はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

Vol. 63: MG27 いろいろないぬ


今回のマザーグースは「Bow, wow, wow! Whose dog art thou?…」

手持ちのCDに入っていたので歌ってあげたのですが、
Little Tom Tinker’s dog♪ のところが案外早口で難しかったです^^;;
最近練習せずにぶっつけ本番でマザーグースを読んでいるのがいけないかった;;

それでもゆっくりbow wowと読んでいると真似してバウバウ発音していました笑
ここのところ、真似っこが上手なのでマザーグースの覚えも良いです!

やっぱりメロディがついている方が反応がいいな~
e0269946_19174493.jpg
気に入ったようでいそいそとブックシェルフに入れたり出したりしていました。
一緒に遊んだマザーグースもこれが27つめで棚がプリントカードでいっぱいだ~

今回のネットワークテーマはストレートに「犬」のようです。

息子は犬アレルギーです。。。
でも見るのはだいすき!お買い物にいくとペットショップから離れません。。。

よーし、どんな犬がいるのか絵本で調べてみよう~
e0269946_19375284.jpg
いろいろないぬ 石井 桃子(著) 横内 襄(イラスト) 福音館書店

こちらはなんと夫が幼少期読んでいた絵本!
遭難救助犬や盲導犬、狩猟犬など働く犬がたくさんでてきます。
こどものともシリーズの1冊のようですが、図書館にならハードカバーあるかな?

こちらは息子が図書館で自分で選んだ本

あそびのおうさまずかん・ペット (あそびのおうさまずかん しぜん・せいかつ 13)
あそびのおうさまずかん・ペット (あそびのおうさまずかん しぜん・せいかつ 13)
今泉 忠明(監修) 学習研究社

e0269946_1941446.jpg
ペットがたくさんのっている写真図鑑のようなもの。
愛玩動物としてのたくさんの種類の犬とその特性が説明されていました。
得意技や遊び方なども載っていて息子の目がキラキラ輝いていました。
いちばん目を輝かせたのはモルモットのページだったりしますが^^;;

犬って賢いね、働いてくれたりかわいいペットになってくれたりしているんだね、
寒いところでも平気な犬や暑いところで生きている犬もいるんだね、
ウルフハウンドみたいに大きいのや、チワワみたいに小さくても全部犬なんだね、
などなど、犬についての話は尽きることがなかったです。

プラスして、息子にはアレルギーのお話をしました。
犬はかわいいけれどたくさん触るといっくんは痒くなっちゃうからね、
お薬毎日飲んでいるから大きくなったら治るからね、
そうしたらいっぱいわんちゃんとも遊ぼうね、という感じで…

投薬治療も悩みましたが、信頼できる先生に巡り合えたので続けています。
その甲斐あってか成長して体が丈夫になったのもあるのか最近よくなってきているようです。
前はダメだったものが食べても平気になってきているのを見るのはうれしい*^^*

本を見ながら「いっくん わんちゃん!」と言いながら舌を出してハッハッと短い息を出す息子。
どうやら散歩の時に見た犬の様子を真似してくれたようで… かわいいなぁ、もう!

彼が犬と目いっぱい遊んでも大丈夫になる日もそう遠くないといいなぁと願う母心です。

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ 応援ポチありがとうございます +
[PR]
by kakachan19 | 2012-08-28 20:28 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol. 62: 動画鑑賞と家族でプチ電車旅~♪


今回はEDUCATIONAL VIDEOS 5 ~エデュケーショナルビデオ~ の回でした。

e0269946_2051722.jpg
かばくんの鼻の穴~!指を突っ込まずにはいられないお年頃。。。

動画は忠告通り、スピリチュアルと科学を融合させた怪しさ満点の内容…笑
なんども最後まで通して観ようとしては心ここに非ず状態になったため、
今のわたしではこの動画は受け止められないんだぁな、と。。。

この世には科学だけでは説明しきれないものがあるとは思っています。
魂レベルでしかわからないこともたくさんあるのだと思います。
特に日本人はそういうものとうまく共存してきた人種なのだとも感じています。

わたし自身どちらかというと「ラッキー♪」で生かされてきた人間だと思っています(!?
いうなれば超自然的存在に助けられてきた人生だったのかもしれません(!!??

ちょっと気になったのでスピリチュアリティというのを調べてみました。
参考: スピリチュアリティ wikipedia

うーん、バタバタの日常を抜けて、わたしの心のざわめきが鎮まったらもう一度観てみよう。

+++++

バタバタざわざわな日々を過ごしています。

週末は家族で電車にのって名古屋へ出かけました~
e0269946_2065465.jpg
窓から見える景色を眺めていたら「アレアレ!」と息子が指さし。

そこには砂利を突き固めるおしごとをする電車?がありました。
マルチプルタイタンパーっていうのりものかな?)

ちょうど今図書館から借りているこの絵本にでてきたのりものだね!

はしるはしるとっきゅうれっしゃ (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん)

はしるはしるとっきゅうれっしゃ (かがくのとも傑作集 わくわく・にんげん)
横溝 英一(著) 福音館書店

他にも鉄橋を渡るときには「あれがトラスだね!」だのなんだの家族で盛り上がりました~

ちょっとボリュームが大きいのでは?と、息子が持ってきたときは躊躇したのですが、
彼が興味をひかれた部分を補足する形で読んであげたりしたのがよかったのか、
借りた日からずっと読んで!攻撃を受けています。。。ちゃんと最後まで聞いてくれるからまぁよし。 

なかなか文章量が多くて、夫も最初は読むのをめんどくさがったのですが^^;;
家族で同じ知識を共有できて、電車旅の思い出も増えたので今ではすっかりお気に入りです*^^*

昨晩も今晩もこの絵本を選び、読むたびに「いっくん これみた!」と得意顔。
最近の息子は自分で絵本と外の世界をネットワークしてくれるのでおもしろいです♪

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ 応援ポチありがとうございます +
[PR]
by kakachan19 | 2012-08-27 20:41 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol. 61: MG26 たべもの=いのちのリレー


今回のマザーグースは「There was an old man, And he had a calf...」

前回更新から1週間も経っていますね…
この1週間何をしていたかよく思い出せません;;

コンテンツ自体は今日より前に読んで、どうしようかな~と考えていました。
プリントアウトしたマザーグースには可愛い仔牛が描かれていますが、
今回はその可愛い面(=生き物)と現実の面(=食べ物)の両面にスポットを当てて
それぞれの面を考え、それに沿った動画を見ることができる形になっていました。

人間の都合で愛玩にも食物にも成りえる動物たち。
覚悟をもって視聴するよう注意されていた最後の動画は本当にえぐい内容でした。
でも、そのえぐさが現実… 「いただきます」の言葉の意味を今一度噛みしめました。

大人の学びはここまでで、息子にはチル大からのアドバイス通り
「食物連鎖」をテーマにしてマザーグースをネットワークしようかなぁ、と計画。

いつもの通りにプリントをセットして置いておくと、見つけた途端嬉しそうに持ってきた~
e0269946_2325412.jpg
牛に興味がいくかな?と思っていたら、意外にも最初に反応したのはほうきの絵。
かけておいたほうきを持ってきて「いっしょ~♪」と確認していました。
最近わたしがほうきで掃除するのにはまっているからかなぁ、と見ていたら
e0269946_2345913.jpg
「いっくん おそうじ しゅるの」とほうきとちりとりをもってきて掃除し始めました。
息子用に用意していた小さいほうきだったのですが(最近わたしが使ってるけど…;;)
まだまだ上手には掃けていないかなぁ。毎日のお掃除が提示になるといいなぁ。

息子が自分でほうきにネットワークしてしまったので、このままお掃除タイムに突入。
片付いたところで気持ちも新たにわたしから食物連鎖へのネットワーク開始~

とはいってもテーマ的に2歳の息子にどうやって説明するか迷う…
やっぱり絵本がいいかなと思い、チル大先輩tamaこと石井さんのブログを参考にしました。

食物連鎖の絵本<食育テーマ> おすすめ読み聞かせ日本語絵本・英語絵本リスト

息子用にはがぶりもぐもぐ! (大型絵本―かがくとなかよし)がわかりやすそうで、
わたしは個人的趣味でいわしくんが気になったのですが、
残念ながらどちらも図書館で借りられなかったので、別の絵本を2冊見繕って借りました。

1冊目のコチラの絵本は石井さんのブログで紹介されていたもの

たべることはつながること―しょくもつれんさのはなし (みつけようかがく)

たべることはつながること―しょくもつれんさのはなし (みつけようかがく)
パトリシア ローバー(著) ホリー ケラー(イラスト) ほそや あおい、くらた たかし(翻訳) 福音館書店

内容がしっかりしていてとてもわかりやすく、わたしが勉強になりました!
息子2歳くんには想定していた通り難易度が高すぎたのでおかあさんが再説明~!
e0269946_23233728.jpg
まぁ、こういう感じよ、と適当に黒板でおさらい。
が、黒板でのお絵かきが楽しくなってしまい途中脱線気味だったのはご愛嬌^^;;

一通り楽しんだ後のもう1冊はコチラ

うみのほん―たべものリレー

うみのほん―たべものリレー
まつざわ せいじ(著) ともなが たろ(イラスト) 文化出版局

わたしの趣味に走って海洋生物のいのちのリレー絵本をチョイス。
なかなか情報満載で大人が読んでも(むしろ大人のほうが!?)楽しめる~!
イラストも好みだったのもあり息子そっちのけでふむふむと読んでしまいましたが、
「いっくんも よむ~!!」と怒られてしまったので、ボリューム調整しながら読んであげました。

あ、これはいいページだね~
e0269946_2330283.jpg
フィギュアもリレーに参加?いのちはこうやって巡っているんだね。

途中チャイムがなって、受け取ったのは
e0269946_23352570.jpg
取り寄せているお野菜セット!ながーいナスに息子は夢中;;野菜もいのちなんだよ。

今回何度も「いのち」という単語に触れた息子ですが、まだまだ意味は分かっていないかな。

いのちを頂いて生かされていることを上手に伝えてあげたいけれど、
これはもう毎日の生活の中で折に触れそういう姿をみせるのが本来かなぁと思います。

「生きることは食べること」
我が家(わたし)のテーマです。食べることは生きること、ではなくてあえてこの順で。
甘いものをあげたり、お腹がすかないよう意識しすぎてご飯を盛りすぎたりと失敗?もしますが、
自分の体の声を聴くこと、残さないように食べることなどを息子には伝えたいです。

おまけ!我が家で今いちばん新しいいのち。
e0269946_23522090.jpg
写真はわかりにくいですが、カブトムシのたまごが孵って幼虫が生れました*^^*
明日は息子と餌の朽木を買いに行って森のいのちのリレーのお話をしようと思います♪

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ 応援ポチありがとうございます +
[PR]
by kakachan19 | 2012-08-23 00:02 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol. 60: MG25 パトカーパトカーパトカー!


今回のマザーグースは「There was a man and he had naught…」

イラストをプリントアウトしてみたけれどなんだかちょっぴり怖い感じ…
これは感受性の強いわが息子には刺激が強いかしら…?

とは思いつつ、一応セットしておいたら自分で見つけて読んでともってきました。

最初はイラストにあるお月さまに気づいてうれしそうだったのですが、
読み上げながら内容を説明していくと顔が曇っていき…
e0269946_21502568.jpg
ナイフもって怖い人たちが追いかけてく来てるね、と説明した時点で
不安がピークに達したのかわたしの膝に顔をうずめて抱き着いてきました…
大丈夫だよ~と慰めつつ、ちゃっかり写真を撮るダメかあちゃん…(笑)

「社会を守るシステム(犯罪⇒警察)について年齢に合わせて話す」という提案があったので、
パトカーだいすきっこな息子を元気づけるために絵本を使って警察のお仕事を説明~!

がんばれ!パトカー

がんばれ!パトカー
竹下 文子(著) 鈴木 まもる(イラスト) 偕成社

竹下文子、鈴木まもるペアののりもの絵本は息子の大好物*^^*
コチラの絵本はおまわりさんの日常から緊急時までのお仕事が楽しんで理解できます。
途中でてくる強盗たちがステレオタイプすぎて、また捕まえるシーンは圧巻で親も楽しめます♪

おまわりさんのお仕事を一通り復習した後で(この絵本はだいすきすぎてもう何度も読んでいる)、
コンテンツにて「創作の練習」という提案があったので、ちょっと息子とお話しつくりをしてみました。

おうちにあるパトカー大集合~!
e0269946_21594215.jpg
絵本のパトカーが強盗たちを追い詰めるシーンを再現しつつ。
列車に乗って泥棒が逃げている設定にしてみたのだけれど、
乗せた人形は息子にとってはどれも大切で泥棒扱いできなかったらしい…(笑)

雨が降るのか降らないのかよくわからない天候だったので、
今日はおうちでこんな風に遊びながら過ごしていたのですが、体力が余っていた息子、
昼寝が遅くなり、しかもわたしも一緒に熟睡してしまい起きたら15時…!

あぁ、これは夜眠れないよなぁ、とちょっと考えて、夕飯を食べた後にお散歩に行ってみました。

夕方18時のお散歩は、早朝のお散歩とまた違った空気感。
あたたかさは残っているけれど日中よりは心地よい風を感じながら、
夕日が沈んでお空の色が変わっていく不思議さを息子と二人でみながら歩きました。

少しだけ秋の気配?虫の鳴き声がリーンリーン、ジィジィと聴こえてきて…
「いっくんと虫さんとどっちがお歌上手かなぁ?」なんてちょっとしゃがんで聴いてみたり。
そのあとは「あれ~マツムシが~鳴いている~♪」なんて歌いながらお散歩♪

いつも決まったタイムスケジュールで動いているからこその非日常感?
こういうちょっと特別な感じも夏休みっぽいな~と思っていたら息子がわたしの手を引っ張る!

なんだなんだとみてみたら
e0269946_2214398.jpg
なんとぴっくり、パトカーがパトランプを点けて(NOサイレン)信号待ちをしていました。

絵本でパトロールの事を復習したところだったので息子は大興奮!
わたしは写真を恐る恐る数枚撮らせてもらいつつ息子と観察していたら、
信号が緑に代わって出発する瞬間にマイクで「バイバイ~!」と言ってくれました…!
優しいおまわりさん、どうもありがとうございました*^^*

ナイフを持った怖い人たちのことなどすっかり忘れて頭はパトカーでいっぱい!
「パトカーミタネ!パトカーミチャッタネ!」と寝付くまでずっと大はしゃぎの息子でした。

チル大を始めてからより強く感じるのですが、息子は運がいい子かも?
なにかをしているとちゃんとそれに関連したものが向こうからやってきてくれるような。

学びを意識してチル大ベースな日々を生きているからこそかもしれませんね。
最近いろいろなことに感謝をしたくてしょうがないわたしです。

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ 応援ポチありがとうございます +
[PR]
by kakachan19 | 2012-08-15 22:30 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol.59: いっくんの夏休み(美術館デビューや水克服など)

e0269946_16424442.jpg
暑いですね~空や草が夏休みっぽい近所の公園風景♪


今回はENTERTAINMENT 4 ~エンターテイメント~ の日ということで、
コンテンツ内のクリックゲームを(わたしが)楽しみました(馬の歌のゲームがすき)♪

息子にマウスを与えるのはまだ早いとわたしは判断しているので、
彼にはエンターテイメントとして夏休みらしい日々を過ごしてもらっています。

わが夫は仕事で参加しているプロジェクトが佳境で今年はお盆休みがありません…
ですが少ない休日を目いっぱい息子との時間として過ごしてくれています。

そんな(親ばかな)日々の写真をシェアさせてください*^^*

冒頭の近所の公園は夫と息子のお気に入り♪
e0269946_16462447.jpg
早朝二人でよく出かけていきます。今回は馬のお散歩に遭遇したそうです!

やなせたかしの世界展
e0269946_16471282.jpg
高浜市やきものの里かわら美術館にて。(詳細はコチラ
無料券をいただいたのでいってみました。祝息子美術館デビュー!
肝心のアートですがすごく良かったです。一気にファンになりました。
展覧会を開催しているかわら美術館さんでは、毎週木曜日、10時から12時は
「こどものじかん」として親子で会話を楽しんでの鑑賞OKだそうです!
色々なワークショップも開催されていていつか息子と参加してみたい~
こういう取り組みはありがたいです。つぎは絵本展みたいなのでまた行ってみようと思います。

しかし息子はというと、眠さもあってかあまり良い子ではいてくれず…

結局は美術館の外にあった噴水と流れで水浴び…!
e0269946_16521363.jpg
最初は怖がって靴下を脱ぐのも拒否していたのに、
わたしの手を握りつつも流れに入ってしまったら楽しさが勝ったようで大はしゃぎ!
しまいにはわたしにも「オカーシャン クツ ヌグ!」と命令し(!?)、
親子で裸足&びちゃびちゃになって遊ぶ羽目になりました^^;;

これですっかり味を占めたようで
e0269946_16535532.jpg
おとうさんとこれまた近所のちびっこパークにいきパンツ一丁で水遊び~

感覚過敏くんでお外での水遊びをまったくせずちょっとやきもきしていたのですが、
これで水に対しての感情は克服してくれたようなのでちょっと成長を感じてうれしいです。

追記:忘れていた~!
e0269946_17553212.jpg
部屋の窓越しに花火大会の花火も楽しみました!夏といえばこれ!

暑い日が続きますが皆さま良いお盆をお過ごしください*^^*

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ 応援ポチありがとうございます +
[PR]
by kakachan19 | 2012-08-13 17:00 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol. 58: MG24 おしごとをしてニコニコになろう♪


今回のマザーグースは「There was an old woman who lived in a shoe...」

靴の中に住んでいるとはこれいかに?
e0269946_17505786.jpg
今回も「コレコレ?」と意味を聞いてくる息子。
おかあさんにみんな怒られてるねぇ、えーんえーんしてるねぇ、と説明したら不安げな顔に。
何度か読んであげましたが、怒られているという内容があまり好きになれなかったようで、
「モーイイ!(もういいよ!)」としまいには言われてしまいました。怖いのは嫌なんだね。

本日の学びは「子どもへの怒りへの理由と対処法」とでもいえばいいのかな?

コンテンツでは必要以上に怒ってしまう時に注意する点が2つ挙げられていましたが、
どちらも心当たりがありすぎて、どきっ!どきどきっ!としてしまいました^^;;

モンテッソーリやチルドレン大学の教えを学んだことで、
息子に対して理不尽に怒ることようなことはそうない(はず)と思っているわたしですが、
それでもやっぱり時にはイライラが抑えられずに息子にぶつけることがあります。
いや、時には、どころか結構毎日なんやかんや怒っていますね… ごめんよ、息子…

時折子どもに対して怒ったことがない、という人の話をきくことがありますが、
わたしはそれがどうも信じられなくて… と思ったらマミ~もその一人だったようで。
わたしの祖母も本当に怒らなかった人で、怒られたという人を父含め見たことがないため、
やっぱりそういう人って存在するんだなぁ、とちょっと自分の事が悲しくなりました。

わたしはわたしだから、わたしができるベストをするしかないですね。

挙げられていた2つの点を今後注意していくのはもちろんですが、
わたしの場合はそれにプラスして、怒りの原因となることを取り除いておくことを心がけます。

それにはやっぱりモンテッソーリの環境設定とおしごと!
自分でできるように環境が整えられていれば子どものプライドを傷つけずに済みますし、
やられたらちょっと困っちゃうなということも、おしごとでやってもらえばみんな笑顔*^^*
ぐぐっと集中してやりとげたあと息子は充実感からかとても素直になってくれます。
(これは集中現象後の正常化、という認識でいます。合っているかな?)

ということで、最近息子が取り組んでいるおしごと~

くるくるくる~ ぱっ!
e0269946_18201927.jpg
クリームケースをまわして開けるおしごとです。
元に戻すときのために蓋と容器の底に同じ絵を描いたシールを貼っています。
あとこれは余分なのかもですが、蓋と同じ色のモールを容器に入れているときもあります。

ぐっとして~ ぱちん!
e0269946_18261925.jpg
クリップをケースのふちに挟むおしごとです。
洗濯バサミからの移行ができなくて、???となっていたのですが、
なんのことはない、わたしが息子の手の力にあったクリップを用意できていなかっただけでした…
敏感期の見極めもそうですが、その子にあった道具かどうかもちゃんと見ないとダメですね。
そろそろハサミのおしごともやってみてもいいかなぁ?

これは環境設定?クッキングのおしごと?
e0269946_18293830.jpg
やりたい!やりたい!というのをはねつけてしまうと、お互いイライラしやすいです。
危なくないように環境を整えてあげて、言葉でなく実際に見せてあげて(提示)、
できるだけやりたがることをやらせてあげるようにしています。火は怖いですけどね…

坂本廣子の台所育児―一歳から包丁を

坂本廣子の台所育児―一歳から包丁を
坂本 廣子(著) まつもと きなこ(イラスト) 農山漁村文化協会

こちらには火の怖さを体感させるためにマッチを擦らせてあげるといい、とありましたが…
息子の手がマッチが擦れるようになるまで成長したらやってみようと思います。
クッキングのおしごとを家庭でするのに役に立つ本だと思います~

あいかわらずクッキーつくりにもはまっています
e0269946_18374432.jpg
型抜きでてんやわんやすることが多かったのですが、
生地を型抜きしやすい固さに調整する&型を小さいものに限定することで、
息子だけでもより簡単に抜けるようになってお互いのプチイライラが減りました。
麺棒を使って生地を伸ばすこともやりやすくなり息子もニコニコ笑顔です。
こういうちょっとした工夫が大切なんだなぁ、と最近息子から学んでいます。

いちばん大切なのは、もうとことん付き合う覚悟!?
e0269946_18543942.jpg
炎天下の中ずーーーーーっとクレーン車を見ていた息子に満足するまで付き合う、という。
息子の歩幅に、呼吸に、興味にできるだけ合わせてあげようと思います。

全く怒らないおかあさんに今すぐなる!というのは難しいのですが(ごめんよ、息子)、
毎日なにかひとつでもいいから良い方向にもっていくことにフォーカスしようと思います。

そうだ、マミ~が怒らない母親でいられたとっておきの「叱り方のテクニック」が、
Vol.65で詳しくシェアされるそうで… うーん、読むのが楽しみです~


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ ランキングに参加しています +
[PR]
by kakachan19 | 2012-08-08 19:01 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol. 57: MG23 お月さまとセンスオブワンダー


今回のマザーグースは「Wee Willie Winkie runs through the town...」

e0269946_143215.jpg
これは数日前勉強の小休憩中にベランダから眺めた夜のお月様~


連日4時起きが続いていた息子にぐったりなわたし、
週末は2時起きをやめて朝まで一緒に寝てみたら、普通に6時前後に起きてきました。
どうも一緒に寝ないと早く起きすぎちゃうようで… まぁ、繊細くんだこと…

今回のコンテンツではこどものバイオリズムについて少し記載があるのですが、
わが息子は朝型でいいのかなぁ?というかもしかしたらショートスリーパー!?
夫婦そろって夜型ロングスリーパーなので信じられません… 
睡眠より遊びたい!が勝っているのかな。今後の成長に期待、って寝坊助くんになっても困るか…

肝心のマザーグースはコレクションCDに入っていたのでかけながら一緒に聴きました。
どうも文字に興味があるようなのでMGプリントの詩部分を音に合わせてなぞってあげました。
e0269946_13592386.jpg
モットちゃんたちと一緒にじっと聴き入っていました。

「コレコレ?」と絵を指さしながら意味を聞いてくるので、
Willieさんが赤ちゃんがねんねしているか窓から確認してるんだねぇ、と説明しましたが、
よく考えるとナイトガウンを着た男性が夜10時に窓からのぞきこんでたらホラーだ…
そういう意味では夏にぴったりのマザーグースかも!?わたしは怖いのは苦手ですが…

コンテンツはもちろんホラーにネットワークしていくわけではなく(笑)
今回は「お月さま」について学んでみましょうという内容になっていました。

夏になりすっかり日が高くなっていてお月さまを見ていなかった今日この頃の息子ですが、
幸か不幸か早朝のお散歩でお月さまを見る機会が増えていたのでタイムリー♪

朝の4時台後半、いつものおさんぽ道をはさんで
e0269946_14361392.jpg
小高くなっている畑側(写真左手)にはお月さまが「もう行くね~」
e0269946_14351937.jpg
緑が映えるたんぼ側(写真右手)には昇ってきたばかりのお日さまが「おはよう!」
e0269946_14344239.jpg
こういうのをみると「センスオブワンダー」を強く意識します。
(センスオブワンダー:美しいもの、未知なもの、神秘的なものに目を見はる感性)

センス・オブ・ワンダー

センス・オブ・ワンダー
レイチェル・L. カーソン(著) 上遠 恵子(翻訳) 新潮社

心からおすすめの本です。わたしが持っているのは英語verですが日本語verも写真が美しいそうです。

『知る』ことは『感じる』ことの半分も重要ではない - レイチェル・カーソン
(It is not half so important to know as to feel)
この言葉はわたしの子育てにおける大切なテーマになっています。
チル大でもモンテッソーリでも同じことをいっていますね。育児のコアなんでしょうね。

息子もお散歩中お月さまがずっと一緒にいてくれたり、かと思えば高い建物にかくれんぼしたり、
お日さまが一瞬にしてでてきたと思ったらあたりがオレンジ色になったりするのを体験し、
いつもとちがう早朝の少し凛とした空気も手伝ってか心を躍らせているように見えました。

ネットワーク~ネットワーク~♪
息子が気に入っているお月さま絵本を読みました。
e0269946_1525319.jpg
お月さまに「イックン コレミタ!ヨシヨシ~」だそうです。

おつきさま こっちむいて (幼児絵本 ふしぎなたねシリーズ)

おつきさま こっちむいて (幼児絵本 ふしぎなたねシリーズ)
片山令子(著) 片山 健(イラスト) 福音館書店

お月さまが形を変えること、昼間も見えるときがあること、いつもついてくることなど、
子どもが自然にお月さまに抱く不思議さに上手に寄り添ってくれる絵本です。
思えば息子がふしぎなたねシリーズにはまったきっかけはこの絵本でした。
そして図書館で息子自ら発見して借りたはじめての絵本でもあります。なぜこれだったのか不思議~

絵本の中にでてくる電線を綱渡りするお月さまも見たもんね~
e0269946_15431371.jpg
一緒に写真を見せてあげると「コレコレ!イックン コレミタ!」と何とも嬉しそうでした。

今はお月さままんまるだけど絵本みたいに半分になったりもするんだよ、とお話ししてみました。
そうしたらまんまるに反応して図書館で借りた絵本をもってきました。

まるくて おいしいよ (0.1.2.えほん)

まるくて おいしいよ (0.1.2.えほん)
こにし えいこ(著) 福音館書店

やっぱり君は食いしん坊なんだね…

お月さまのこと、キネセティックに学ぶ方法やわかりやすい動画なども用意されていましたが、
どちらも息子がもう少し大きくなるまでのお楽しみにしてとっておこうと思います。
(正確には、動画はみせてみたけれどまだ楽しんで理解していないな、と思ったという所です)

動画に関連して、検索してでてきたサイトの実験は一緒にやってみてもいいかな~
ニコン チャンネル > キッズアイランド > 光のふしぎ > 月の形のふしぎ (月の形を変えてみよう )

せっかくなので、そのまま流れで懐かしいおつきさま絵本も読んでみました。

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)

おつきさまこんばんは―くつくつあるけのほん4 (福音館 あかちゃんの絵本)
林 明子(著) 福音館書店

「オツキサマ ニコニコキ~(お月さまにこにこ期~)」が感想のようです。
息子はイヤイヤ期という言葉を応用してなんにでも○○期とつけてきます… 模倣期だものね…
この絵本は0歳のクリスマスに親友が息子に贈ってくれたプレゼントなのですが、
息子10ヶ月の時だったかな?雲が月を隠してしまうシーンで涙を流した思い出深い絵本です。
「だめだめくもさん」というと顔がみるみる崩れて涙を流しだしてびっくりしたのを思い出します。

親ばかですが、息子は結構繊細で豊かな感性を持った子に育っていると思います。
もちろんもともとの性質としてそういう部分が強いのもありそうです。
それ故に難しいな、育てにくいな、と感じるときも正直ありますが、
その部分を神様から与えられたギフトと捉えて上手にサポートしてあげたいものです。

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ ランキングに参加しています +
[PR]
by kakachan19 | 2012-08-06 15:45 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol. 56: ぼくのおしごと 早起き編

e0269946_11393287.jpg
                 今朝も息子は超早起き!日の出前にお散歩!?詳しくはのちほど…

今日はBROAD EDUCATION 4 ~幅広い教育~ の日ということで、
Vol. 54の続きとして、マミ~が実践したサバイバルモードストーリーを読みました。

読了後の感想は「すごい…」。
というより、この一言以外感想として出てきません;;

とりあえず、わたしがストーリーから拾ったキーワードは「負荷」。

「子どもが何かを欲する前に与え続けることは、
 それが例え、物であっても情報であっても知識であっても、
 子どもの意欲を抹殺させてしまうことに、繋がるのではないか」

コンテンツにあったこの文言は特にわたしが学ぶべきポイントそのものでした。
特に反省すべきはおもちゃの与え方で、息子可愛さ+わたしも好きなのもあり、
かつ両家初孫という恵まれた立ち位置(?)の息子は欲しいと思う前におもちゃがそこにある状態。
欲しいものを我慢した後に手に入れるときの楽しさも覚えてほしいと思い、
今後は記念日以外は基本的に親からは特別なおもちゃを与えない方針にしました。

待つことの楽しさを教えてあげようという観点に気づかされた本です↓

アドラー博士が教える 子どもの「がまんできる心」を引きだす本―小さなきっかけから、自信とやる気がみるみる育つヒント

アドラー博士が教える 子どもの「がまんできる心」を引きだす本―小さなきっかけから、自信とやる気がみるみる育つヒント
星 一郎(著) 青春出版社

意欲は自立につながるという観点もモンテッソーリに通じるところがあるなぁ。
もっと知りたい!自分でやってみたい!の気持ちをこれからも大切にしてあげよう。

ということで、ここからは今朝の出来事。

数日前から2時起き生活をして勉強時間を確保しているわたしですが、
なんと、息子もつられてか毎朝4時に起きるようになってしまいました…

正直涙目状態のわたしです。が、こればかりは仕方ない…

せっかく工夫して時間をつくったのに…!
という気持ちを息子にぶつけないために、早朝のお散歩を決行してきました。
朝の4時台… まだお月様がでていました。ちょっとうっとり。

なになに?「イックン モチュ!」だそうで…
e0269946_11332716.jpg
今日はプラゴミの日だったのでひとつお願いして一緒に持っていってもらいました。
軽いプラゴミでいちばん中身の少ない袋だったのもあり足取りが軽快♪

「イックン ココニ オク~!」
e0269946_11345790.jpg
ちゃんとゴミ捨て場に置いてくれました。朝早いだけあって出されているゴミの量が少なかったです。

両手が軽くなったゆったり帰り道のはずが寄り道~

「ザリガニサン ハヨ~!」
e0269946_11385494.jpg
いつもチェックする用水路のザリガニにご挨拶。ザリガニは突然のことにびっくりして跳ねていました(笑)

ここでミミズに遭遇~
e0269946_1137436.jpg
アリに噛まれて逃げ惑う姿を凝視する息子。
生きるということは生物界では食べるか食べられるかなんだねぇ、と伝えておきました。
しかしなぜミミズはわざわざ土から這い出してきて自ら干からびていくのだろう…長年の謎…
そんなことに思いをはせているとミミズをつついてはその指をわたしの服で拭う息子…やめて…

そうこうしていたら日が昇ってきたので、
反対側(月が見える方)が夜でこちら(太陽側)が朝だ~!と息子とわくわく。
ついでにお日様は東から昇るんだよ、だからあちらが東だね、とお勉強も忘れずに(笑)

「イックン コレ シマウノ~!」
e0269946_11413912.jpg
最近お散歩のたびに石を拾っては持ち帰り集めています。小さいものへの敏感期?

「イックン ヤル! イックン アケル!」
e0269946_11423352.jpg
下のカギだけ開けてもらいました。ガチャガチャ何度も開け閉めするので適度なところで制止;;

「カブトムシ ゴハン アゲル!」
e0269946_11433625.jpg
はいはい、朝の日課ね。ということで最近は息子がエサやり係りです。
本当は夕方にあげるみたいだけれど、納得してくれないので朝のお仕事;;
今我が家にはカブトムシのオスとメスが5匹ずついます…!頂きすぎ…!

あぁ、朝の数時間だけ見ても、息子の「イックンガ!ジブンデ!」がこんなにたくさん…
自我に目覚める2歳児というのもあるけれど、その意味を知っていないと親が根負けしそう。

って、息子がお昼寝から目覚めたようです。正直もうちょっと寝てほしい。。。
仕方ないので午後も彼の「ジブンデヤル!」にとことん付き合ってきます…!

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ ランキングに参加しています +
[PR]
by kakachan19 | 2012-08-03 12:38 | ■チルドレン大学(~2014)