はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧

Vol. 40: MG12‏ やっぱりおうたがすき♪


今回のマザーグースは「Hush-a-bye, Baby...」

今回は何と「マザーグースを歌ってみる?」との提案が…!
今まで歌を楽しんできたわたしとしてはちょっと嬉しかったです。

今日は買い物に行く予定があったので、車で移動~
基本家では音楽をあまりかけない生活なのですが、車ではよく聴きます。
息子のお気に入りはしょうこおねえさんの童謡クインテットのCDです。

今日は、マザーグースのレパートリーも10を超えたので、
先日購入したマザーグースのCDをナビに録音してかけてみました。

最初は「???」といつものCDをリクエストされたのですが、
しばらく流していると知っている歌が流れてきてびっくり!といった表情。
飽きないように知っている曲がでるよう曲順を調節しながらかけていたら、
スーパーにつくころには「プシーチャン!」とリクエストされるようになりました。

1歳児とマザーグースを楽しむにはやっぱり歌がひとつの有効手段かも。

そんなこんなで用事をすませ帰宅すると、そのままお散歩にいきたいコール…!
昨日「どんなにだるくても明日はお散歩行こう」と決めたのでちゃんと行きました。

今日も虫取りです。虫嫌いなひとごめんなさい。
e0269946_2245331.jpg
シオカラトンボ、モンシロチョウ、モンキイチョウ、ナミテントウ、ナナホシテントウ!
「モグモグ!」と餌のつもりでたんぽぽやら桜の実やらもいれてにぎやかなことに。

これはなんのお花だろう…?
e0269946_22502845.jpg
気になったようでプチプチお花を摘んでいました。

このお花もとっても可愛らしい~
e0269946_22554414.jpg
やっぱり気になるようでプチプチ摘もうとしたので1つだけね、と諭しました。
「バアチャン アゲル~!」と。どうやらおばあちゃんにあげたかったらしいです。
これは絵本ぼくはあるいたまっすぐまっすぐ (世界こども図書館B)の影響かな。

アジサイがとてもきれいに咲いていました。
e0269946_22511059.jpg
虫の次はかたつむりとかカエルとか捕まえることになるのかしら。

結局15時から18時くらいまで3時間以上お外探索となりました。
帰宅しても玄関先でシャボン玉をしたり足けり車で遊んだりでなかなか家に入れない…

ごはん食べよう、と誘ってと何とか家に入れました…
まずは飼育かごを机の上に置いて、置きっぱなしだったマザーグースを発見。
e0269946_231502.jpg
「アカチャン ヨシヨシ~」と絵の赤ちゃんの頭をなでなでしていました。優しいのね。

しっかり遊んだからかいつも以上に夕食をよく食べ、よく笑い、素直でした。
お風呂もすんなり入ってくれて、わたしも心のトゲがぽろぽろ落ちました。

寝かしつけでは「Hush-a-bye, Baby...♪」と歌ってあげました。
内容はさておきメロディは子守唄調で歌っていて優しい気持ちになりました。
息子はプシーちゃんの曲(I love little pussy...)がいちばん好きなようですが…^^;;

子守唄やわらべ歌ってなぜか大人になっても覚えています。
そしてそれは優しさと懐かしさをともなって思いだすことが多いです。

息子にとってのマザーグースもそういうものになっていくといいなぁと思います。

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ ランキングに参加しています +
[PR]
by kakachan19 | 2012-05-31 23:18 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol. 39: MG11 ‏日本語&英語の手遊びうたであそぼう♪


今回のマザーグースは「I’ll tell you a story about Mary Morey...」

事前予習をするとき歌もチェックするのですが、CDに入ってない詩も結構あります。
今回のMGもメロディをつけてあげることができず、読み上げても反応が薄い…
e0269946_20504346.jpg
適当に歌ってみようかと思ったけれど、作曲のセンスがないわたしなので、
絵で興味を惹かせようかな、と先日つくった動物写真カードを渡してみました。
とりあえず「イッショ~」とマッチングはしましたがそれで終了~
深追いしてもしょうがないか、ということで、今回のマザーグースはそこでおしまい!

今回のコンテンツの「本日の学び」では、提示されていた様々な記憶方法を、
いかに自分自身と子どもの学びに応用して取り入れることができるかを問われました。

息子は長いお話なんかを記憶してアウトプットする年齢に達していないので、
今やるならどういう工夫ができるかな…と考えて思いだしたのが「手遊び歌」。

楽しくからだの部位の名称を覚えてみるのはどうだろう、ということで


「あたま かた ひざ ぽん♪」と息子に披露してみたらなぜか大笑い^^;;
肩と膝を覚えるかな~と何度かやってみてもウケルだけでマネはせず。

そんなこんなで楽しく遊んだあと、とりあえず家事を片づけようとせかせかしていたら
e0269946_21343752.jpg
ひとりでこっそり練習している息子を発見…!可愛いすぎます…笑
じっと観察していたら途中で気付かれて、恥ずかしげにはにかみ笑顔を見せてくれました。

ついでに英語バージョンの「head shoulders knees and toes」もやってみよう~


個人的にWigglesが大好きなのでこの動画をセレクト!息子には見せていません;;
しかしなぜか英語バージョンの方は最初「イヤ!!!」と拒否されました。
無理強いにならないよう気を付けつつ、様子を見て何度か見せていたら
途中から受け入れだしたけれど…なにが嫌だったのだろう?英語?うーん…

マザーグースも英語も楽しむためのツール以上のものを求めすぎないよう気を付けよう。

その他、本日の息子。今日はわたしの都合でおうちにこもっていました。
e0269946_21482434.jpg
椅子の下に電車を並べて一人ブツブツ… 何してるの?と聞いてみると、
いっくんとかーかーちゃんが電車にのってスーパーに黒豆を買いに来た所らしいです笑
最近の彼は想像力がかなり逞しくなってきているのを感じます。てか黒豆って^^;;

どんどん並べるよ~ シュッシュポッポッ♪
e0269946_21533846.jpg
並べる敏感期強化中?ただの線路渋滞だったりするかも^^;;
汽車が車たちを運んでいるところらしいのですが… 汽車が先頭にいないぞ~

やっぱりおうちにこもっていると気持ちも空気も淀みがちです。
わたしの体力的にごろごろしていたい気分なのですが、やっぱり明日はお散歩いこう。


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ ランキングに参加しています +
[PR]
by kakachan19 | 2012-05-30 22:10 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol. 38: BROAD EDUCATION 2‏ - VAK うちの子はどのタイプ?


今回はVAKというタイプ分け診断のお話のようです。

Visual、Auditory、Kinestheticの3項目のそれぞれの説明を読んで、
息子は?わたしは?と考えてみたけれど、わたしの読解力ではイマイチピンとこず。

動画で情報を補完したところ、息子がAuditoryが混ざったKinestheticかな、
ついでにわたしはAuditoryが混ざったVisualタイプかな、と自己診断。

チル大を地道にこなして、目指すは親子でMultimodalな学習タイプ!

性別で性格が決まってしまうわけではないと思うけれど、
わが息子はご多望にもれずやんちゃでじっとしていられないTHE男の子。

何かに取り組んでいても興味が色々なところにそれていくようで、
ちゃんとやってよー!と、見ていて口を挟みたくなることもしょっちゅうです。
が、Kinestheticタイプにとっての学習とは何かを今回学んだので、
これからはもう少しじっと見守るorサポートに徹することができそうです。
知らなかったら学習の邪魔をしてたかもしれない… 知らないって怖い。

しかしKinestheticな息子でも、モンテのおしごと的取組みをしているとき、
特に集中現象がでているときは、それはそれはすごい集中力を見せてくれます。
彼の集中現象は、口がぽかんと空き息が少し荒くなっていくのでわかりやすいです(笑)

今日も息子は元気でやんちゃでイヤイヤくんでした。

玄米を精米器にセットしていたら、米びつに手を入れて邪魔しだしたので
e0269946_21395268.jpg
玄米を少し分けてあげました。スプーンでもくもくとあけ移し…
これで息子の魔の手からわが家の明日のゴハンが守られました!

最近の息子はお豆にはまっています
e0269946_21405044.jpg
枝豆、黒豆、豆腐で豆尽くし…(手抜き!見栄えが悪い食卓写真で申し訳ないです^^;;)
枝豆を食べるのが大好きで、ちょっと食べ過ぎで心配しちゃうくらい。
ということで、自分でサヤからだしてもらうようにしたらものすごい集中力!
出すことに夢中になって食べるペースが少し落ち着くのでいい感じです。

寝る前の読み聞かせ、今日手に入れたばかりの絵本を選びました。

おいしいおと (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

おいしいおと (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
三宮 麻由子(著) ふくしま あきえ(イラスト) 福音館書店

かぼちゃの煮物のページで目を輝かせたり、先日デビューしたウインナーの絵にも大喜び。
春巻きは食べたことないからか特に反応せず。しかし本当においしそうな絵本!

ほかにも、最近息子がよく一人でニヤニヤ眺めているのが「おにぎり」

おにぎり (幼児絵本シリーズ)

おにぎり (幼児絵本シリーズ)
平山 英三(著) 平山 和子(イラスト) 福音館書店

ここの所、朝起きぬけに「カーカーチャン、オニギリツクリュ!」とリクエストされます(笑)

今日夕飯をつくっているときに一人でぶつぶつ読んでいたのが「きゅっきゅっきゅ」

きゅっきゅっきゅっ―くつくつあるけのほん3 (福音館 あかちゃんの絵本)

きゅっきゅっきゅっ―くつくつあるけのほん3 (福音館 あかちゃんの絵本)
林 明子(著) 福音館書店

「ネズミチャン スープ モグモグモグ!ゴッサマー(ごちそうさま)!」だそうです。

最近の息子は食べることに多大なる喜びを感じているようです。
「食べることは生きること」がモットーなわたしとしては嬉しい限りです。
が、それほど料理が得意ではないので、息子の食欲についていけていません…!

プラスして、もうずっと食材選びに頭を悩ませる日々が続いています。
他に何も贅沢は言わないから、安心・安全な自然の恵みを享受できる世界であってほしい…
息子ふくむ子どもたちの「おいしい!」の笑顔を守ってあげたいと憂う母なのでした。

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ ランキングに参加しています +
[PR]
by kakachan19 | 2012-05-29 21:59 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol. 37: MG10 ネズミはチーズ!好物マッチングゲーム


今回のマザーグースは「Pretty John Watts...」です。

このコンテンツでは、チーズに焦点をあてているみたいで、
果てはピザで物理の比熱の概念を学ぶところまで広がっていきました…!

それが唯一の学びというわけではなく、身の回りにあるものすべてを教材にして、
(母)親が子に高度な知識を与えていく姿勢を学べるように、ということみたいです。

さてさて、うちの息子はアレルギーがありまして、卵と乳がダメなのです。
なのでチーズに焦点をあてるのは今は厳しいかなぁ、と別の案を模索…

息子の最近の興味の中心点は「食べる」こと。
プリントアウトした絵に描かれているネズミとチーズを眺めていてひらめきました。

とりあえずいつも通り事前準備~
e0269946_18522338.jpg
家族の情報スペースに飾る絵をレオ・レオニ氏のネズミさんのポスターに変えました。
絵本ポスターは何枚かもっていて普段はローテーションで飾っています。
机の上にあるのはプリントアウトしたマザーグースと、ひらめきで作ったカードです。

朝起きてきてポスターが変わっていることに気づく息子。
机の上にあるマザーグースも発見し、朝食を食べながら読むことになりました。
e0269946_1915438.jpg
いつも通り、お行儀悪く食べながらのインプット開始となってしまいました^^;;

息子は絵の中にキャンドルを発見して「Jack ジャーンプ!」と大喜び。
前々回からロウソクでつながっているのは、意味があるのかな。興味を持続させるため?
Nanny Etticoatちゃんの絵には直接ロウソクは描かれていないけれど、
チル大先輩のあーちゃんさんのブログで、なぞなぞになっていることを知りました。面白い!

ポスターと同じ絵のネズミさんの絵本はこちら

Let's Play

うちにある数少ない英語絵本のうちの1冊です。
マザーグースとあわせて、ネズミさんはチーズが好きなんだね~と前ふり…!

しかし日課のお散歩ははずせないので、一旦ここでマザーグースから離れまして、
今日も虫取り網をもってお散歩にでかけました。今日こそ狙うはトンボです。

いつも通りのんびり農道をお散歩しながらトンボを探し、ついに捕獲成功!
息子も大興奮で虫かごを自分で持つ!とがっしり抱きかかえて歩き出しました。

と、そこでちょこちょこお世話になっているご近所さんが声をかけてくださり、
少し玄関先でお話しさせてもらったら、なんと洋服のおさがりをたくさん頂けることに。
子育てをしていると、ご近所さんなどの周りの人の優しさが心に沁みます。

トンボと一緒にたくさんの荷物を持って帰宅~
e0269946_1995551.jpg
おさがりと一緒にいただいたお絵かきセットでさっそくトンボの絵を一緒に描きました。
図鑑で一緒に調べてみると、捕獲したのはシオカラトンボのメスみたい。
おさがりのアンパンマンTシャツにも袖を通し、この時ばかりは息子もご機嫌でした。

トンボをじっくり観察したあとは家事やお昼ご飯などをすませちょっと休憩。
どうもまた昼寝をしたくない感じだったので、わたしも覚悟を決めました。

「いっくん、新しいゲームしようか?」と誘ってみると、「ゲーム!」と喜ぶ息子。
作業用絨毯を自分で持ってきて床に広げ、早くやろうよ!とばかりの勢い。

ごはんもぐもぐゲームだよ~ だれがどのごはんをすきなのかな?
e0269946_19222769.jpg
ネズミはチーズ、ウサギは人参、リスはどんぐり・・・という感じでマッチングさせていきます。

これが息子のツボにクリティカルヒットしたようで、
「モッキャイ!モッキャイ!(もう1回!)」と何度も何度も遊ぶことになりました。

セレクトした動物と好物は息子が知っている組み合わせを中心にしましたが、
熊とはちみつなど知らないものも少し混ぜたので、ゲームを何度も繰り返すうちに、
息子の中にいくつか新しい知識がしみ込んでいってくれたようです。
かーかーちゃん夜なべして作った甲斐があったよ、息子よ。

e0269946_19335197.jpg今回使用した自作カードたち、
グーグル画像検索で適当に探した画像を
これまた適当にエクセルにひっぱてきて、
それをカードの大きさに加工してから印刷して
ラミネートしたのですが、まぁまぁの出来かな?

他にも虫と鳥のバージョンもあるのですが、
今日はお蔵入り。またそのうち遊ぼう~

そんなこんなで眠いけど昼寝はイヤ!という理不尽くんになんとか付き合い切りました。

今日はさぞかし眠かっただろうと思うのになんで昼寝が嫌なのか…
e0269946_19461993.jpg
実は昨日、昼寝を17時までしてしまった息子はちょっと特別で夜の空港探検を楽しみ、
昨晩は寝たのが22時過ぎ!でも今朝はいつもよりは遅めだけれど7時起き…!
眠くなかったはずはなく、今日はまたまた18時にバタンキューとなりました。

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ ランキングに参加しています +
[PR]
by kakachan19 | 2012-05-28 21:24 | ■チルドレン大学(~2014)

わが家のおトイレ事情 トイレットラーニング編

わが家のおトイレ事情 おむつなし育児編」の続きです。
(「おむつなし育児で役立ったもの」も宜しければ参考にどうぞ)

日中のおむつが取れたころから、ホーローおまるも卒業させました。
「させた」というのは、わたしがトイレでしてほしいと思ったからです… 今思えばダメダメだ…

e0269946_0592124.jpg少し前までのトイレです。

足場を用意したり工夫を試みましが、
家の構造でトイレに入るまでに段差があり、
さらに便座に座るのに段差がある…

一応自分で登って座ったりしましたが、
あまり快適そうではなかったです。


自律を促していくための環境づくりをしたいのに、
息子がわたしの手をひき抱き上げて便座にのせてほしいと要求するという日常に、
「なんだか違うんじゃないかな…?」と疑問を持ち始めたのがつい最近(遅い…)。

調べているとモンテッソーリの「トイレットラーニング」に行きつきました。
乳児環境セミナーなど専門の方が参加できる会で学べるようですが、
わたしは普通の育児中の母、情報がなくてどうしよう…と悩んでいた時に、

モンテッソーリな子育て LIVE  トイレット・ラーニング(1)

こちらのブログ記事にたどり着き、大いに参考になりました!
ブログ主さんはクーヨンBOOKSのモンテッソーリの子育てに登場されておられる方です。
他の記事もとても面白く参考になります。こういうブログの存在はありがたいです~

e0269946_1124038.jpgということで、最近のトイレです。
おまるになって逆戻り!?
いえいえ、これがとってもよくて、
息子は自分で座れる喜びの顔を見せてくれます。

スペースが限られるわが家では、
トイレの前の廊下がおまるスペースです。
すぐに一緒に中身を処分できていい感じです。


イヤイヤ真っ盛りのこの頃の息子は下着をはくのを全力で拒否するのですが

e0269946_1172067.jpgちょっとだけ履いてみようかな?という
気分になってくれることが出てきたみたい。

気長に習慣づくのを見守ります。

本当は椅子を用意したのですが、
一緒に購入した踏み台を気に入ってしまい
それを椅子代わりにしています…^^;;


おもらしすることはないので、汚れたパンツをいれる容器は用意していません。
仮にパンツが汚れたら、そのまま奥の洗面所の洗濯かごにポイっ!でいいかなぁ(ダメ?)。

目の前がトイレなので、ペーパーもすぐ取れますし、
消毒アルコールなどもそこに準備しておけるのでなかなか快適にやれています。
トイレのレバーを引くだけですんだのが、おまるの中身を捨てるひと手間は増えました。

が、息子の「自分で好きに座れる!」という満たされた顔をみると、
もう少し成長して自分でトイレに座れるようになるまではこれも悪くないな、と思います。
モンテッソーリの環境設定はやっぱり素晴らしいなぁと感心します。

というわけで、わが家のおトイレ事情でした~


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ ランキングに参加しています +
[PR]
by kakachan19 | 2012-05-28 01:35 | ■モンテッソーリ教育

おむつなし育児で役立ったもの


前回記事「わが家のおトイレ事情 おむつなし育児編」では、
勝手気ままに息子とのおむつなし育児の思い出だけ書いてしまったので^^;;
今回はわたしが参考にした本やらグッズやら記録に残しておきます。

おむつなし育児についての詳細は、
おむつなし育児HPというサイトの解説がわかりやすかったのでご参考まで。

e0269946_11162732.jpgまずはなにはなくともおまる。
とくに専用のものを用意せずとも、
家にある容器などを使用してもいいようですが、
わたしは見た目の愛らしさと使い勝手の良さを考えて、
おむつなし育児ではよく使われている
ホーロー製のおまる(20cm)を購入しました。
今はネットでなら購入しやすくなっていますね。
おむつなし育児が大分浸透してきているのかな。


写真で一緒に写っている絵本は

うんちがぽとん―おむつにさよなら!…のおはなし (まあくんのバイバイあかちゃんシリーズ 1)

うんちがぽとん―おむつにさよなら!…のおはなし (まあくんのバイバイあかちゃんシリーズ 1)
アロナ・フランケル(著、イラスト) さくま ゆみこ(翻訳) アリス館

お話し中に同じホーローおまるがでてくるので息子のお気に入りでした。
おまるに排泄した後は、絵本の主人公まぁくんと同じように、トイレにおまるの中身を捨てて、
「おしっこばいばーい!うんちばいばーい!」とするのが楽しみだったようです。

この絵本の存在をしったのがこちらの本からなのですが

布おむつで育ててみよう

布おむつで育ててみよう
アズマ カナコ(著) 文芸社

大人靴下を赤ちゃんレッグウォーマーにしたりというリメイク術も豊富にのっていて、
そのうちの一例にホーローおまるの便座カバーの作り方ものっており、
それを参考にして縫ったカバーは冬場は重宝しました。カバーも買うと結構します^^;;
裁縫が得意な人は作り方を見なくても自分で作れると思います~それくらい簡単!
本の内容は著者のHPそのままなので(多分)、そちらを読めばいいかと思います。
(参考:布オムツとこだわり育児日記 昔ながらのエコ子育て

わたしは当時図書館にて色々本を借りて参考にしましたが、
大体の理論と実践法がわかった段階で1冊だけ手元に置くため購入したのが↓

はじめてみませんか 布おむつ&おむつなし子育て―ナチュラルかわいい

はじめてみませんか 布おむつ&おむつなし子育て―ナチュラルかわいい
岸下 未樹(著) 主婦の友社

やっぱり日本人のお母さんの実践記録が身近で親近感がもてました。
あとは布おむつもおむつなしも一通り網羅していたのと、写真がきれいだったので。
ちなみに著者の娘さんも1歳3ヶ月でおむつが取れたそうです。

こう書くと早くにおむつがとれることを重要視しているように感じるかもしれませんが、
おむつなし育児の本来の目的はそこではなくて、こどもとのコミュニケーションだと思います。
ただ、結果として、その子のもっている能力の一番早いタイミングでおむつがとれるのかと。

これは余談でお恥ずかしい話ですが、わたし自身なんと小学校6年生までおねしょしていました。
病院に連れて行かれ恥ずかしい思いもしましたが、機能には問題がなかったそうで、
家庭のゴタゴタなど精神的な問題をかかえていたためだと思われます。

排泄機能の育ちや気持ちの問題など人それぞれな部分がきっとあるはずです。
ただ、おむつなしをすることで、その子がもっている本来の排泄機能を保ってあげられる、
そこがおむつなし育児をしていて感じた自然で素敵なことだったと思います。

追記: おまるの消毒で検索してきてくださる方がいるので書き足しです。
わたしはパストリーゼという消毒スプレーを使用していました、というか今も使っています。



















食品に直接噴射OKなくらい安全なのにノロウイルスにも効くというお助けマンです*^^*
大きいサイズを詰替えていますが、一度フローリングにこぼして床が白くなったことあり。。。
ワックス剤に反応しているだけで塗り替えれば大丈夫なようですが、そこだけ注意です^^;;

次こそは現在進行形の息子のおトイレ事情の記事を書きます~

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ ランキングに参加しています +
[PR]
by kakachan19 | 2012-05-27 11:58 | ■モンテッソーリ教育

わが家のおトイレ事情 おむつなし育児編

最近息子の排泄コーナーのテコ入れをしました。
いい機会なので、いままでの息子のおトイレ事情を記録してみます。

わたしがおむつなし育児を知ったのは妊娠中に図書館で借りた本からでした。

おむつをしないってどういうこと?と借りて読んでみたらすごくいい内容!
夫にも読んでもらうと、いいね~!と言ってくれトライすることになりました。

e0269946_2157504.jpg息子は布おむつで育てました。
とはいっても里帰りなし、頼る人なし、だったので、
無理せず状況に応じて紙おむつのお世話にもなりました。
布おむつはエンゼルの成型おむつを使用しました。
EC(おむつなし育児)用にホーローおまるも用意しました。
グッズはカゴにまとめて使いやすいように一工夫。
使っていなかった水筒にぬるま湯をいれておき、
ガーゼを湿らせておしりふきにしていました。


最初におまるでの排泄にトライしたのが息子が生後1ヶ月の頃。
ふと思いついておまるにささげてみたら(おまるに支えてのせる、のEC用語です)
すんなりちっちもうんうんもしてくれたのでびっくりしたのを思い出します。
ただ首も座っておらず少し不安だったので、首すわりまで本格的開始は待ちました。

息子が生後3ヶ月になった頃、夜中に苦しそうにうめいて寝なくなったことがあり、
もしかしておなかが痛いのかなぁ…とおまるにささげてみたら排泄をしてくれました。
するするーっと気持ちよさそうに排泄してくれたのが嬉しくて、ここからEC本格スタート。

おむつなし育児をするには、息子を本当によく観察する必要があり、
表情や声色、タイミングなど息子の色々なことがわかるようになりました。

e0269946_22113028.jpg夫も参加してくれました。
普段なかなか会えない父子の深い触れ合いでした。

夫が自分自身で息子の排泄サインに気付いた日、
夫も息子も深くつながりあう喜びの顔をしていました。

おむつなし育児はアメリカではECと呼ばれており、
Elimination Communication(排泄コミュニケーション)
の略なのですが、これはまさにコミュニケーションでした。


息子の成長とともにおむつなしとの付き合いも変化しました。
寝返りなど運動機能が獲得されるにつれ、おまるにささげるのが難しくなったり、
わたし自身の体調がすぐれなかった時期は1ヶ月ほどお休みしたりもしました。

噂のおまるイヤイヤ期にも直面しました。とにかくおまるを全面拒否!
どうしよう…とじっと観察していたら、この子は立ってしたいのかも?とひらめき、
立ってするように誘導してみたらまたすんなりおまるにしてくれるようになりました。

そんなこんなで息子が生後11ヶ月になったある日、
「ウンコ!」と大きいほうの排泄を教えてくれるようになりました。
ちなみにこれが息子の初めて発話した言葉でわが家の語り草です^^;;

e0269946_2305319.jpg夏生まれの息子、1歳になる頃に歩き出したので
スパッとスッキリおパンツにしました。
エコニコパンツという綿100%の着脱しやすいトレパンです。

ちっちはまだ完璧じゃないままおパンツにしたので、
それはそれはじゃーじゃー盛大に垂れ流していました。

わたしは横からせっせせっせとお掃除に励みました。
ときには一緒に雑巾で拭いたりしました。


そうやってゆるゆるとおむつなしを楽しんだ結果なのかはわかりませんが、
息子は1歳3ヶ月で日中はおむつが必要ない状態になりました。

※エコニコパンツについては、わたしはこどもの道具やさんで買いました。
 季節のあいさつを添えたメッセージカードが一緒に入っていてうれしかった記憶があります。
 その他のモンテッソーリの道具もいろいろ充実していてよいお店です。

これは最近知ったのですが、モンテッソーリ教育では排泄の自律を促すため、
「オムツ以外の場所で、排泄することを習慣づける」ことを説くそうです。
これを「トイレットラーニング」というそうですが、トレーニングじゃないのですね。

おむつなし育児はまさにトイレットラーニングでした。
赤ちゃんは本来排泄物で汚れるのを嫌うそうです。
ちゃんと排泄を感じる能力をもっているそうで、おむつの外での排泄を喜ぶとか。
おむつをはずした途端、しゃーっと気持ちよさそうにちっちした!なんてよくありました。
排泄する場所をおまるだよって教えてあげることがおむつなし育児だったと思います。

そんなこんなで色々書きましたが、おむつなし育児はやってよかったと思います。

長くなってしまったので、おむつはずれ以降の息子のおトイレ事情はまた次回~

続き: おむつなし育児で役立ったものもどうぞ~

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ ランキングに参加しています +
[PR]
by kakachan19 | 2012-05-26 23:10 | ■モンテッソーリ教育

Vol. 36: MG9 電気を消してキャンドルを灯そう‏


今回のマザーグースは「Jack, be nimble...」

事前準備でロウソクをまたいで飛ぶJackくんの絵をセットしながら、
今回は素直にマミ~氏が提案するキャンドルディナーにしよう~と決定。

とりあえず翌朝(今朝)息子とマザーグースを読んで楽しみました。

ロウソクを飛んでるね、と話してみましたが、その存在を知らない息子としては、
それよりもJackくんがジャンプしていることに興味がいったようです。

ということで、まずは日課のお散歩からスタート。
「ジャーンプ!」と元気よく飛んでいるつもりになって歩く息子。
しっかり親(わたし&夫)の遺伝を受け継いであまり運動神経はよくなさそう^^;;

今日も虫取り網を持ち運び、大物ゲットをもくろんだ結果、
アゲハチョウを捕獲して喜ぶわたしをしり目に桜の実を拾うことに没頭する息子…
まぁ、いつものことなので、お互いのペースで散歩を続けました。

途中ベンチで休憩をはさみました~
e0269946_20551353.jpg

やっとしっかりカゴの中の蝶たちをじっと観察する息子。
「アゲハチョー ミツ モグモグ!」と絵本で仕入れた知識を教えてくれました。

今日の収穫はアゲハの他に、モンシロチョウ、ルリシジミ、ナナホシテントウ(赤&橙)!
おうちに一度連れて帰り、じっくり観察した後に逃がしてあげました。
e0269946_20323055.jpg
疲れちゃったのか、アゲハが少し目の前の花にとどまってくれました。
やっぱり蝶々はアゲハが美しいなぁ、と写真をとりながら息子と二人でうっとり。

帰宅後、家事をしていたら浴室の電灯が切れているのを発見!
とりあえず息子を連れて電球を買いに走りましたが(今度から買い置きしよう…)、
これって神様からのサプライズ?といいことを思いつきました。

そんなこんなで一日を過ごし、いよいよ夕食の時間~
e0269946_2040795.jpg
初めて灯っているキャンドルをみて息子は興味津々。
触ろうとしたので、ゆっくり手を近づけるようにわたしの手を添えて促すと、
「アッチィ」とびっくりしていました。これでむやみに触ろうとはしなくなりました。

まだ陽は高かったのですが、カーテンを閉めて薄暗くしていたので、
不思議そうな顔で「デンキ?」と電気をつけてほしいと要求されました。

今日は電気がない日だよ、キャンドルの灯で過ごす日だよ、と説明。
息子にとって、わたしにとっても、電気ってあって当たり前になってるんだなぁ…

よい雰囲気のディナーを楽しんだあとは、お風呂の時間~
e0269946_2054950.jpg
電気がない日なのでお風呂もアロマキャンドルの灯りで入ってみました。
オレンジの灯にアロマの香り、シャボン玉も加わりなんとも幻想的なお風呂になりました。

少しずつ薄暗くなっていく中をずっとキャンドルだけで過ごしましたが、
リネン類が多い寝室での寝かしつけの絵本だけは小さなランプを使いました。

結局息子が寝付くころまでうっすら明るくて、すっかり長くなった陽に季節を感じました。
お日様とともに生きることがやはり(人間にとって)自然界で生きていく術なんだろうな。

今回食卓で使用したキャンドルは実は防災用のもので、
この機会に久しぶりに防災リュックの中身などを再点検することができました。
昨日もありましたが、やはり地震の備えだけはしっかりしておかねば。
今日のプチキャンドル生活、ちょっとした事前訓練にもなって良かったです。

生活を照らす灯りがあることの有難さをかみしめつつ、
これからのエネルギーとの付き合い方を考える必要がある今のわたしたち。
息子には、今後も折に触れてこういう体験を用意してあげられたらと思います。

次は夏至のキャンドルナイトに参加してみようかな。

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
[PR]
by kakachan19 | 2012-05-24 21:18 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol. 35: 虫でいっぱいなEDUCATIONAL VIDEOS 2‏


このコンテンツは虫が苦手な人にとっては辛そうです…
わたしはわりと平気なタイプなので、楽しく虫にまみれた動画を視聴しました。

とりあえず思いだしたのが、昔楽しく読んだこちらの本↓

へんないきもの

へんないきもの 早川 いくを(著) バジリコ

ヴィレバン(雑貨も置いてる遊べる本屋さん)なんかによく置いてあります。
役に立つかはこの際おいておけば、とっても面白いのでおすすめです~

それと、リンク先の走査型電子顕微鏡画像サイトをみて、
先日日経新聞に寄稿されていた記事を思い出し、引っ張り出して読み返してみました。

e0269946_2042388.jpg2012年5月21日(月)付の日経朝刊


一寸の虫にミクロの美 


走査電子顕微鏡に熱中、千差万別な動植物の世界撮影 
西永 奨 氏


まわりに散らばっている情報量は今までと変わっていないはずなのに、
自分の中に入ってくる情報量が確実に増えているのを感じる今日この頃。
アンテナをはっていると同じ景色の中にいてもまた違った視点を持てるのかもしれません。
これを息子にその時にあったレベルでアウトプットしていかねば。

このコンテンツでいちばん嬉しかった情報は、虫めがねを持ち歩くススメ。
こんな面白いことなぜ今まで思いつかなかったんだろう!

さっそく虫眼鏡を持参してお散歩~
e0269946_20452122.jpg
「アリ!アリ!」と蟻を発見して喜ぶ息子に虫眼鏡を渡してみました。
事前に家の中で使い方を提示していたので、なんとなく使えてたかな。
しかし、まだ虫眼鏡の面白さを正しく理解できていない感じでした。

せっかくなのでそのままお買いものにいき、虫取り網を購入~
e0269946_20583477.jpg
ずるずる引きずりながら歩く息子… 途中なみてんとう虫とモンシロチョウを(わたしが)捕獲!

虫取り網の棒の素材、あえて伸縮タイプではなく竹のものを購入しました。

おいていかないで (幼児絵本シリーズ)

おいていかないで (幼児絵本シリーズ)
筒井 頼子(著) 林 明子(イラスト) 福音館書店

こちらの絵本にでてくるおにいちゃんがもっている網とそっくりだったからです。
絵本と同じようにトンボを捕まえたかったけれど、息子が追い回すため逃げられた~!

虫を追い回しながらのんびりおうちに帰宅、そのまま飼育カゴに虫をうつしました。

玄関先にて、シャボン玉に夢中ながらも虫くんたちが気になる…
e0269946_20594558.jpg
「モンシロチョウ、ゴハン ターベル!」と言われたけれど、餌はとってないんだよ^^;;

しばらくシャボン玉やら足けり車やらで遊んだあと、渋る息子を説得し、
虫くんたちにバイバイしておうちに入りました。いつでもこのステップが難関です…

ご飯を作る時間まで図書館で借りてきた虫の絵本を読みました。

おなかのすいたばったのトト (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)

おなかのすいたばったのトト (幼児絵本ふしぎなたねシリーズ)
得田 之久(著) 福音館書店

かなりお気に入りの様子。最近は「食べる」ことが興味の中心点のようです。

むしのかお (ふしぎいっぱい写真絵本)

むしのかお (ふしぎいっぱい写真絵本)
新開 孝(著) ポプラ社

思ったような反応はなし。ちょっと怖がってる感じもするような!?

他にもLady-birdのマザーグースの時に借りてきた虫絵本を、再び借りて読んでいます。
かなり気に入っているのだけれど、まだ購入に至っておらず… 

今まで息子の興味はとにかくのりもので、絵本もその関係が多かったのですが、
ここの所色々なものに触れているからか、興味の幅も広がってきているように思います。
虫は典型例で、最近はのりもの絵本より虫絵本のほうが持ってくる頻度が多いです。

ここまで勉強してきたことが生きて、幅広い知識を提供できるようになってきたのかな。
これから虫取りに良い季節なので、虫取り網にがんばってもらおうと思います。

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村
[PR]
by kakachan19 | 2012-05-23 21:31 | ■チルドレン大学(~2014)

Vol. 34: MG8 手作りカードでゲーム そのまま消防署へ


今回のマザーグースは「Little Nanny Etticoat...」

今日は朝からご機嫌斜めだった息子。 
どうやら眠いらしいのだけれど寝るのはイヤみたい。
対応がとっても難しくて、こういう日は一日が長いです…

コンテンツで爪先立ちで歩く時間を持ってみては?と勧められているので、
これをどうやって息子にアウトプットするか考えました。
(爪先立ちしてごらん?で意味が通じる年齢ではないので^^;;)

よーし、ご機嫌アップ大作戦スタートです!

まずは好きなもので喜ばせてみよう、ということで
だいすきなミニカーの写真カードを作ってみました。

しかし、作ってる端から手を出してきて、キャーやめて!と注意するわたしに
「サワル!イヤ!」と応戦してくる息子… 教材作りはやっぱり夜に限ります…

なんとかラミネートまでして完成~
気になるようで「イックンノ!イックンノ!」と奪い取ろうとしてくる!

欲しければ自力で取ってごらんなさい~!
e0269946_18343070.jpg
廊下の背伸びしないと届かない高さに完成したカードを張り付けてみました。
楽しそうに爪先立ちしながらカードをとってはカゴにいれていく息子。

全部取りおえるとニコニコ嬉しそうな笑顔!作戦成功?

せっかくなのでそのまま名称練習とカードとミニカーとのマッチングゲームをしました。
e0269946_18535368.jpg
さすがのりものマニア。食いつき度が半端なかった~
「ゲーム!オモシロイ!モット!」と何度も遊んでくれて作ってよかったです。

ふとひらめき、そのまま「消防署にお散歩に行く?」と誘ってみれば、
もちろん返事は「ショーボーショ イク!」に決まっていました。

曇り空が心配でしたが、いそいそと準備して消防署目指してお散歩開始~
バス停2つ分の距離をゆっくり、時には抱っこしながら歩いていきました。

「ショウボウショ~!ポンプ イッショ~!」
e0269946_1901412.jpg
ミニカーと実物のマッチングとは贅沢なことです。
ここで雨がぽつぽつときたので、受付の方にお願いして雨宿りさせてもらいました。
消防隊員さんが色々裏話(!?)をお話ししてくれて、これも有意義な時間でした。

雨はやんだけれど、歩いて帰るかバスに乗って帰るか… 乗っちゃうか!
待ち時間に実はまた一悶着あったのですが、乗ってしまえば嬉しそうな顔の息子。
(降りるタイミングで)降車ボタンを押して「ピンポンバシュ!」と興奮していました。

ピン・ポン・バス

ピン・ポン・バス
竹下 文子(著) 鈴木 まもる(イラスト) 偕成社

一時こればかり読んでいたけれど、最近満足したのか読まないなぁ、そういえば。

帰宅後は、再びカードで遊んだりしたのですが、眠さMAXなのにお昼寝を拒否し、
そのくせ眠いので機嫌がすごく悪くてわたしもだんだんイライライライラ…

深呼吸をして、絵本を読んだり一緒にブロックで遊んだりして時間を過ごしました。
マザーグースも膝の上にのせて一緒に楽しんでみました。
e0269946_1971322.jpg
「シャボンダマ~」と指さし。どうやら息子にはあわあわがシャボン玉にみえたようです。

結局ご機嫌斜めなまま早めに夕飯をすましてしまい、
お風呂では少しでもご機嫌が持つようにシャボン玉を持ち込んで遊びました。
「Nanny Etticoatちゃんのシャボン玉~」とわたしも楽しんじゃいました*^^*
帰宅後シャボン液の混ざった湯船にはいる夫には…ごめんなさい~!

ということで、今日は息子は18時にはバタンキューで眠ってしまいました。
晴れの日もあれば雨の日もある、ということで、今日はどんより曇りの日でした。
毎日ご機嫌さんでいてくれるのが本当はいちばん嬉しいのだけれど、
そこはわたしが忍耐力を成長させて対応するしかないのかなぁ、と反省する日でした。

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へ
にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
にほんブログ村
[PR]
by kakachan19 | 2012-05-22 19:28 | ■チルドレン大学(~2014)