だからなのかな?)
パトカー&救急車を気に入るかと思ったら意外にもさくらんぼを一番気に入ったので
図柄はいろいろな種類を混ぜて用意してあげるといいかなぁという気付きがありました。

集中するので疲れるのか一気にたくさんの枚数はやらないのですが、
「シールちょっとむずかしいけどおもしろいね~」といってくれたのでよかったです*^^*

+いっくん 2歳6ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-01-29 21:46 | ■モンテッソーリ教育

Vol85: MG42 悠久の時に思いを馳せる


今回のマザーグースは「A dillar, a dollar, a ten o’clock scholar...」

この2週間くらいずっとのど風邪?(夜だけ咳き込む;;)をひいていてなんだかだるいです。
ただでさえ月曜日は週末の余韻を引きずってけだるい感じがするのになぁ…
さぁて、今日は何をしようかな~と目覚めて窓の外を見てみたら雪がうっすら積もってるし…

よし、息子には悪いけれど今日は基本おうちに引きこもろう!と決めて(笑)
何もせずに一日おうち籠りできるほど息子は大人しくないのでマザーグースディに決めました。

ほーい、新しいマザーグースだよ~
e0269946_2143259.jpg
ちょっと伺うような顔をしている息子にマザーグースを読んであげました。
「…おこってる?」ってきたまたこの質問;;たしかにイラストの先生?は怒ってるぅ^^;;
ここはすかさずフォロー!ということで、
「この男の子は時間が分からなかったんだねぇ。時計がなかったのかなぁ。」
「時計を用意してあげたら大丈夫だよ!怒られないよ!ね!」
と、このマザーグースは怖くないんだよ、大丈夫だよ、と説得してみました(笑)

今日はね、時計の日にしようよ!ということで~
e0269946_2147938.jpg
まずは工作タイム♪ いつも通り画用紙などの色は選んでもらって糊を手伝ってもらい
e0269946_21491933.jpg
できた~!簡易日時計をつくってみました。
(うちにあった段ボールと割り箸などでものすっごい簡易的に作っています^^;;)

参考にしたのはコチラ:日時計をつくってみよう JSTバーチャル科学館
上記のものがいちばん簡単で2歳児でも楽しめるかなぁと思ったので選びましたが、
他にももうちょっとおにいちゃんおねえちゃんたちに本格的なものとして
日時計をつくろう キヤノンサイエンスラボ・キッズみたいなのもありました。

今回作成した簡易日時計は一時間ごとに影の先端部分にシールを貼っていくのですが、
待っている間の家籠り時間も時計の日らしくなにか面白いこと出来ないかな~ということで、
e0269946_2154188.jpg
うちにある時計を全部集めてみよう~と一緒に家じゅうを探索♪
Vol:43 MG14でも同じようなことやったねぇ、今回はレベルアップさせるよ~!
ということで、時計の種類ごとにセガンの3段階の名称レッスン開始~
「これは懐中時計です」「懐中時計はどれですか」「(懐中時計を指さして)これは何ですか」
こんな感じで全部の時計の名称を一緒に確認、やっぱり砂時計がいちばん好きね~
(息子は2歳半になり言葉も達者な方なので第三段階まで名称レッスンしていますが、
 子どもの様子を見て適切な時期になるまでは第二段階までレッスンということもあります)
今回は前回と違う時計があるね~というかアナログ(掛け)時計が二つある?
コンテンツに用意されていた複数の時計レッスンのリンクをみて、
またキネセティックに学んでみて~という提案もあり考えたのがやっぱり自分で触ること。
百均に知育的なものでもあるかな~と覗いてみたら本物が100円で売っていました(驚愕)。

モンテッソーリの時計のお仕事は5~6歳が対象の文化教育なのかな?
時計が読めるだけではだめで、時の流れや午前午後などきちんと理解できて初めて
時計を真に理解できたことになる、ということなのだと理解しています。
息子が興味がある部分だけさわりとして伝えるのはいいのかな~?
e0269946_21594961.jpg
「これは短針、何時をあらわします」「これは長針…」といった感じで時計の名称をとりあえず確認。
いつも「なんじ~いま?」が口癖の息子なので時間には興味があるようです。
あとはもう好きに針を触ってもらいくるくる回るのを楽しんでもらいました。
立駐敏感期(!?)に表れているようにぐるぐる回るものブームな息子なので大歓喜(笑)
針が連動して動くことに気づくかなぁとみていましたが回すことに夢中になりすぎでした;;

こんなことをしつつもちゃんと1時間ごとに日時計の時刻を記していきます
e0269946_2147290.jpg
最初の場所が悪かったのですぐ日がいちばん当たるいい場所に移動させました。
お日さまが動いていること、影も動いていること、目で見て感じたかな?
そうだそうだ、時計の針を回すときに右回りに回るんだよ、と息子に説明しましたが、
それは時計の起源が日時計だからだそうです。影は右に動いていくんですよ。知らなかった~

さてさて、まだまだ時計あそびは続きます
e0269946_22155653.jpg
やっぱりいちばん大好きな砂時計!3分を計れるんだよ、といったってわかんないよねぇ。
ということでちょうど2:30になった時点で砂時計もセット、砂が全部なくなったら
デジタル時計の0が3になるから面白いよ、見てみよう!とやってみたら、
這いつくばって砂時計の砂をじーっと見ていた息子(笑)ちゃんと0が3になって笑顔*^^*

まぁしかしというか、やはりずっと家にいられるわけもなく…
ちょこちょこ買い出しに出たり、散歩に行ったりもしたのですが、
e0269946_22203457.jpg
日時計をつくらないと~!というのが効いてきっちり1時間以内で行動(笑)

おとうさんの腕時計がほしい~!とごねたので
e0269946_22215145.jpg
合間に即席でいっくん専用腕時計も作ってみたりして(ピンぼけ写真~^^;;)

時計に関する絵本は図書館にいってみたら全部貸出し中だったので(運が悪い~)
おうちにある時計がでてくるもので息子がだいすきなものを時計の話をしながら読みました:

しゅっぱつしんこう! (福音館の幼児絵本)

しゅっぱつしんこう! (福音館の幼児絵本)
山本 忠敬(著) 福音館書店

改札を抜けて最初に特急に乗るとき、急行に乗り換えるとき、目的地の駅についたとき、
それぞれに時計が出てきて時の経過をしることができます。みよちゃん、長旅だね~;;

他にも正統派時計絵本はいろいろあるようです: 【テーマ】時計、時間の絵本 絵本ナビ

さて、日時計は最終的にこんな感じになりました:
e0269946_22225793.jpg
17時に撮った状態です。16時、17時は曇りだして時間が取れませんでした。
でもそれもいい学び、昔の人は大変だったねぇ、お日さまがないと時間もわからない、
でもお日さまと影を利用して時間を計っていたなんてすごい賢いねぇと、
二人(いや、わたし一人!?)で遥か昔の人々の生活に思いを馳せました。

季節(春分~秋分とその逆)によって日時計の時刻は変わるらしいし、
自然って、人間って本当に面白いなぁとわたしもとても楽しく学べた一日になりました。
うん、ちょっとずつ息子との楽しい日常も閃きも取り戻しつつあるかも♪

あ、最後に、英語本さん、次になにかプロジェクトを立ち上げるようなときがあれば、
怖い内容や怒られる内容を少な目にしてもらえるとうれしいで~す(+_+)

+いっくん 2歳6ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-01-28 22:34 | ■チルドレン大学(~2014)

難易度アップ~!なシール貼りのお仕事


シール貼りのお仕事の経緯:
シール貼りにたどり着くまで(前段階) ⇒ 改良・シール貼りのおしごとセット

今までのシール貼りセットは、シールのサイズが20mm(大サイズ)で
シールよりも小さい○を隠すように貼る or シールより大きい○の中にはみ出さないように貼る、
の2パターンを6種類の好きな柄から選べるように2ヶ月ほど前に用意したものでした。
e0269946_0132093.jpg
お気に入りはコルクボードに、飾りきれないものはクリアケースに仕舞っていました。たくさんやったねぇ!
用意した当初はそれはもう嬉々としてシール貼りを楽しんでくれた息子ですが、
好きなシールの色やシール台紙の柄が割と偏っていて、青シールと車ばかりどんどんなくなる;;
それでもそれなりにまんべんなく遊んでくれて最近シールのストックがなくなりました。
大分満たされたのか飽きたのか!?遊ぶ頻度も結構減ってきていたのでいいチャンス!

大分シール貼りの動作も洗練されてきたと思うので今回はちょっと難易度をあげてみよう~!
e0269946_065081.jpg
とりあえず新しいシール台紙をエクセルで作成、気分転換に絵柄はほぼ総入れ替え。
とにかくのりものだと反応がすこぶる良いので必然的にこんな感じになりました^^;;

どこが難易度あがったの?と問われましたらば
e0269946_08674.jpg
今回はシールを15㎜(中サイズ)にしました。○もきっちり15mmにしちゃいました。
(左のシールが20㎜で右が15㎜、結構大きさが違う~って当り前ですね;;)
今の息子にはこれがちょうど面白い難易度なんじゃないかな~と期待。
おうちモンテッソーリのいいところはこのオーダーメイド感かなぁと思います。
見ていないところで作らないといけないので時間捻出が課題ですが;;

さぁて、台紙とシールをチョキチョキして~
e0269946_0122049.jpg
お仕事セットにセッティング~!
もう少しハサミが上手くなったらシールや台紙を切ることもお仕事にできるかなぁ。

コルクボードに飾ってある旧作も片づけてっと…
e0269946_0153297.jpg
スッキリしたところでシール貼りのお仕事の定位置に戻しておきました。

はい、今しがたすべて終わったところなんです(笑)
明日見つけたらどんな反応するかわくわく、また息子の様子を記録しまーす*^^*

+いっくん 2歳6ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-01-28 00:22 | ■モンテッソーリ教育

幸運を運ぶドクターイエロー


我が息子は2歳男児のご多分にもれずのりものだいすきっこです。
なかでも電車がいちばんすきみたいで、引越前は踏切までのお散歩、
引越してきてからは駅までのお散歩がほぼ日課で、最近構内アナウンスを暗唱しだしています(笑)

これっていわゆる子鉄くん?そしたら押さえておきたいのがドクターイエロー!
線路などを点検する新幹線のお医者さん的役割で車体が名前の通り黄色の人気者。
基本的にその運行情報は機密事項で、その希少さから「見ると幸せになる」と言われています。

で、みてきちゃいました~(笑)
e0269946_23513954.jpg
最初っからドクターイエローの写真のせちゃってますが一応経緯を…

良く聞く話ですがこどもに付き合ううちにママも鉄道好きになっちゃうというアレ。
わたしも大分詳しくなってきてしまって、ドクターイエローみたいなぁなんて思ってしまって。
そうしたらドクターイエローくるかも~という情報を発見してしまいいてもたってもいられず(笑)
(そういえば夫は通勤途中にドクター東海をみたことがあるらしい、これもレアなのかな?)

まぁ、ドクターイエローが来なくても普通の新幹線ウォッチングでも楽しいかな~くらいの気持ちで…
午前は息子の歯医者さんがあり、それが終わってからゆっくり電車旅もかねて出発~
e0269946_22581071.jpg
パノラマスーパーの展望席のいちばん前!すでにルンルンです♪
途中さくらトレインとすれ違って「らっぴんぐでんしゃ~!」と喜ぶ息子はかわいい*^^*

ちょうどよさそうな感じの時間に名駅に到着~ 入場券をかって入ってみると…
e0269946_2304154.jpg
回送900番台…!これはドクターイエローがくる!息子と小躍り♪

ドクターイエローをみる嗜みとして
・フラッシュをたかない
・黄色い線の内側からでない
復習復習!マナーの悪い人が増えすぎて困っているというニュースを以前見ました…

いちばん前から見ようかなぁと思っていたのですが、すでに人がいっぱい。
駅員さんにおどおど聞いてみたらドクターイエローは7両編成なので7号車のりばがいいですよ、
と優しく教えてくださいました!他のドクターイエローまちの親子さんたちと一緒に大人しく待っていると…
e0269946_2311546.jpg
本当にきた♪正面からはしってくる姿を撮ろうとしたらデジカメのメモリがいっぱいで失敗…;;

なんとか息子とドクターイエローのツーショット写真を撮れました*^^*
e0269946_2314532.jpg
1分ほど停車して颯爽とさっていくドクターイエローは…黄色かった~!
「みちゃったねぇ、みちゃったねぇ♪」と息子もわくわく満足してくれたようです。
その後改札に戻る階段でちょっと小競り合いもしてしまいましたが;;

ちょろっとお買い物などもして、さて帰りましょう~
帰りもミュースカイにのりたいというリクエストに応えて指定席を購入したら…
e0269946_232124100.jpg
駅員さんが、指定席を購入されたので、と息子に名鉄の電車カードをくださいました。
ドクターイエローの幸せになるジンクスがさっそく効いた!?息子始終ニヤニヤでした(笑)

カードを握りしめてベッドにもぐりこんで読んだ今晩の絵本たちは…

はしる! 新幹線「のぞみ」 (PHPにこにこえほん)

はしる! 新幹線「のぞみ」 (PHPにこにこえほん)
鎌田 歩(著) PHP研究所


最近購入した絵本で今いちばんのお気に入り。絵もおはなしもわたしごのみ♪
東京駅から新大阪駅までおとうさんと男の子がのぞみで二人旅するおはなしです。
途中名古屋駅もでてきて、それがなかなかよく描かれているので読んでいてたのしい!
主人公の男の子の名前をいっくんにかえるのはお約束です♪

はやいぞ! しんかんせんだいしゅうごう

はやいぞ! しんかんせんだいしゅうごう
海老原 美宜男(著)  永岡書店

ドクターイエローでてくるもんね。一時こればかりよんでたことがあったねぇ。
こういう写真絵本(図鑑?)系はわたし苦手なのですが、これはレイアウトなどもすき~
男の子はこういうもののほうがすきな感じがしますが、どうなんでしょう。

てか新幹線系の本は最近E6のスーパーこまちやらなんやらでどんどん情報が更新され、
きちっと整理された最新版のものがでないかな~と待っているところです。
はっけんずかん しんかんせんも情報が古くなってきたねぇ… 新しいバージョンでないかなぁ。
あとドクターイエロー単体の絵本っていうのはないみたいだけど… あるんでしょうか?

だいすき!名古屋ののりもの (のりもの写真えほん)

だいすき!名古屋ののりもの (のりもの写真えほん)
柏原 治(監修) 成美堂出版

これは息子のバイブル(笑)読み込みすぎてちょっとぼろぼろになりつつあります。
ここにのっている電車ぜーんぶのりたいそうです(笑)

でんしゃはうたう (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

でんしゃはうたう (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
三宮 麻由子(著)  みねお みつ(イラスト) 福音館書店

これもずっとすきだなぁ。オノマトペ絵本と呼んでいいかな?
パノラマスーパーの展望席にのったあとに読むとその臨場感がシンクロして格別。

でんしゃでいこうでんしゃでかえろう

でんしゃでいこうでんしゃでかえろう
間瀬 なおかた(著) ひさかたチャイルド

前からも後ろからも読める素敵な絵本。
なんか風景に親近感を覚えるのですが、絵本作者さんが愛知県出身なので、
多分知多方面の景色なんじゃないかなぁと想像しちゃいます。
春になったらこの絵本にでてくるような菜の花畑に家族でいきたいと計画中。
って、実はまだまだあるのですが(計10冊ほど電車絵本ばかり読みました…;;)、
キリがないのでとくに息子のお気に入りの絵本だけ記録しておしまい!

毎日なんだかんだで今日はなにしよう、なんて思っちゃう日もあるのですが、
こんなに身軽に行動できるのは未就園児の今のうちだけかも!?と思ったら、
もっと今のうちにいろんなところに一緒に出掛けたい!と気持ちがシャキッとしました。
夫も絵本と同じように新幹線にのせてあげたいと目論んでいるようなのでそれも楽しみです*^^*

+いっくん 2歳6ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-01-25 23:52 | ■超読み聞かせ

のりものにまつわる敏感期


今回は何事かというと、ちょっと記録しておきたい駄な敏感期ネタ。

敏感期=特定の要素に対して感受性が特別に敏感になる時期ということであれば、
数ヶ月前までの息子に表れていたこれは… 特定の車種に固執する敏感期?(笑)
e0269946_20433720.jpg
ミニクーパー、キューブ、VOXYだけに異様にお熱になっていた時期がありました。
どこにいても、どんな場所でも、すごく遠くにあっても、ぜったいこの3車種は発見!
その性能の良さにスナイパー!?とビビってみたり、天才だ!と祖父母たちは喜んだり(笑)

が、やはりどこかで満足がいったのか、このところ見ても全く反応しないなぁとふと気づきました。
かわりにやってきているのが、立体駐車場と歩道橋への敏感期(笑)

立駐はぐるぐるまわって上がるのに夢中で「ぐるぐるのぼって!」と毎度リクエスト。
歩道橋は少し前に発刊されたちいさなかがくのとものでんしゃがきた!に出てきて、
多分それがきっかけで以来ドライブのたびに探して見つけては喜んでいます。

本当にしょうもない話ですが、親としてはこんな小さなことも面白いな~って思いながら
付き合ってあげられるので、敏感期の概念って便利だな~と思いました、というオチ!?
(そもそもこれは敏感期というカテゴリーでくくっていいのか不明ですが…;;)

ここのところ息子の体力の余り方が半端なく、毎日くたくたです。
ブログを記録する気力があまりなく、マザーグースに取り掛かる余力もなく…(苦笑)
2歳児を育てる母親なら皆通る道なのでしょうか… わたしなんかまだまだ、頑張ろう!

+いっくん 2歳6ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-01-24 20:55 | ■モンテッソーリ教育

Vol.84: MG41 名前ってなんだろう


今回のマザーグースは「Jack and Jill went up the hill...」

詩にでてくる登場人物の名前を子供や親の名前に入れ替えてみては、という提案。
絵本なんかでもこれをしてあげると息子の食いつきはかなりよくなります。

よーし、やってみようか~
e0269946_062384.jpg
喜びました*^^* イラストを見て「ころんじゃったね~」と心配もしてました(笑)

コンテンツは名前に内容が派生していくのですが、これは広げるの難しいなぁ。
そう思いつつ、楽しめればいいか~とお正月前から借りていた絵本からアイディアを拝借。

名前をつけるおばあさん

名前をつけるおばあさん
シンシア ライラント(著) キャスリン ブラウン(イラスト)  まつい たかえ(翻訳) 新樹社

友だちがつぎつぎと死んで、ひとりぼっちになったおばあさんが、
身のまわりのものに名前をつけはじめますが、ある日突然子犬が現れて…というおはなしです。

ボリュームもその内容も2歳には難しいかなぁ、とは思いながらも、
かっこいい車やかわいい犬が出てくるのでとっかかりになるかな~と気楽に借りてみましたが、
わたしが想像する以上に息子は気に入ってしまい毎晩読んでいます。
というか一度返したのですがまた借りてほしいとリクエストされました…
どちらかといえば大人に沁みる内容で、夫や我が家に遊びにきた大人たちは皆気に入りました。
息子が内容を理解しているとは思えないのですが、なんか好きみたいで不思議。
というかこれだけの文章量の絵本も通して聴けるようになったのかぁとしみじみ。

肝心のアクティビティとしては、おばあさんみたいに身の回りの物に名前をつけてみよう~
という感じで遊んでみることにしました。2歳児くんの語彙力でどこまでいけるか~!?

最初は絵本のおばあさんを意識したのか、布団にベッツィ、ベッドにフランクリン、
枕にロクサーヌと対象こそ違うもののまんまパクリの名前をつけまして(笑)
次はどうするかな~と見ていたら、お気に入りの赤いのミニカーをもってきて、
ポリスと名付けました。なんでポリスなんだ~ 聞いてもわかりませんでした^^;;
なんだかんだ外国の名前に親しみが持てた感じでこれはこれでOKかしら。

せっかくなので外国の名前にもっと触れてみよう~

ティッチ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

ティッチ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
パット・ハッチンス(著、イラスト) いしい ももこ(翻訳) 福音館書店

ピート、メアリー、ティッチの3兄弟がでてきます。大きい、小さいもたくさん。
息子はティッチという名前と小さい種がぐんぐん大きくなるところを気に入ったようです。

名前をつける、ということを遊びにできるほどの想像力と語彙力はまだ育ってないかな~
楽しんで派生させながらいろいろ名前を付けていく、ということろまでいかないまま終了~

ちなみにアクティビティ関係なしに今まで息子が名前を付けたぬいぐるみたち
e0269946_049077.jpg
ペンギンのあぺんくん、シャチのしゃちくん、りすのもぐちゃん、モルモットのもっとちゃん、です。
やっぱりといいますか、気に入って自分が愛着をもつものには自ら名前をつけます。
それこそが『名前』だよなぁ、とわたしも思います。名前って命ですよね。
だからこそ絵本の名前をつけるおばあさんは子犬に名前を付けるのをためらったわけだろうし…

ということで、息子には名前をつけるということの意味をわたしが感じるままに説明し、
息子の名前の由来を簡単におはなししてあげました。知ってる~というかんじで嬉しそうでした*^^*
いっくんのいはいちばんのい~!などと普段から歌っているもんねぇ♪

そうだ、ついでといってはなんですが

おさるのジョージえいがをみる

おさるのジョージえいがをみる
福本 友美子(翻訳) M.レイ、 H.A.レイ 岩波書店

ジョージも外国の名前♪ おさるのジョージは只今息子がはまっているシリーズです。
この絵本を読んでポップコーン!となったので、一緒にポッポコーンがはじけるのを観察~
e0269946_128399.jpg
映画もテレビもみませんでしたがジョージになったつもりで食べました。
プラスジョージがやらかしちゃった後とっさの機転で手で影絵をするシーンがあるのですが、
寝る前の絵本で読んでいるとき、これはなに!?と息子が知りたがったので、やってあげました。
壁に犬やら蝶々やら作ってあげるとたいそう喜んでくれてわたしも嬉しくなりました。
まさに息子も知りたがり(Curious)いっくんだなぁ、と思います。

こんな感じで始終お気楽な感じで取り組んでしまった今回のマザーグースでした^^;;
いやぁしかし絵本は偉大だ~(結論それ) 

最後に週末の一コマ、凧をあげる息子
e0269946_1165399.jpg
上で記録した絵本ティッチに凧揚げのシーンがあったねぇ。
先週末おとうさんといった水族館で二人で作った手作りの凧、風を捉えています*^^*

実は結構繊細かつ慎重派…というかビビりな息子ですが
e0269946_1184358.jpg
おとうさんと一緒だとけっこう男らしいふるまいをしているみたいです。
わたしとだとあまりチャレンジしない遊具なんかも果敢にアタック!
おかあさんとだとすぐだっこ~ってなるのに。。。 やっぱり父親の存在って大きいんだなぁ。

まだまだ寒いですし、インフルも流行っているので気が抜けないですが、
お外遊びをするとしないとでは息子の成長やご機嫌度に顕著に差が出る感じなので、
これも母の試練とおもいつつ月曜からもがんばるぞー(自分に気合いれさせてください)!

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-01-21 01:41 | ■チルドレン大学(~2014)

S字フックかけのお仕事


息子が2歳4ヶ月のころにつくったお仕事です。
e0269946_1304198.jpg
毎度おなじみ「ひとりで、できた!―子どもは手を使いながら一人立ちする」を参考にして作成。
うちは賃貸なので壁に傷をつけることは避けなければいけないため、
イーゼルの側面部分にフックかけを引っ張って剥がせる粘着テープで張り付けました。
本だと白いS字フックにカラーテープを貼る、となっていましたが、
ダイソーでカラーS字フックという素敵なものを発見したのでちょっと楽ちんしました(笑)
フックかけには対応するカラーシール(青・黄・赤)を貼っておいて、
下に容器を用意して、そのなかにS字フック(青・黄・赤…と言いたいけれどピンクかも)をIN。

作った当初の様子(本では対象年齢2歳半~となっています;;)
e0269946_1335644.jpg
とりあえず数個を重ねてフックにかけてみる、という感じでした。

ちょっとたつと変化が…?
e0269946_1343097.jpg
少しずつ長くつなげるようになってきました。
色はそれほど意識しておらず、かけることを習得しようとしている感じ。
「これせんろ(線路)~」などとつぶやいていました。

そして、今日わたしの知らぬ間にこんなことに!
e0269946_1351179.jpg
ちゃんと色別に全部(青だけひとつ惜しいけど)かかった状態になっていました。
聞いてみたら「いっくんぜんぶやったの~」と事もなげでした。

ひとつずつ動作を習得してきた感じといいますか、
成長すれば自然にできるようになることってあるんだなぁ、と感じました。
最近ついどの場面で叱るか、何がOKで何がエゴなのか、考える機会が多いのですが、
(2歳半の男児は…なかなか刺激的です!わたしの成長が不可欠;;)
息子の発達・成長に合わせた対応をしないといけないな、とこんなことからもふと考えました。

+いっくん 2歳6ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-01-18 01:45 | ■モンテッソーリ教育

Vol. 83: 青い鳥はすぐそばにいる

e0269946_22355270.jpg
ピラルクっていぶし銀でかっこいい…!太古の言葉で交信中の息子!?

週末は夫が一日息子を連れて水族館と公園で遊んできてくれました。
ゆっくり家のことができてすごく気持ちに余裕ができました、ありがとう、夫さま(←読者笑)。

で、今回はBROAD EDUCATION 7 ~幅広い教育~ です。

チル大は本当に幅広い内容を提示してくれて、今までもいろいろな学びがありましたが、
今回のコンテンツはその中でもわたしの中では一番深いところを揺さぶったものしれません。
何日もかけて読み返しては反芻して、いろいろなことを考えたり感じる時間に恵まれました。

説明するのは難しいのですが… 『幸せの青い鳥』とでもいいましょうか。
※青い鳥:2人兄妹のチルチルとミチルが、夢の中で過去や未来の国に幸福の象徴である青い鳥を探しに行くが、
 結局のところそれは自分達に最も手近なところにある、鳥籠の中にあったという物語。by wikipedia


夢のようなことを想像したり、素晴らしいことは手の届かない遠いところにある、
そう思ってしまいたくなることってあると思うんです。というかあります、わたしは。

おうちで息子とモンテッソーリを実践していて、その素晴らしさにいつも胸が熱くなります。
息子が成長したらいつかモンテッソーリの資格をとってずっと幼児たちにかかわっていけたら…
そう思ったりすることがあります、が、大学中退者で幼児教育に携わったこともない、
そんなわたしでは例え資格はとれてもそれだけではだめだなぁ…としょぼくれていました。

このコンテンツはそんな自分にビンタが飛んでくるくらいの衝撃を与えてくれました。
コンテンツで紹介されるお話に出てくる女性大学教授の方の生き様と言いますか…
読んでいるだけで彼女のあたたかくしなやかで強いオーラやエネルギーを感じるくらいでした。

今を精一杯生きること、このことは少しずつ理解できるようになってきた気がします。
が、それにプラス、また少し気づけたことがあるような気がしています。
自分自身の能力や時間を有限と思い込まず、なんでもできる!と未来を信じるのもいいな、って。
毎日毎時間毎秒を真剣に生きてこそ、過去も未来も素晴らしいものになるんだな、って。

そして人生の師をいうのは、決して自分を今いる場所からふわふわした夢の世界に
連れて行こうとする人ではなく、今の自分そのものに本当に必要な気付きをくれる人であり、
その人たちは特別に遠いところにいるのではなく、自分が心の目を開けばすぐそこにいるということ、
そんな素敵なことを気づかせてもらいました。本当にそうだなぁと思います。

そういう意味で、マミ~ことランディ由紀子さんはわたしの人生の師でしょう。
お会いしたことはないですが、チル大を通して本当にたくさんのことをわたしに教えてくれました。
また、チル大を通してであった仲間たちもわたしのメンターです。だいすきです。
わたしを支えてくれる親友も、愛を教えてくれた家族や先生たちも、
息子に笑顔をくれる近所の方たちも、メールやコメントをくださる方々もわたしの宝物です。

わたしも地に足をつけて真剣に毎日を生きて、そうしたらいつか誰かのメンターに
知らないうちになれるのかもしれないなぁ、そんな風に思うと背筋がピッと伸びます。

このコンテンツは折に触れて読み返そうと思います。
毎日より良くなっていける、それこそが生きていく希望!いいコンテンツでした!

おまけ。心を奮い立たせてくれる名言集:


こちらは英語ですが、お勉強もかねて読んでみるのもあり!?
Top 100 Motivational Quotes

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-01-14 23:56 | ■チルドレン大学(~2014)

お気に入りの雑巾とお片付けスペース


雑巾をこどもサイズにつくりそれにお気に入りののりものの刺繍をしてあげたら、
息子の雑巾LOVE度(意味不明!?)が一気にアップしました!

年末に雑巾干しを手に入れたので洗面所にお片付けスペースをつくったのですが、
物が増えてごちゃごちゃしたのでちょっとスッキリさせてみました。
以前とちょっと様子が変わったしせっかくなので、改めて記録~
e0269946_23512419.jpg
今はこんな感じにまとまりつつあります。これでいいのだろうか、いつも手さぐり;;
パトカーの刺繍を最高に気に入り、「きゅうきゅうしゃもくちゅる!」とリクエストされたので、
調子に乗って救急車雑巾もつくってみました。こちらも大のお気に入り♪
雑巾干しにかけてピンチでパチンととめる動作もすきみたいです。ピンチずれてるけど;;
わたしが使う大人用雑巾も後ろ側に一緒に干させてもらっています(笑)

お気に入りすぎて、時折わざと水をこぼして…
e0269946_2356840.jpg
「ぱとかーがまもってくれるの!」などとつぶやきながらせっせと拭いております。

バケツに水をためて、その中で洗って絞る動作も都度提示してみますが、
「それはむずかしいからおかあしゃん。」といわれます。そうですか;;
できるできない、じゃなく、やらせるは論外で、継続して自然に見せ続けようと思っています。
IT勉強会で教えていただいた手をひねる動作を一緒にやってみようかな~

いままでも、何かこぼしても「ふけばいいもんね♪」とお気軽な息子でしたが、
大好きなのりものの刺繍をプラスしてあげただけでさらに雑巾に愛着を持ってくれたようです*^^*

+いっくん 2歳6ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-01-13 00:08 | ■モンテッソーリ教育

ボタンの練習 パジャマとおにぎり編


着脱の自立はゆっくりめかな~な我が息子。
昨年末くらいからかな?わたしのパジャマのボタンに興味を持ち出して、
お!これはチャンス!と思い、まずは息子のパジャマもボタンタイプのものに変えました。

モンテファンにはおなじみの無印良品のお着替えパジャマ!
e0269946_2038852.jpg
子育て中のママの声から生まれたとあり、持ちやすくて丁度良いサイズのボタンがナイス!
シンプルなので、ズボンの前後ろがわかるようにと消防車のワッペンもつけてみました。

肝心の息子は気に入ってくれたようですが、持ち前の甘えん坊は変わらずで、
時折チャレンジしつつも、ほぼ「おかあしゃんがやる~」となっていました。
そのまま時間だけがすぎはや年もあけて1月だ~;;

ずっと作りたいなぁと思いながらミシンがないから面倒…と放置していたボタンかけのお仕事。
一念発起して本をひっぱり出してきておにぎりボタンなるものを作りました!
e0269946_20332261.jpg
ひとりで、できた!―子どもは手を使いながら一人立ちする」を参考にして作りました。
この本には本当に毎度毎度お世話になっています。感謝。
左のは初心者用に角が切り落としてボタンの動きがよく見えるようにしたもの(ボタンは裏側)。
真ん中は切り落としはなしでボタンは大きめの3cm、右はボタンを2cmにしたものです。
本では3cmのボタンを用意となっていましたが、段階づけて難易度調整してみました。

これを作るのが億劫だったわけは…
e0269946_20395139.jpg
ボタンホール!フェルトだから切りっぱなしでも大丈夫だけど…
ただフェルトを2枚重ねにして作ったのでボタンホールがある方が全然いいです。
これを手縫いでつくりました(笑)大変だったので自己満足のため記録(笑)
ガタガタなのはご愛嬌^^;;しかしボタンホールって手縫いでできるんだなぁ、しみじみ。

おにぎりボタンはとっても気に入ったようです!
e0269946_20425559.jpg
とはいっても、最初はおままごとの道具にされました^^;;
バスにのっておにぎりもってピクニックに行くの~だそうで。

何度かゆっくり提示してあげても「ピクニック!」と言い張るので、まぁいいや。。。
とちょっとげんなりしていたら(←ダメかあちゃん)、珍しく早く帰宅したおとうさんに見せる~
とおにぎりを触っているうちに偶然?ボタンがはまった!

びっくりするおとうさんとおかあさんに気をよくしたのか、ボタンができたのが嬉しかったのか、
以来はまってしまってせっせせっせとおにぎりを作っている息子です。
e0269946_20453145.jpg
どうもつけるほうよりはずすほうが難しいみたい。かなり無理にボタンを引っ張るときがあるので、
次に作るときはボタンを頑丈につけてあげたほうがよさそうです。
2cmのものも問題なく付けれるようになりましたが3cmの方がやっぱりやりやすそうです。
角を落としたものがやはりボタンの動きが分かりやすかったみたいなのでひとつあるとよさげ。

しかし一気にボタン付けをマスターしてくれたのでボタンホールをつくった甲斐がありました(笑)
とはいえパジャマはまだまだ半分くらいは「おかあしゃんが~!」と甘える息子です…

スナップボタンにも興味があるようなので次はそっち系のおしごとをつくりたいな。
ボタンもおにぎりに飽きたら長くつなげる系を作りたいなぁと計画しています*^^*

+いっくん 2歳6ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-01-11 20:53 | ■モンテッソーリ教育