「ほっ」と。キャンペーン

はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

たくさんの感謝を込めて


今日で2012年もおしまいです。
今年の春、息子の自我の爆発がきっかけで導かれるように入学したチルドレン大学。
学びのアウトプット応援制度(キャンペーン)を利用してこのブログを開設しました。

わたしはまだまだ未熟者で、取り立てて目立つ才能があるわけでもない普通の母親です。
幼児教育に携わったこともなく、もちろんモンテッソーリの資格をもっているわけでもなく。
それでもおうちで息子とモンテッソーリの環境を享受できているのはIT勉強会のおかげです。

e0269946_1133759.jpg
待っていた雑巾ハンガーも届き、息子のお掃除環境も年内になんとかひとつ整いました*^^*
お正月休み中にゆったりちくちく雑巾にくるまの刺繍でもしてあげたいなぁ。。。


ただそれだけではわたしの精神性は十分には育っていかず、
悩みの中で出会ったのがチルドレン大学だったのですが、実践していく中で、
答えは自分自身の中にあると気付かせてもらい、それにどんどん近づいていけました。
足りないところを補完するばかりか、新たなる気づきのステージに連れて行ってくれたのです。

e0269946_11361595.jpg
特別なものはいらない、まわりには素晴らしい学びの材料がそろっていると教わりました。
絵本もただ読み聞かせるだけでなく、より深い学びの世界に入っていけるようになりました。

いちばん感謝しているのはブログを通してたくさんの素晴らしいご縁を頂きましたことです。
自分には遠い世界のように見えていたことも、自分から動いてみることで少し近くなりました。
世界は自分が思う以上にあたたかく優しさで溢れていることに気づきました。
想いは閉じ込めておかずに外に出していくことで流れが良くなることもわかりました。
これらの気づきたちはわたしを大きく成長させてくれ、本当に感謝しています。

息子自身もこの1年でしっかり成長し、赤ちゃんらしさが抜けてすっかり男の子になりました。
e0269946_11394441.jpg
手作りひも通しも自らストーリーを考えながら二つ穴を利用して通すまでに(息子なりに)成長。
最近はますますおしゃべりくんが板につき、時折大人と話していると錯覚してしまいます^^;;

おとうさんは仕事を頑張ってくれ、やっと今日から我が家にも連休がやってきました!
e0269946_11455035.jpg

e0269946_11454479.jpg
息子大喜び*^^*我が家はいま家族でわいわいゲームモードです(笑)

そんなわけで正月休みの間はブログもちょっとお休みして家族でゆっくりします~
縁あってこのつたないブログを読んでくださっている皆々様、
2012年の息子とわたしのちいさな成長を見届けてくださりありがとうございました。
来年はきっと今年以上に楽しいことが待っている気がしてワクワクしています。
皆様にとっても新しい年が笑顔あふれる素晴らしい1年になりますように。

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-31 12:19 | ■ごあいさつ

バランスを取りたい!運動の敏感期 


今年も残すところあとわずか。
我が家のおとうさんは本来今日から年末休みなはずだったのですが、
急遽年末ぎりぎりまで仕事に入らなければいけないことになり(正月休みも短っ!)、
わたしと息子は年末感を感じることなく今日も普通の日のようにすごしていました。
お散歩をしていても人の気配をあまり感じないことにちょっと不思議な感覚に陥りつつ、
そんなことはお構いなしで自分のペースで大声で歌いながら歩く息子^^;;

e0269946_2112547.jpg
ただひたすら歩いていた懐かしい川沿いの道、息子1歳半の頃。

歩けるようになった1歳ごろはとにかく歩きたい!というエネルギーがほとばしっていて、
日に日に体力もつき歩き方も様になり1歳半になるころには毎日2時間×2セットのお散歩が
日課になっていた息子(途中少し抱っこすることもありましたがほぼ自分で歩いていました)、
親ばかながらもうすぐ2歳半の今の息子の歩き方はどっしり安定しています。
まずは歩くことが大切、というモンテッソーリの教えを知っていてよかったなぁと思います。

歩くことは習得した!と思っているかどうかは知りませんが、最近は前のような情熱は見せず、
お散歩も徒歩10分弱の駅までで満足するどころか頻繁に抱っこを求めてくるという…^^;;
そのかわりか?走ることには意欲的でケタケタ笑いながら急に走り出したり(危ない;;)、
カニさん歩きや後ろ向き歩き、ジャンプしながら進むなど、なかなか目的地まで
まっすぐたどり着けないような歩き方は大好きのようです(笑)

そしてもうひとつ、最近ものすごくはまっている、いわゆる敏感期だろうな~という行動で、
身体のバランスを使う動き(筋肉を調整する動き)への目覚めが著しいです。
まさしく「自分の行動の主人公」になりたい時期どっぷりだなぁと感じています。

きっかけはちょっと前にいった水族館でのながーいスロープ:
e0269946_20502087.jpg
最上階から下にどんどん降りていく形のつくりになっている水族館なのですが、
その移動がすべて緩やかかつ長いスロープになっていて、息子大興奮…!
なんども小走りでのぼっては駆け下りるというはた迷惑な行動にいそしみ、
おとうさん&おかあさんにここは走る場所ではないんだよと説明を受けるのだけれど、
身体が止まってくれないの~!とばかりで大変でした(魚なんかほぼ見なかった…^^;;)

で、行動を抑制しなくてもよい場所はないかなぁと思っていたのですが、
最近新たに発掘したお散歩コースでぴったりな場所を発見!
e0269946_2059519.jpg
今までなんとなく避けていた公園内の建物にあるスロープ!
(人がいるときは邪魔にならないようにね、と事前説明して)小走りで登って~
e0269946_2104195.jpg
階段を下りて…を10セットが日課になりつつあります。
時折通りがかりのおばあちゃま方が、挨拶をする息子に喜んでくれたり、
目を細めて「かわいいねぇ。」なんていってくれたりで息子はそれも楽しそうです(笑)
時間によっては人気がない、遊具がほとんどない、幼児向けではない?という理由で
あまり足が伸びなかった公園なのですが、お散歩目的にはもってこい!
すごく広いし大きな木がいっぱいあって森林浴をしている気分になれることも発見。
駅までの散歩よりも歩く距離も伸びていい感じなので最近足しげく通いだしました。

そしてそこに行くまで&そこからの帰り道では
e0269946_2154668.jpg
段差解消プレート?の斜めになっている部分をあえて歩いたり
e0269946_2163669.jpg
縁石をバランスを取りながら進んでいったり。もう一度戻って最初からということも…
e0269946_2174064.jpg
延々と続く縁石ロードがあるのですが、そのなかでいちばんのお気に入りがこれ。
その短さがツボらしくここにくると上機嫌~♪ 勝手に「チョビ」と名付けました(笑)
コンクリートの色が白くなったり黄色く塗られている部分も特別感があるようです*^^*

他にも物を持ったまま階段を上りたがったり、荷物をもって歩きたがったりと、
自分自身を試し、均衡感覚を身に付けることに一生懸命なこの頃の息子です。
場所をわきまえたり危機管理は親の仕事としてしっかりしつつ、見守りたいなぁ。

もうすぐ2歳半、全力投球を惜しまないという本格的な運動の敏感期への入り口にいるのかな。
ここで自分の力を出し切る経験がその後の人生のいざというときを生き抜く土台になる…
チルドレン大学でも体を思いっきり使うことの大切さを教えていただきましたが、
自分の体験からも集中力というのは体力がないと続かないものだと感じているので、
息子の敏感期を邪魔せず、これからもわたしなりにサポートできたらいいなと思います。

+いっくん 2歳5ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-29 21:43 | ■モンテッソーリ教育

Vol.81: MG39 自分で片づけるから大丈夫!


今回のマザーグースは「Little Polly Flinders sat among the cinders...」

コンテンツを見て予習しながら、youtubeでメロディも発見し覚えてみたものの、
母親に怒られるという今回の内容は息子があまりすきではない類だなぁ…
なんて一抹の不安を抱えつつ、新しいマザーグースだよ~と歌ってあげました。
e0269946_2592340.jpg
メロディ自体は楽しんでいましたが、案の定お歌の内容は?と知りたがり、
リトルポリーちゃんはお洋服を汚しちゃっておかあさんに怒られちゃったんだよ、と
説明してあげたら「・・・。いっくん、これすきじゃない。」と棚に戻してしまいました^^;;
MG24のときもそうだったけれど、こどもは母親に怒られるというシーンは嫌いますね。

真新しいお洋服を汚したために母親にきつく体罰を受けるポリーちゃん…
こどもは汚すのがお仕事!確かにあまりにもひどいとカッとなってしまうこともあり得ますが、
そんなときでも普段のときでも、こどもが汚したとき怒らなくてすむ方法は…

大変~!あけ移しのお仕事のお米をこぼしちゃった~!
e0269946_34317.jpg
大丈夫、集めて片づければいいだけだから。
モンテッソーリの教えに習い、ほうきやちりとりなどこどもサイズの掃除道具を用意して、
それらをいつでも手にとれる定位置を決めてあげ、片づけ方を提示してあげる。
そうすると、(上手にできているかは置いておいて^^;;)息子は片づけようとしてくれます。
もちろん(!?)いじけているときなどしないときもあります!2歳児くんは気まぐれです…
でも環境だけ用意したら期待しすぎず押し付けすぎずにいるのがいいのかな、と思っています。

とはいえ、わたしはまだまだ中途半端にしか用意してあげていませんでした… 反省。
今回はいい機会だったので、思い切っていろいろ息子のお掃除道具を用意してみました。

机の上が汚れたら台布巾でふきましょう~
e0269946_316426.jpg
IT勉強会で教えていただいてずっと作ろうと思っていたものです、やっと縫えた~!
それまで普通の台布巾でふきふきしていましたが、こちらのほうがやっぱり使いやすいね。
e0269946_3171172.jpg
ちゃんと片づける場所も作れました。布巾を干すところと白いケースは洗濯バサミをいれる場所です。
もともとあったお食事エプロンかけは側面に移動~ 
e0269946_3174475.jpg
線を意識してちょうど半分のところでかけて…
e0269946_319151.jpg
かかった台布巾を洗濯バサミでぱっちん。こんなところでも指を使うんだねぇ。

参考: 拭く(日常生活の練習)

いままでは小さめだけどおかあさんと一緒の雑巾使っていたので(ごめんよ;;)、
針を出してきたついでに(これもやっとこさ)息子サイズの雑巾も縫いました~
e0269946_320981.jpg
最近新たに日課に加わった植物ポットを日光にあたる場所に移動するお仕事(!?)、
移動後「いのちにおみずをあげるの~」と強引に水を振りかけて床がぬれました(笑)
でも大丈夫、雑巾をだしてきてうんしょうんしょと拭いていました。
雑巾ハンガーをネットで購入したのですが、届くのはもうちょっと先になりそう…
あと雑巾もお正月休みの間になにか息子の好きな模様で刺繍してあげようかなぁと思っています。
よって、こちらは若干中途半端さを残しています… できることからちょっとずつ、だ!

ついでに大掃除の季節なので~
e0269946_365679.jpg
窓をきれいにするお仕事です。ここのところ、わたしが消毒をスプレーするのを見ては、
「いっくんもやりたい!」と言っていましたが、このスプレーは大ヒット!
水を吹きかけたらワイパーで水を切るはずなのですが、ずっとスプレーばかりしてました^^;;
ちなみにワイパーとスプレーはこどもの道具やさんで購入しました。
ちなみにちなみに、わたしは天国にいってしまった祖母が昔よくいっていた
「今日できることは今日しなさい。明日が来るとは限らないのだからね。」という言葉の魔力で
掃除も持ちこさないという融通の利かない性格になってしまっているので、
大掃除はせず、毎日のちょこまかした小掃除と、ちょっとした節目ごとの中掃除をしています。
そのほうがある意味楽ちんだとある時期に気づきました、おばあちゃんありがとう。

少しずつですが自分でお片付けできる環境が整えられてきたかなぁ。
最近の息子はこぼしても「ふけばいいもんね!」とニコニコいうのでこっちもなごみます*^^*

やろうやろうと思っていても手を付けないままうっかり時間だけが過ぎていく、
そんなことも多いわたしですが(あれ、矛盾?)、今回もチル大のおかげで行動できました。
MG39ということでサンキューと語呂もいいことですし、これを今年最後のマザーグースにします~
マザーグースから得たたくさんの楽しい時間たちに感謝です!

チルドレン大学のクリスマスキャンペーンは12月28日をもちまして終了いたしました。
チル大仲間が増えそうでワクワクしています*^^*皆様どうもありがとうございました。


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-27 03:40 | ■チルドレン大学(~2014)

最高のクリスマスプレゼント


サンタさんを迎える準備をバッチリ済ませて眠りについた息子。

今朝むにゃむにゃと目を覚まし、しばらくそのままもぞもぞしたりぼーっとしていたかと思ったら、
枕の上に見慣れないものがあるのに気づいた途端に動きが止まりました。
そして今まで一度も見たことのない表情を見せてくれました。
e0269946_1847308.jpg
それは一言では形容しがたい表情で、本当だったんだ!という驚き&安堵感だとか
体の隅々まで駆け巡るような嬉しさとか、もうとにかく世界中の皆に見せたくなるくらいの
素晴らしい表情でわたしも夫も胸がいっぱいになり、わたしはあやうく涙がでそうになりました^^;;
(それを味わうためにもカメラは用意していなかったのですが、夫が走ってリビングから持ってきた笑)
心の底から喜びを感じると人間はこんなにも体中からエネルギーを発するのか、と感慨深かったです。

ひとしきり(じっくり)喜びを噛みしめつつ包みのリボンをほどく息子、
少しプレゼントを包んでいた袋の口があいて中身が見えた瞬間なぜかまた隠して
「おかあしゃんあけて…」と喜びのあまりに感情メーターが振り切れてしまった様子。

それもそのはず、ちらっと見えたのはずっとずっと欲しいと願っていたものだったから。
息子には、アドベントカレンダーのシールを貼り始めた1ヶ月前から
「さんたさんもってきてくれるかなぁ?」と1日ずつ思いを深めてきたものがあったのです。

じゃあ、とわたしが包みを開けようとしたら「いっくんがあける!!!」と慌てだし、
無事に自分の手で包みを開けて中身をもってベッドの上をぐるぐる踊りだしました!
しばらくそうやって喜びを表現した後、「さんたさん、くっきーたべたかな?」と思い出す息子。

プレゼントをもってリビングへ移動~
e0269946_1952399.jpg
「からっぽ!!!」サンタさんちゃんと食べていってくれたねぇ!
e0269946_1934546.jpg
息子が書いたメッセージの上にサンタさんからのお返事も発見!すごーい!

「ぷれぜんとあけてもいーい?」とやっとここでプレゼントオープンタイム~
e0269946_197284.jpg
息子がずっと夢見てサンタさんにお願いしていたのは『黄色いバス』でした。
今日はお散歩の時間以外はずーっと黄色いバスで遊んでいた息子です*^^*

息子2歳のクリスマスは、欲しいものを指折り数えながら長い日数待つことや、
自分は見たことがないけれど信じてみたことが叶うときの形容しがたい喜び、
そういうことを学んだり感じたりしてくれた素敵なものになったかなぁと思います。
モンテッソーリではファンタジーは受け入れられていないとしても、
心の底から体が震えるような喜びを感じることはわたしは素敵なことだと思っています。
それを知っている人間は、いずれ人を喜ばせたいと心から願うようになると思うからです。
(わたしの父がサプライズ好き&プレゼント魔だったから、その影響があるかも…)

喜びを体中で爆発させる息子を夫と二人で目を細めてみる幸せなクリスマスの朝でした。
サンタクロースさん、我が家に最高のクリスマスプレゼントをありがとうございました。

+いっくん 2歳5ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-25 19:25 | ■ごあいさつ

サンタさんを迎える準備


クリスマスパーティは家族そろって楽しみたかったので夫が参加できる23日にしましたが、
イヴもそれなりに楽しみたい、ということで息子と二人でサンタさんを迎える準備をしました。
息子が0歳の時からやってきていることなのですが、息子自身が用意するのは今回が初めて!

サンタさんにあげるクッキーをつくりましょう
e0269946_18192777.jpg
焼いている間にメッセージカードもかきましょう(画用紙の色は息子セレクト、持ち方は不問で…)
e0269946_18204312.jpg
絵本を読んだりしながら待つこと30分、クッキーのいいにおい… 
e0269946_18235653.jpg
焼けたクッキーはサンタさんの分とおやつの分と分けてトングでお皿にうつしましょう。

お散歩などもしつつこんな感じで1日中サンタさんのことを想いながらわくわく過ごして…

さて、日が落ちたから寝る時間だね。アドベントカレンダーのシールも最後の1枚!
シールを数えてみたら32枚あったので、約1ヶ月毎晩サンタさんに思いを馳せてきたわけで。
全てのライト(に見立てたシール)が灯ったツリーに笑顔で顔を見合わせてしまいました。
e0269946_18235111.jpg
メッセージカードと焼いたクッキーとミルク(メープル豆乳^^;;)とアドベントカレンダーと、
ついでに「さんたさんとおとうしゃんにみせるの」とウッドピンチのお仕事も完成させてセットして…

なかなか興奮して寝付けなかった息子に、

サンタさん来るといいね、朝起きたらいっくんの枕のうえのあたりをみてみようね、
サンタさんが来てくれたのならきっといっくんの欲しいものがそこにあるはずだよ、
ミルクとクッキー美味しく食べてくれるといいね、カードとツリーもみてくれるといいね

そんなことをお話しながら二人でドキドキが止まらなくてしばらくきゃっきゃしてました(笑)
そんなこんなでやっとこさ「さんたさんくるかな…」とつぶやきながらも眠りにつきました。

おやすみなさい、サンタさんきっとくるといいね。

サンタさんは来てくれたかな? 最高のクリスマスプレゼント に続きます~

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-24 23:52 | ■ごあいさつ

あわてんぼうのクリスマスパーティ


24日のイヴは夫が仕事のため日曜日にクリスマスパーティしました~

見せるほどの素敵なディナー&写真ではないですが…
e0269946_2132413.jpg
一日仕事でチキンを焼いたりケーキをつくったり頑張ったので記念にのせます(笑)
べたですが、手作りのチキン&ケーキがある家族で過ごすクリスマスが夢だったので嬉しい*^^*
e0269946_2141392.jpg
チキンをむしゃむしゃたべながらも「けーきたべる~?」としつこかった息子(笑)
おまちかねのケーキ、上手にローソクをふーっと消してくれました。
息子は今回が初生クリームのスポンジケーキ!(アレルギーっこなので卵・乳除去)
パーティだからとお食事中にジュースも飲めて、目を輝かせていました(笑)

実はパーティの2日ほどまえに息子とおとうさんに渡すプレゼントを買いに行ったのですが、
「ないしょないしょ、おとうさんにはないしょ、だよ?秘密守れる?」と約束しつつ、
(これは絵本ノンタンのたんじょうび にでてくるフレーズです~小児科でよく読みます)
翌日の朝には話しちゃうんだろうな~なんて思っていました。
ところがどっこい、パーティまでちゃーんと秘密を守ってくれて、そろそろ渡す?と言ったとたん、
「おとうさんにふくわたす^^?」と… 覚えていて、しかも黙っていてくれた…!
すごく成長を感じるサプライズプレゼントタイムになりました。

いっくんにもね、ないしょないしょ、いっくんにはないしょ、があるんだよ~
e0269946_2261747.jpg
ということで、こちらもびっくり喜んでくれました♪
最近おさるのジョージがすきなので、メリークリスマスおさるのジョージ をセレクトしました。
すぐさま「おとうさん、よむ~?」となり、2回連続で読んでもらっていました*^^*

ついでだから(?)土曜日にいった動物園も記録!

だいすきなペンギンさんをおとうさんと手をつないで鑑賞したり
e0269946_2362145.jpg
スタンプラリーに参加したり(上手に枠内にスタンプ押せていました*^^*)
e0269946_2371854.jpg
でもやっぱりいちばん喜んだのは
e0269946_2375444.jpg
モットちゃん!「だっこはひさしぶりだよね~?」なんてませたことをいっていました;;
e0269946_2383593.jpg
もうひとつだいすきなのりもの!新幹線型のモノレールで動物園にばいばーい!

今回で5回目の東山動物園、生後6ヶ月から半年に1回ずつのペースでいっていますが、
6ヶ月のときはペンギンしか反応なかったなぁ、などと半年ごとの成長が見えて面白いです。

家族で過ごす週末イベント&クリスマスパーティ、とってもしあわせでした。
こういうのってあたりまえのようであたりまえじゃなくて、涙がでるほど感謝したくなりますね。
アドベントカレンダーのシールも残すはあと1枚、明日の夜はまたウキウキできそうです。

皆様もどうぞ素敵なクリスマスパーティを!

+いっくん 2歳5ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-24 02:44 | ■ごあいさつ

おやつにバナナを切るお仕事


さすが師走、レポートの締切や年賀状の準備などに追われていました;;
わたしの忙しさなどはおかまいなく、息子はマイペースにまとわりついてきてくれます^^;;
バタバタでブログまで余力が回らないのですが、今日は記録するぞ~!

ということで、おやつにバナナをきるいっくんのおはなし~
すでに(手を添えたりしつつですが)包丁でお野菜を一緒に切ったりしていますが、
普通の時でも“ひとりで”切ることを楽しめるように時折おやつの支度をお願いしています~

まずは用意したものを運んだり名称確認したりして…
e0269946_22564112.jpg
バナナの皮をむいて~ むいた皮はバナナが入っていたザルにいれて~
e0269946_22572461.jpg
切る提示!そのあと息子がバターナイフで切っていき(刃がついていないから安心して見守れる♪)
e0269946_22583470.jpg
バターナイフを危なくないところに置いた後、トングで挟んでお皿の中へ~
(本当はもっと細かく手順などがあるのですが書いていいかわからないので割愛します;;)

本来は机にビニールマットなどをしいてあげるべきなのですが、もっていません…!
うーん、用意しよう!(マットの代わりといってはなんですがペラペラまな板置いています^^;;)

おとうしゃんにもチョキチョキしゅるの~!
e0269946_2322614.jpg
ということで、今朝は朝食としておとうさんにバナナをきってあげていました。
コーヒーの粉もスプーンですくってマグカップに入れてあげていました。
最近の息子は本当にお世話焼きくんです。そんなところがかわいい(親ばかまっしぐら)*^^*

今回はバナナですが、そこから他のお野菜に段階を踏んで包丁に入っていくのが本当のようです。
いずれバターナイフが刃のついた本当の包丁に代わるということですね。
だから刃がついていないからといって適当な提示はできない…!

2歳になったばかりの頃、誕生日に買ってもらったおままごとセットなのですが、
本物の包丁を握ったときには見せない乱雑な行動(包丁を突き立てる、刃を上に切るetc)が
気になって聞いたり調べたりしたところ、モンテッソーリではおままごとは推奨しないそうです。
あくまでも現実を重視するということのようで、こういうバナナ切りなどをするのがよいそうで。
うーん、と思いながらも現実におままごとの包丁の扱いが悪いのが気になったので、
割とすぐにおままごとセットは(申し訳なかったのですが…)仕舞ってしまいました。

これだったら柔らかいお野菜なんかはわたしが支度している横でまかせてもいいかな~
本物に触れる体験をたくさん用意してあげるのがわたしのお仕事のようです。

+いっくん 2歳5ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-22 23:34 | ■モンテッソーリ教育

粘土あそびで手と想像力を使う


レールセットで熱中していた跡地を見に行ってみたら
e0269946_131488.jpg
こ、これは…!赤いオープンカーで絶景に乗り付けて、プレゼントで攻める…
チーズ、なかなかやるな、おぬし・・・!と思わず大人目線で見てしまいましたが、
息子にきいてみたら「ぴくにっくしてるの~」だそうで。そりゃそうだよね、ごめん^^;;
(テレビは見ないけれどアンパンマンのキャラクターは知っている&すきな息子笑)
ストーリーをつくって遊ぶことがすごく多くなってきたなぁ。

思わずニヤッとしちゃったので親ばかで載せちゃったけど、これだけじゃなんなので、
チーズたちの周りにいっぱいある粘土にこじつけて、最近の粘土遊びの様子を記録します~

ずっとはまっているというか、メインで遊ぶのは型抜きなのですが、
抜いた粘土はとっておきたがるので、一定期間ジップロック的袋にいれて保管しています。
(乾燥させると遊ぶ粘土の量が減ってしまう…!という親の都合あり^^;;)
e0269946_13292878.jpg
夜おとうさんにみてもらいたい、ということのようです。おとうさんだいすきだねぇ。

ちょっとだけ変化が現れたのはここ数週間?
e0269946_1310697.jpg
「あかちゃんかたちゅむりくちゅったの~(赤ちゃんかたつむり作ったの)」と見せてくれたのがこれ。
青い部分が殻で赤い部分が胴体だと思われます、雰囲気でてる!(親ばか~)
自発的に自分だけで形をつくった初作品!ちょっとした成長を感じます*^^*

粘土へらで粘土をきることもすきなのですが、新たな遊びを開発?
e0269946_1314051.jpg
粘土じゃないですが… 余っていた水ビーズを半分にきることにものすごく熱中!
e0269946_13144286.jpg
しっかり押さえていないとつるつる逃げるのですごく集中していました。キラキラしてきれい~

ちょっと前までべたべたをいやがって粘土に触れなかったのがウソのようです。
自分のペースでやりたいように遊んでいくうちにもっと造形遊びになっていくかな~と期待。

+いっくん 2歳5ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-19 13:51 | ■アートアクティビティ

Vol.80: 牛乳パックで紙すき体験


今日はEDUCATIONAL VIDEOS 7 ~エデュケーショナルビデオ~ です。

今回のトピックは『地球温暖化』で、白熊さんたちの厳しい現実を動画で感じました。
(個人的には2つ目の動画の白熊さんと犬たちの触れ合いに胸キュン!)

週末おじいちゃんを見送りに空港に行きまして、
e0269946_19465973.jpg
そこに絶滅危惧種の飛び出す図鑑:白熊を見る機会があったため
(このときは目の前にある赤いチェーンをはずす!とごねて話どころじゃなった…)
今日は少し前に雪遊びしたときのことを写真で見て一緒に思い出しながら、
温かくなると雪みたいに氷がとけて白熊さんたちおぼれちゃうんだよ、とやっとお話し。

が、果たして今地球は温暖化しているのか、または寒冷化しているのか、どっちだろう。
どちらにせよ、環境問題にいつも敏感でいることは大切なはずなのです。
今回はせっかくなので息子とちょっとしたエコな取り組みをしてみよう~

ということで、牛乳パックで紙すきをしてみよう~
出来るところは全部エコで!ということで、材料など全部家にあるものでやってみよう!

まずは牛乳パックの余分なところを切り取ってからそれをお湯と一緒に鍋に投入し、
一瞬煮たたせたら蓋をしてバスタオルでくるんで放置という下準備だけしておいて…

数時間放置したあと、裏と表の防水加工面をべろべろーん
e0269946_19514572.jpg
もちろんやりたがるので息子にやってもらいます。
e0269946_19534721.jpg
これをこまかーくちぎります。2歳児くんも奮闘、がやっぱり大きさが荒い^^;;
上質なパルプがなかにつまっているんだよ、これが紙の素だよ、
紙は木の命を分けてもらってできてるんだよ、などと合間にチル大的説明を挟みます(笑)
e0269946_19564743.jpg
本来はミキサーで粉砕するらしいけれどそんな気の利いたものはない(笑)
もとい、限りなくエコチャレンジ!ということで、包丁で繊維をつぶすように叩くものの、
細かくするにも限度があったので、強度を加えるため、残り少なかったスティックのりを有効活用~
ペットボトルにお湯と一緒に入れてといて使うことにしました。
そこに細かくしたパルプを入れてもらい、様子を見ながらお水も追加で投入。
e0269946_200993.jpg
よーし!撹拌!ものすごく楽しそうにシャカシャカする息子♪
e0269946_2011010.jpg
紙すき枠なんてものはなく、あるもので… ということで、灰汁すくいで紙すき(笑)
いい機会なので、一緒につくったビオラの押し花も一緒にすきました。
巻きすの上においてそれで挟んでさらにタオルで押して水を切って…

ちょこちょこ手伝いつつもなんとかできました~!
e0269946_202021.jpg
e0269946_202481.jpg
窓にペタッと張り付けて乾燥するのを待ちます~ 透かすときれい~

が、今日はあいにくの曇り空、とりあえず張り付けたままお買い物へ行き、
帰宅後(夕方)確認してみるも水分たっぷりで全然乾いていない~!

ごめんなさい、文明の利器に頼ります!ということで、電気を使うぞ~!
e0269946_209493.jpg
アイロン様に乾燥を手伝ってもらいました^^;;
旅行や手芸に便利なミニサイズのアイロンが息子の手にちょうどいい感じです。
ちょっとお手伝いしてもらった後は時短のため、わたしが大人サイズのアイロンで仕上げ~

完成!夕ご飯に間に合ってよかった~
e0269946_20103290.jpg
ということで、出来上がったものはコースターにしてみました*^^*
おとうさんのも!と言われたので、いないけれど一応3人分セットしてあります(笑)
このところ毎晩キャンドルディナーです。せっかくなので電気と火のおはなしも簡単にしました。

よーし、楽しかったね!お空が暗くなったから寝る時間だよ~
e0269946_2017941.jpg
お気に入りのひつじさんのゆたんぽと一緒にぬくぬくおやすみなさーい。
やっぱり究極のエコはお日さまとともに生活することだねぇ(といいつつ親は夜更かし…^^;;)

あまり難しい話はしてあげられなかったけれど、楽しく資源を再利用できました。
しかしこういうのって、たとえばスーパーに資源ごみを一緒に出しに行ったり、
こまめに電気を消したり、物を大切に使ったり、そういった普段の生活が大切かも。
あとは自然とたくさん触れ合うなかで、共存するということを感じてくれれば。

今の世界の現実は目を背けたくなることでいっぱいだけれども、
親たちが目をそらさずまっすぐ見つめることがまずは第一歩なのではないかなぁ。
子どもたちにどんな未来を託してあげられるのか、考えていかねばなりませんね。

+いっくん 2歳5ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-17 21:47 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol.79: MG38 あなたが赤ちゃんだったとき


今回のマザーグースは「Bye, Baby bunting, Father’s gone a-hunting...」

このマザーグースもかなりライムが読んでいて心地いい感じ~!
そしてイラストが赤ちゃんでこれは息子が喜ぶトピックだ~と嬉しくなりました。

マザーグースをやるたびに「今日は○○の日だよ~」とやっているので、
最近は息子自ら「きょうはうんてんしゅさんのひ~」などとテーマを決めたりしているのですが、
(とはいっても分刻みでテーマが変わるのが常なのですが…^^;;)
なぜかいちばん多いのが赤ちゃんの日なのです。赤ちゃん返り?母性本能沸騰中!?

ということで早速マザーグースのイラストを渡して読んであげたら
大喜びの息子、マザーグース12のHush a bye babyの最初の部分を歌いだしました!


Hush a bye baby, upon a tree top♪ ハッシャバービーになってるけど(笑)
内心びっくりしつつ、おとうさんに見せるからビデオ撮らせて~と撮影開始したら恥ずかしがり、
なんどかタイミングを見計らってお願いしたらビデオに向かって歌ってくれました♪
子守唄として時々歌ってあげているので覚えたのかな、今日初めて歌うのを聞きました。
(歌うといっても2歳児くんなりなのでしっかりした歌ではないですが^^;;)

よーし、今日は赤ちゃんの日!ということで、図書館で赤ちゃん関連の絵本を借りてきました。
赤ちゃんは歯がないんだよ、おっぱいを飲むんだよ、などと今までも話したりしていましたが
もっともっと赤ちゃんのことを知りたいようなのでこれはいいチャンス~

たくさん借りましたが、いちばん息子の赤ちゃんを知りたい欲求に応えてくれたのがこの写真絵本

あかちゃんてね

あかちゃんてね
星川 ひろ子、星川 治雄(著) 小学館

児童書の棚にありましたが幼児でも大人でも年齢に関係なく目で楽しめます。赤ちゃんが愛らしい!
生まれてから1ヶ月ごとの赤ちゃんの成長をお姉ちゃんの目線からシンプルに追うのですが、
それぞれのページを読み進めるごとに、わたしのほうが色々思い出して胸がじーんとしてきました。
息子もへその緒や歯がないお口、お乳を飲む姿などを一生懸命見ていました。

いっくんも赤ちゃんだったんだよ、こんなんだったんだよ、といっても伝わりきらなかったので、
息子が小さな赤ちゃんだったときのグッズをいろいろ出してきてみました~

まずはトッポンチーノと退院時にきたはじめてのお洋服
e0269946_23182575.jpg
横に並んで寝た姿を写真に撮ってそれを見せてあげました。
こーんなに大きくなったんだよ、ここにすっぽり入ってたんだよ~
トッポンチーノのくったり感&汚れ具合になんだか甘く切ない気持ちになりつつ
e0269946_23224184.jpg
これがへその緒、おかあさんといっくんのいのちが繋がっていたところ、
そういって見せてあげたら息子の顔が本当にぱぁっと輝きました。
心の底から嬉しさがこみあげてくるとこういう顔をするんだなぁ、とわたしまで幸せ気分に。
e0269946_23323076.jpg
ベビーバスっていう小さなお風呂に入っていたんだよ、と出して来たら
「いっくんはいる!」といそいそと入ったもののとても狭そうでした(笑)
新生児期の沐浴はおとうさん(夫)が担当してくれていたなぁと懐かしい気持ちになりました。
e0269946_23341313.jpg
これははじめて履いた靴だよ、と渡したら「いっくんはく!」と言い張り一悶着…
履けないよ、というのをなかなか理解してくれずむりやり履こうと奮闘していました…
16.5センチの君が12.5センチをはけるわけがないでしょーが^^;;

なんだかんだ、いっくんは赤ちゃんのときね… とおはなしして幸せな時間を過ごせました。
息子はその後上機嫌でハイハイしながら赤ちゃんごっこを楽しんでいました(笑)

その他に息子と読んだ赤ちゃん関連の絵本は

いのちは見えるよ (いのちのえほん)

いのちは見えるよ (いのちのえほん)
及川 和男(著) 長野 ヒデ子(イラスト) 岩崎書店

あなたがうまれたひ (福音館のかがくのほん)

あなたがうまれたひ (福音館のかがくのほん)
デブラ フレイジャー(著) 井上 荒野(翻訳) 福音館書店

こちら2冊はどちらも2歳児に理解するのは難しい内容でしたが、わたしが読みたくて借りました^^;;
一応どちらも最後まで聞いてくれましたがもう1回読んで、がなかったのでやはりまだ早いようです。
ただ「いのちはみえるよ」などという言葉には「いのち?」と強く反応を示していました。

後日談:あなたがうまれたひ、あなたの部分をいっくんと読み替えて読んであげたら
    大のお気に入りの一冊になったようで頻繁に読んでとリクエストするようになりました。
    ちょっとしたしたことがうれしいんだなぁ、こどもって*^^*

あとは変化球として「たまごのあかちゃん」 も読みつつ…

「あかちゃんてね」以外で息子のお気に入りになった絵本は

ちょっとだけ (こどものとも絵本)

ちょっとだけ (こどものとも絵本)
瀧村 有子(著) 鈴木 永子(イラスト) 福音館書店

ねえだっこして

ねえだっこして
竹下 文子(著) 田中 清代(イラスト) 金の星社

どちらも下に兄弟ができたときに読んであげることを想定した絵本なのかな。
(参考:【テーマ】お姉さん、お兄さんになる絵本 絵本ナビ
「ちょっとだけ」はちょっと前からお気に入りで何度も借りているのですが、
「ちょっとだけ?」と息子が聞き、「ちょっとだけ?いっぱいだっこしてもいいですか?」と聞き返し、
「いい!」と息子が答えたら思いっきり抱きしめるというやり取りがこのごろ定着しています*^^*
どちらも読み終わりに切ない気持ちが残るのですが(ちょっとだけの方があたたかい感じがするけど)、
息子はまだそういう心の機敏を感じ取るでなく、単純に自分の興味ある部分を掬い取っている様子。

「いっくんあかちゃんなの~」と甘えん坊の息子ではありますが、
もともとの性格なのかなんなのか、ものすごくお世話焼きな一面を最近出してきます。
今朝もおとうさんの朝食のパンを小さくちぎってあげていたり(言わないけどちょっと迷惑;;)
公園で出会った初見のお友達に「どうぞ!」とお砂場道具を無理やり貸し付けたり(笑)、
「いっしょにじてんしゃのろう?」とこれも半ば無理やり手をつなぎつれまわしたり^^;;
e0269946_083814.jpg
いとこくんの手をとり「そっちいっちゃだめ~こっちおいで~」とおにいちゃん気取り!

あかちゃんとおにいちゃんを行ったり来たりしながら成長しているんだなぁ。
ついこの前までお腹の中にいたんだっけ、忘れていました。忘れちゃだめだ。

今晩のベッドでの絵本はもちろん赤ちゃん絵本のオンパレード!
でも最後に読む絵本はおかあさんがこっそり忍び込ませておいたこの絵本

あなたがだいすき

あなたがだいすき
鈴木 まもる ポプラ社

「あなたが~」のあなたの部分をいっくんにして、お互いにぴったりくっつきながら読みました。

子育てしていると迷うことや辛くなること、考えることを放棄したくなることも時としてありますが、
物事をあえて複雑化させて自分を追い詰めなくても、もっともっとシンプルに、
今日みたいにたとえば息子がお腹の中にいたときの気持ち、小さな赤ちゃんだったときのこと、
そういう気持ちを思い出せば、毎日がもっともっと輝くのだとちょっと気付いた一日になりました。
今日も一日息子と健康に笑顔で過ごせたことに感謝します。

+いっくん 2歳5ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-15 22:05 | ■チルドレン大学(~2014)