はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:■モンテッソーリ教育( 115 )

ほこりをはらうお仕事(日常生活の練習)


室内にも緑がほしいなぁと思いながらのんびり育てていたアボカドさん。
おいしく頂いた後の種をペットボトルで水栽培し(⇒http://my19.exblog.jp/20695946/)、
ある程度大きくなったところで鉢に植えかえまして(夏ごろだったかなぁ)・・・
その後すくすく育ち、葉もたくさんついてきて、ほこりが目立つようになってきました。
e0269946_20223845.jpg
ということで、葉っぱの上のほこりをはらうお仕事を息子が楽しんでいます。
可愛らしい羊毛フェルトの葉っぱの埃はらいは大分前に「こどもの道具や」さんで購入しました。
(⇒葉の埃はらい こどもの道具や 羊毛フェルトがお好きな方なら手作りできると思います~)
こどもの道具やさんは2回ほどお世話になったことがありますが、とってもよいお店だと感じました。
このアボカドさん、まだまだ茎が細くてちょっと心配になりますが、その分優しく扱う気持ちになれます(笑)
息子も優しく葉っぱのほこりをはらってくれています(一度走っていて鉢に激突していましたが・・・)。
e0269946_2037755.jpg
取っ手付のカゴを用意したいところですが・・・ とりあえず鉢の横にほこり取りを置いています。
このほわほわコロンとしたフォルム、みているだけで和みます~

もうひとつ、この季節ならではのほこりはらいのお仕事
e0269946_20394969.jpg
一定期間飾るものなので、やはりツリーや飾りもほこりをかぶりますね。
てんとうむしさんのマイクロファイバーのハンディモップもずいぶん前に雑貨屋さんで購入したものです。
ミニサイズで息子の手にあっていたのと、てんとうむしさんの可愛らしさにやられました♪
取っ手は取り外し可能で、モップ部分を手洗いすれば何度も使えるのもグッドポイントです。
e0269946_2105696.jpg
飾りをひとつずつ丁寧にきれいにしてあげると優しい気持ちになっていくようです。
クリスマスツリーもただ飾って眺めるよりも、手入れをしながら聖夜を待つ方が気持ちが高まるかな。

「こどもは環境に恋をする」というのはモンテッソーリ女史の言葉です。
柔らかいアボカドの葉にそっと触れるとき、綺麗なツリー飾りが愛おしくて大切に扱っているとき、
息子の瞳は真剣で一途でまるで恋をしているようだといっていいかもしれません*^^*
恋する気持ちが覚めないように、しっかり環境を整えてあげるのがわたしのお仕事かな?
息子の優しい気持ちがこのままゆっくりすくすく育っていってくれればいいなぁと思います。

+いっくん 3歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-27 21:34 | ■モンテッソーリ教育

クリスマスツリーと鈴の音と


12月の足音がそろそろ聞こえ始めてきました・・・
となるとやはり気になるのがクリスマス&お正月の準備でしょうか。
まずはクリスマスですね!我が家では去年まで息子0歳のクリスマスイヴ当日に
勢いで購入した小さめのツリーを飾っていたのですが、息子の背も伸び、
そのツリーを追い越してしまったので、今年は思い切って新調しました♪ 
まだ早いと思いつつ、とはいえ待ちきれるはずもなく、11月早々から飾られているツリーです(笑)
e0269946_11425411.jpg
意味もなく電飾を付けてほしがる息子、ご満悦でツリーの前で絵本を読んでいます*^^*
ツリー前はお気に入りの場所?ここでカードゲームなどをよくします(また別に記録します~)。
飾りつけも一緒にやりましたが、いっくんが!と全部やりたがってある意味大変でした(笑)
手を使いたい時期なのですね、それがなくともツリーの飾りつけはウキウキしますし♪
e0269946_11451199.jpg
息子が手にしているクマさんの鈴飾り、いい音がするのですが、これを手にして鳴らし、
「○○くみさーん、おかたづけでーす♪」とニコニコする息子、幼稚園と一緒♪ だそうで。
モンテッソーリの環境だと、自由選択活動が終わるころ、例えばこれからお片付けの時間?など、
先生が綺麗な鈴の音を鳴らして、こどもたちにそれを伝えるようです。
大きな声で注意をひかずとも、静かで綺麗な鈴の音で子どもたちが自発的に気付けるのだしたら、
それっておとなにとってもこどもにとっても、とても気持ちよく美しい環境だなぁと思います。
環境や習慣って毎日の積み重ねで身に着けていくことですよね、わたし、気を付けないと・・・!
e0269946_11584433.jpg
とかいいながら、ちょっといたずらごころが働いて、鈴をならして「いっくん、お片付けでーす♪」
おもちゃをたっぷり出して遊んでいた息子も「!?」とハッとした顔で片づけだしました(笑)
「おかあしゃん、なんで~(笑)」といいつつ、なんだかんだ嬉しそうな息子、幼稚園楽しいんだね♪

9月から満三歳で入園させていただいたモンテッソーリ幼稚園ですが、
最初はいろいろ(泣いたりどもりが出たり;;)あったけれど、今ではすっかり楽しそうです。
自分でいろんな身支度もできるようになり、お仕事的にもそろそろ次の段階に、ということで、
今月から3歳児の集まりクラスから異年齢縦割りのクラスに移動になりました。
朝はまだまだちょっぴり悲しそうな息子ですが、園からいろいろなことを吸収してきています。
最近すきなお仕事は「線上歩行」と「お箸の練習」だそうです。
この頃では、キリスト教の園らしく、クリスマスのイベントに向けた練習をいろいろしている様子。
今年のクリスマスは、その意味をいろいろな角度から親子で考えるものになるといいな、と思います。

+いっくん 3歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-23 12:15 | ■モンテッソーリ教育

文字の敏感期到来?ひらがなへの興味


e0269946_2203455.jpg
「おかーしゃーん、こんなところに『ち』があるよ~!あ、こっちは『り』がある~!」

最近ひらがなを発見しては読んでキャッキャと嬉しそうに笑う息子です。
モンテッソーリ教育では、文字の敏感期が3歳半から4歳といわれています。
我が息子いっくん、ただいま3歳4ヶ月ですが、文字の敏感期に入ろうとしているようです。

我が家にはひらがなポスターやひらがな絵本などの文字を意識したものは置いてありません。
息子が2歳になる少し前に、文字や数字に興味がある?と思うような様子を見せたことがありました。
当時はまだモンテッソーリ教育のことを深く理解しておらず(今でもしているとは言えませんが;;)
これもひとつの敏感期なのかな?とひらがな絵本でも用意しようか、なんて思ったりしました。
が、よくよく学んでみると、文字というのは「完全抽象」の世界であること、
モンテッソーリ教育で大切なことは「出発はいつでも具体物から」であること、
無意識的吸収精神の時期である3歳までは、とにかく五感を使うことが大切なことなどを知りました。
(わたしはこういったことは、IT勉強会てんしのおうちで学びました、本当に助けられました)

というわけで、これまでわたしが息子としてきたことは、
「(文字や数字を指さして)これはなに?」と息子に聞かれればそれには答える、
でも、数字やひらがなのポスターを貼る、文字のおもちゃを用意するなどの環境を敢えてはつくらない、
いろいろな絵本を一緒にたくさん読む、五感を意識する、楽しい会話をたくさんする、ということだけでした。
モンテッソーリ的なことだと、絵カードとフィギュアのマッチングゲームをしたり、
そこから段階を踏んでセガンの3段階の名称レッスンなどをしました。言語に繋がるお仕事です。

どんな子も文字の敏感期は必ずやってくるといいますが、息子がその入り口に立ったと感じたのは、
数ヶ月前の寝る前の絵本の読み聞かせの時でした。おやすみなさいのほんを読んでいたら、
めずらしく絵ではなく文章のほうをじっとみていて「おかあしゃん、『も』があるよ。」と言いだしました。
自分の名前のなかに『も』があるので、親しみを感じて覚えたていたのかもしれません。
とにかくその日から毎晩おやすみなさいのほんのなかで『も』を探す日が続きました。

おやすみなさいのほん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)

おやすみなさいのほん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
マーガレット・ワイズ・ブラウン(著) ジャン・シャロー(絵)  いしい ももこ(翻訳) 福音館書店

この絵本は文章の一文字一文字が大きめなのでとくに息子の目を惹いたのかも、と思います。
この絵本の『も』から始まった文字探しも、日に日に発音できるひらがながなぜか増えていき、
最終的に『も』『る』『む』『い』『や』・・・と確か8~10くらいのひらがなを覚えていました。
よく文字を読めないのに絵本を読むのに驚いたがそれは絵本をまるっと暗唱していたからだった、
という話をきいたりしますが、息子も耳から聞く音と文字を対応させて覚えたのかなぁと思います。
(ちなみに余談ですが、息子が初めて暗唱したかな~?な絵本が「よあけ」でした、し、しぶいっ・笑)

おやすみなさいのほん自体に満足したのか、それとも食傷気味になったのか(笑)、
寝る前の絵本にこれを選ぶことが少なくなりブームは去って言ったのですが、かわりに今きているのが、
幼稚園への送迎中にくるまのナンバープレートをチェックして知っているひらがなをみつけるブームです。
前にいる車や対向車のナンバープレートをチェックしては知っているひらがなを見つけて大興奮(笑)
幼稚園効果もあってか「あれはKくんの『か』、あれはAちゃんの『あ』~!」と発音できるひらがな増加中。
きちんと確認していないのですが、発音するだけという意味でひらがなの半分ぐらいは覚えていそう?
うーん、やっぱり文字の敏感期に入ったことは間違いないのかなぁ、と思うのですがどうでしょう。

最近毎日のように幼稚園の年上のおともだちからお手紙をもらってくる息子、
年長さんや年中さんの子たちかな、と思うのですが、これがしっかりしたお手紙で!
息子もおへんじおへんじ♪ とぐるぐる殴り書きしたものを一生懸命したためています(笑)
モンテッソーリの言語教育で面白いというか、ほほ~!と思ったのが、
「読む」より「書く」が先行していることで、その「書く」に辿りつくまでのプロセスが緻密で長いことです。
モンテッソーリってお受験用?早期幼児教育?と誤解されがちだと思うのですが、
たくさんの準備をして(たとえば三本指でつまむ動作からすでに鉛筆をもつ準備につながっている)
無理なくこどもの自然な欲求や時期(敏感期)に寄り添って楽しく文字の世界に誘ってくれるのですよね。

息子もいずれ「砂文字板」や「鉄製はめ込み」、「小さい黒板」などといった教具に園で出会っていくのかな。
そういう時期がきて、息子が欲しがったらおうちでも補助的にひらがな絵本を導入しようかなぁ。

いろいろ見て、いま一番の候補はこちら:

あいうえお えほん

あいうえお えほん
とだ こうしろう(著)  戸田デザイン研究室

構成がシンプルで字体が美しいことが大切かな、と思っています。
トレーシングペーパーやクリアファイルを加工したものなどを置いてトレースすることもできるかな。

トレース(なぞる)ということだと、こちらも使いやすそうです:

書きかたカード ひらがな―幼児から


おとな(主にわたし)の趣味だけでいけば本当はこれがすき:

あいうえおの本

あいうえおの本
安野 光雅(著) 福音館書店


おとなが「早く早く!」と焦って無理やり連れて行かなくとも、ちゃんと時期がこれば、
こどもは自然に文字の世界に、しかも楽しんで入っていくのだなぁと息子から感じる今日この頃。
わたしも童心に返って息子のひらがな探しブームを一緒に楽しもうと思います*^^*

+いっくん 3歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-15 23:40 | ■モンテッソーリ教育

一緒に餃子をつくろう♪


祝!初焼き餃子~!
えっと、息子が、です、我が家は通常は水餃子派なのです。
なんのこっちゃですね、息子と一緒に焼き餃子をおうちで初めて食べました(笑)

レンコン餃子だよ、一緒につくる?と聞いたら「やる!」と乗り気♪
e0269946_204592.jpg
汚れを最小限に抑えるためにひき肉が入っていた袋のまま具を調理!
麺棒でレンコンをがんがん叩きつぶしている息子、ストレス発散になりますか~(謎)
袋の中身は豚ひき肉、ネギ、レンコン、調味料、以上。レンコン比率がかなり高いです。
しかし息子よ、エプロンをつけていないどころか肌着姿じゃないですか、
しかもひもとおしで量産しているネックレスをじゃらじゃらつけています…
e0269946_2151114.jpg
あ、ちゃんとエプロンつけたね、うんうん。さぁ、ではいざ、つつむぞ~!
とりあえずひとつだけつくってわたしがみせてみたらあとは息子がどんどん包んでくれました。
なのでわたしは皮に具をおいて息子に流していくマシーンと化しました(笑)
汚れを最小限にするために(生肉苦手…)袋の端を切り取って具を皮の上に押し出すわたし、
皮のいたるところに水をぬって、半分に折ってはりつけて…と次々に餃子を包んでいく息子。
e0269946_21231057.jpg
うわ~!たくさんできた~!小さくやぶけていたりひっついていなかったりの餃子もありましたが。
「これと、これと、これと、これと、、、ぜーんぶいっくんの!」だって。
e0269946_21295996.jpg
せっかくなのでホットプレートで一緒に焼きました。
熱い熱いといいながら「いっくんが!」といいはりホットプレートに餃子を並べてくれた息子です。
プレートに水を注いだときのジュッという音、蓋からもれる白い蒸気、好奇心いっぱいの息子の顔*^^*
この後無事パリパリの餃子が焼き上がり、息子は10個くらいは軽く食べました。

というのが昨日の出来事で、「またやりたい~!」というので今晩も餃子になりました(+_+)

昼寝が上手くできず不機嫌だった息子でしたが、餃子作りで気分転換できたようです。
包むことに熱中することで、集中現象ののちの正常化、といったかんじのスッキリした顔になりました。

クッキングは家庭で取り入れやすいお仕事だと思います。
餃子作りも水を付けたり包むことで手を動かしたり、音やにおいや味を感じたり、
焼く前の餃子の皮はふにゃふにゃ、焼いたらパリパリ、と言語のお仕事にもなるかな?
今回我が家はわたしが具を置く係りになりましたが、ここもスプーンでこどもが置くようにしたら、
適量を見定めるという数学的なエッセンスも入ってくるのかな~と思いました。
うーん、次回はちょっと面倒くさいのを覚悟でボールで具をつくってみようかなぁ。
って、次回が明日でないことを祈ります(2日連続の焼き餃子はさすがに飽きました…)。

+いっくん 3歳3ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-10-23 21:50 | ■モンテッソーリ教育

久しぶりにおうちでお仕事♪


日曜の今日は我が家にはめずらしくおうちでまったりデイでした。
ぼんやりのんびりしていたら、息子が突然「ひもとおしがやりたい!」と。
幼稚園からもよく画用紙とストローのひもとおし作品を持ち帰ってきますが、
どうももっと難しいものがやりたいらしく、こどものいえでやっていたビーズのものが欲しいと。
おうちではお仕事らしいものは片づけてしまっていたのでどうしようか一瞬迷ったのですが、
これだけ熱心だとおうちでやっても飽きてしまうということはなさそうと判断して出してみました。
e0269946_22183975.jpg
片づけていたそのままを出したので綺麗にセッティングされていません;;
それでも息子はそんなことは意に介せず本当に嬉しそうにどんどんビーズを通していきました。
2歳4ヶ月の時の息子とひもとおし:http://my19.exblog.jp/19247903
↑このときから約1年経っているので当たり前といえばそうですが、しかし成長を感じます。
本当に小さなビーズの小さな穴に割とすいすい紐を通していくのでみていて感心してしまいました。
しかしどんどこつくっていき紐が足りなくなりそうだったので、あわてて百均で補充してきました~;;
e0269946_2223501.jpg
NEWひもとおしセットの完成です♪ これは息子のお仕事棚に置くことにします。
e0269946_22243757.jpg
ビーズケースは2つあります。百均で買った分ともともとうちにあったビーズ類を入れました。
(昔の手作りのお仕事でビーズをつかったものが結構あったので再利用できてよかったです♪)
こういうキラキラしたものって宝石みたいに感じたなぁ、となんだかこども心を思い出します*^^*
息子もとっても嬉しそうで、寝る時間までずっと「ひもとおしするよ~!」と励んでいました。
e0269946_22271276.jpg
集中の結晶。ひもとおしの敏感期(ってあるのかな)?手を使いたいのかな~

全体的に親ばか目線の記録ですが^^;; しかし本当に手先が器用になってきました。
特に熱中しているお仕事で、日常生活の分野や、特別な教具でなければ、
園とおうちと(フォローアップする感じで)同時進行もいいかな~と今回思いました。
しかし「ぷれぜんと~!」と嬉しそうにひもとおしでつくったものをもってくる息子は可愛いです*^^*

+いっくん 3歳3ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-10-20 22:49 | ■モンテッソーリ教育

幼稚園で得るもの


昨日から風邪をひいて微熱続きの息子です。ひどくはならなさそうでまずは一安心。
というか少しの鼻水と微熱があるものの食欲もあり寝込むほどではなく安静にしてくれない^^;;
「今日は幼稚園は?」と毎朝聞かれますが、ちょうど連休に入ったのですよ、行きたいのね(笑)
相変わらずお別れするときは大泣きですが、園ではお仕事もお友達とも楽しくやっているようです。
e0269946_22291022.jpg
こどもの家の時のように都度という感じではなく、たまったお仕事をある日一気に持ち帰ってきます。
ストローと画用紙のお星さまのひも通しは、おとうさん&おかあさん&いっくんでちゃんと3人分。
そしてペットボトルのなかにハサミのお仕事で切ってきた画用紙がたっぷりはいっています。
「お母さんにプレゼントするんだとはりきって毎日コツコツ切っていました」とは先生のお言葉。
だいすきな縫いさしや幼稚園で初チャレンジしたのり貼りのお仕事も楽しんでいるようです。
先生と一緒にやる秘密の袋もすきみたい。「カーペットの敷き方はね!」とわたしに教えようとします(笑)

幼稚園までは片道約10キロでバスも来なくて毎日車で送迎する必要があるのですが、
この時間がわたしは結構好きです。息子と一緒に歌ったり言葉遊びをしたりみっけ!遊びをしたり。
(最近ひらがなにすごく興味がある息子で送迎の車中である遊びがはやっています、別に記録します~)
なんだか懐かしさを覚えるのですが、これってわたしが昔父親と過ごした時間に似ているからかも。
父子家庭だったのと当時まだ父は勤め人でさらにわたしもまだそれなりに幼かった時期は、
放課後家に残しておくのが不憫だからと父の外回りの仕事に一緒に連れていってくれました。
(ある程度大きくなったいつからか鍵っ子になりました、それはそれで自立心が育まれたかも?)
しりとりをしたり(真剣)、なぞかけをしたり、歌を歌ったり、風景の中から何かを見つけるあそびをしたり、
思えばこの時にわたしの根っこの部分がかなりできたんじゃないかなぁ、なんて今では思います。
息子にとってもなにか思い出に残るようなしあわせな時間であってくれればいいな。

行きの車中は「おかあしゃんとバラバラになるのさみしい。。。」と時折寂しげな息子ですが、
帰りの車中はSくんがどうだ、Hちゃんがどうだ、とお友達のことばかり嬉しそうに話してくれます。
e0269946_2251861.jpg
本当に嬉しそうだったのがお友達からお手紙をもらってきたこと。
大事に持って帰ってきて車の中で眺めてしあわせそうな顔をしながら胸に寄せてぎゅっとしていました。
「いっくんもおてがみかく!」と一緒に折り紙をいくつか折りましたが週明けもっていくのかな~

おへんじください。

おへんじください。
山脇 恭(著) 小田桐 昭(イラスト) 偕成社

降園後、近くの図書館に寄っていくことがあるのですが、その時息子が選んだ絵本がこれ。
お手紙を書く時の気持ち、お返事を待つわくわくドキドキ感がすごくよく伝わってきます。
わたしも息子もかなり気に入ってしまい予約がないのを確認して再度借りちゃいました。
3回以上借りるようなら買うようにしているので、きっとこの絵本も我が家の絵本棚に仲間入りするかな。

色々悩んで満3歳でこどもの家から幼稚園に移行した理由が、
毎日色々なタイプのお友達と時間を過ごすことでわたしでは与えられないものを得てきてほしい、
というものだったので、それがまさに叶っているいる今の状況に感謝しています*^^*
モンテッソーリの幼稚園は縦割りなので、こどもたちの年齢関係なく交流がありますし、
先生方もモンテッソーリのまなざしに忠実にこどもたちを見守ってくださっているのが見て取れます。
息子もしっかりお友達の影響を受けて、箸の持ち方に今まで以上に興味を持ったり、
偏食で食べられなかったものもだんだん口にするようになったり(野菜を自分から少し食べたり!)、
まさに親だけでは教えられないことを幼稚園生活から体験を通して学んできているようです。

せっかくの連休ですが、おうちでゆったりまったり安静モードな我が家。
休み明けからちゃんと登園できるかなぁ。症状が軽いうちにきっちり治りますように(-人-)

+いっくん 3歳2ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-09-22 23:17 | ■モンテッソーリ教育

「じぶんで!」幼稚園の準備 


幼稚園生活にだんだんなじんできた息子です。
降園から就寝時間まで、たくさん幼稚園での出来事を話してくれます。
先生のこと、お友達のこと、はじめてのり貼りのお仕事をしたこと、運動会の練習をしていること、
そしておかあさん(わたし)に会えなくてさみしかったこと、、、
そうです、幼稚園楽しい!という気持ちと、おかあさんとずっと一緒にいたい!の気持ちが、
同居?混在?どういうことかというとまだまだ毎朝大号泣のお別れ儀式しています(+_+)
親目線ですが、息子は感受性がかなり強い方で、いろいろ感じすぎてしまうようです。
いろいろ想像できてしまうのと、もう今までとは違うんだということがクリアに理解できてしまう、
そんな感じで泣いているので、もうしばらくはこのままなのかな~とゆるい気持ちで見守っています。

幼稚園自体はとってもいい園です。どの先生も本当に優しいですし、言葉づかいも服装も美しい!
毎日送迎していて見ると、園全体でこどもたちひとりひとりを大切にしてくれていると感じます。
息子はパズルやひも通し、のり貼りに縫いさしとモンテッソーリのお仕事を楽しんでいるようです。
モンテ園らしく、昼食時に使用する持参のおしぼりは自分でぬらして絞ったり、皆で配膳したり、
やりたい!の気持ちをサポートしてもらっているのだなぁと感じる話を嬉しそうに報告してくれます*^^*

せっかく幼稚園でモンテッソーリな時間を過ごしているのだから、
おうちでも出来る範囲で引き続き意識していきたい!と母であるわたしは思うわけで、、、
e0269946_23124011.jpg
毎朝or毎夕一緒に幼稚園に持っていくお昼ご飯セットの準備をしています。
息子が選んだ布で2種類作ったので、本人がどちらのセットがいいか選ぶようにしています。
自分で選択することはモンテッソーリで重視されることです、人生は選択の連続ですから。。。
コップとカトラリーセットとナフキンとおしぼりケース、ちゃんと全部入れて確認して~
e0269946_23164566.jpg
通園カバンに入れるのも、使用してきたものを出してもってくるのも息子のお仕事です。
最初にそうなるよう少しだけ誘導しましたが、やらせているのではなく喜んでやっています。
なにせ「じぶん(でやりたい)!」の時期ですから、習慣づけのきっかけには最適です。
もう少し幼稚園生活にしっかり馴染んできたら、カトラリーとコップを洗うことも任せてみようかな?
お米を洗って炊飯器にセットすることはまだまだ毎日やりたがり、夕飯分はお任せしています~
やりたそうだからその時に一緒に洗えばいいんですが、なんだかまだ任せていない、、、怠慢、、、

カバンは所定の位置にかけておきましょう~
e0269946_23234639.jpg
玄関の一角が息子の幼稚園準備スペースになっています。
もっとよくしてあげたいのだけれど、今のところ問題なしなのでこのままいっちゃうかもしれない^^;;
制服は、息子のお着替えスペースにハンガーの色を幼稚園用と普段用で分けて一緒にかけています。
なので、そこ(玄関すぐの部屋)で着替えてからこの一角にきて、カバンと帽子をとって、
置いてあるハンカチとティッシュを自分で選んでズボンのポケットにいれるというのがルーティンです。

シンプルなことばかりですが、自分で選ぶこと、自分の世話は自分ですること、
引き続き息子が「やる!」と自分の意思で楽しめるこの時期にしっかりサポートしていこうと思います。
あとは、息子が自分の意思で、もう泣かなくても大丈夫!と思えるようになるまで、
焦らず不安にならず、大らかな気持ちでただただ彼のそのままを受け入れてあげたいです。

+いっくん 3歳2ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-09-11 23:42 | ■モンテッソーリ教育

日常生活の練習?上履きを洗うお仕事~


幼稚園生活2週目に入りました。先週はべそっかきだった息子ですが、
今朝はなんだか楽しそうで、送りの車中でも「きょうは○○しゅる!」といい感じだったのです。
ですが!いざ玄関でお別れとなると寂しいようでやはり大号泣してしまったのでした(+_+)
幼稚園自体はだいすきで行きたくないとは言わないので、慣れるまでもうちょっとかなぁ。。。
ピカピカに洗った上履きを喜び勇んで持っていった息子だからきっと大丈夫だ!

ということで上履きですが、毎週金曜日に持ち帰ってきて、洗うようになっています。
まだまだ全然汚れていませんが、こういうのは最初の習慣づけが大切かなぁ?
そしてきっとやりたがるかな?と思い、息子と幼稚園帰りにシューズ洗いブラシを買いにいきました。
e0269946_1045434.jpg
土曜日の朝、案の定「いっくんが!」とやってきたので、お風呂でシューズを洗いました。
一応提示を心がけて、洗う動作を息子に見せて、あとは息子がすきなようにごーしごし!
ちょうど使わなくなった食器洗い桶があったので、それを息子の上履き洗い用におろしました。
わたしが昔自分でシューズを洗っていたころは洗濯洗剤を使用していた記憶がありますが、
息子はアトピーもあるし肌が弱いので、うちにあったオレンジXという天然成分の洗剤を使用~
毎度お決まりの「なんだかいいにおいがしゅる~♪」というセリフとともに洗うのを楽しみました。
e0269946_10511665.jpg
綺麗になったらよーくゆすいでおきますよ~
e0269946_10514153.jpg
あいにく曇り空だったので、一緒に新聞紙をくちゃくちゃやぶって丸めてシューズに詰めました。
かかとを下にして干して、何度か新聞を取り替えて、すっかり乾くまで待ちました。
この新聞を丸めたり、交換するときに湿っているのを確認したりするのが面白かったようです。

自分でピカピカにした上履きはなんだか愛おしい(よね?)。
少し誇らしげに上履き入れに仕舞っている息子はなんとも可愛らしかったです*^^*

この上履きを洗うお仕事は息子の毎週末の習慣になるようにサポートしていこうと思っています。
自分のことは自分でする、大切なことですよね。自分の面倒を見れなければ他人を気遣うのは難しい。

なんでもかんでも「お仕事」をつければいいってもんじゃないわよー!
という声がどこからともなく聞こえてきますが(自分の心の声か~?)、でもやっぱりこれもお仕事。
日常生活の練習というのは日常生活そのものすべて、ですよね、きっと。
そういう意識でいられれば、身の回りの全てがお仕事になっちゃう、うーん、チル大に通じます。

さ~て、今頃息子は幼稚園でどんなふうに過ごしているのかな。。。
わたしも負けずに新しいことにどんどんチャレンジしていかないといけないな~!がんばろっ!

+いっくん 3歳2ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-09-09 11:01 | ■モンテッソーリ教育

幼稚園準備 靴&シューズ編


息子が今週月曜から幼稚園の満三歳児クラスにめでたく入園しました。
半日保育から始まり今日から短縮一日保育がはじまりましたがまだまだ慣らし期間。
初日こそ「さみしい。」とこぼすだけの息子でしたが、昨日今日は泣けてしまったようです。
先生もお友達もだいすきだし、お仕事も楽しい!でもおかあさんと離れるのがとても寂しい、
と、今までずっと一緒にいたわたしと本格的に離れることが頭では理解できているようで、
でも感情的にはまだついてこないようです。「泣いてごめんなさい。」と先生に謝っているらしい。。。
毎日の車送迎や帰宅後の息子のフォローなどでわたしも自分が思うより疲れているらしく、
最近は息子の寝かしつけをしながら一緒に寝てしまい気付くと朝、なことばかりです(+_+)
日が経てば慣れていくことだと思うので、ここはひとつ母子共々乗り越えていこうと思います。

母親らしいことがしたい、という思いひとつでミシンで手作りしたバッグ類は無事すべて完成!
それにプラス、幼稚園の準備として、今回は大きくなった足に合わせて靴と室内履きを新調しました。
e0269946_0581562.jpg
ピカピカの赤い靴*^^* いつも通りアシックスの靴です。3歳でサイズ18cmって大きくないですか…!
シューズの方は17cmです、ちょっと大きめの作りのシューズみたいです。

今回は、引越以前にお世話になっていた靴屋さんに1年ぶりにお世話になりました。
引越してきてからもいろいろ近辺の靴屋を調べて覗いてみたのですが、なかなか納得の場に出会えず、
以前お世話になっていた信頼できる上級シューフィッターさんのいる靴屋さんに戻ってみました。
うちからだと高速のって…となるので、義実家に寄ったついでに足を延ばした感じです。
1年ぶりに足の形や体の重心などを機械で足をスキャンしてみてもらったのですが、
土踏まずがしっかりできていて、「小学生高学年なみ!」といっていただけるほどきれいな足でした。
シューフィッターさん曰く、とにかく正しい靴を正しく履くこととたくさん歩く&運動すること、
とくにたくさん歩くと脳が鍛えられて、その鍛えられた部分は100歳になっても忘れない!
そんなことを今回も力説してくださったのでした。毎回ためになることを教わるので楽しいです、
彼女はこどもの足の教育&育成に情熱を傾けておられて靴の重要性を啓蒙されています。

もし興味がある方がいらっしゃって知多半島方面にお住みでしたらこちらのお店おすすめです↓

くっく 知多店 KOOK: 靴とオーダーメイド インソール(中敷)の専門店:
http://www.kookchita.com/

シューフィッターさんはいつも誰かに捕まっているので事前予約をお勧めします~

ということで、息子の足をべた褒めしていただきとっても嬉しい気持ちで名前を書き書き~
e0269946_1485471.jpg
ついでにシューズの左右がわかるように側面にちいさな車の絵を描いておきました。
車と車が仲良しすれば右と左がごっちゃにならないよ、ということです。
のりものずきな息子は車の絵に大喜びしてくれました、単純なところがかわいい(親ばか)*^^*
そうそう、靴に気を付けていても、室内履きを普通のバレーシューズにしたらもったいないみたいです!
こちらのシューズはかかとが靴のようにしっかりかたくて、ベルトで足首を締めることが出来るタイプです。
e0269946_152976.jpg
今回はファイルリングではなく紐をベロのところに通しておきました。
なんとなく幼稚園生活だと柔らかめの素材の方がいいかな、と思って。今回も脱ぎやすそうです。

というわけで幼稚園生活も明日で4日目。
e0269946_1535154.jpg
べそをかきながらも、お仕事で作ってきたネックレスを冠にして家でくつろぐ息子です。

しばらく、新生活に慣れることと息子のフォローとで不定期更新になるかと思います。
いつも応援ポチをしてくださる皆さま、本当にありがとうございます。母子共々がんばってきます~!

+いっくん 3歳2ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-09-05 01:57 | ■モンテッソーリ教育

嗅覚の敏感期?


「おかあしゃん、なんかいいにおいがするよ~!」
e0269946_2021643.jpg
虫がお嫌いな方、ごめんなさいm(__)m アゲハチョウの幼虫×2匹です。
おじいちゃんちの畑のミカンの木についていたのをもらってきたのですが、今はもっと大きいです。
この子たちがハムハム葉っぱを食べているところを息子と見ながらおしゃべりしたら、
その声にびっくりしたのか、2本の角(臭角)をにょきっと出して威嚇してきました(+_+)
(若齢幼虫でも臭覚をだすことは知らなかったです、息子は面白がってたくさん驚かせてました;;)
で、その名の通り、独特なにおいがしたのですが、息子はなぜか冒頭の一言を発したのでした;;
うーん、いいにおい・・・ でも確かに悪くはなかった、まだ小さいからなのかな?

この「いいにおいがするよ~!」と「なんかくしゃいにおいがするよ~!」が最近の息子のブームです。
洗濯ものを干すとき、ごはんの準備をするとき、虫除けアロマを遠くで吹き付けるときなど、
「いいにおいがする~*^^*」と見逃さず、わたしや夫が気付かないくらい遠くのにおいにも反応します。
反対の「なんかくしゃい」も、遠くで生ごみをまとめているときやお散歩途中などでよく言います。

感覚の敏感期の内の嗅覚が敏感になってきている時期なのかなぁ?
今まではにおいに関しても雑多な印象をそのままためこんでいたのだと思うのですが、
モンテッソーリの教具の嗅覚筒も対象年齢が3~4歳となっていますし、
3歳になって感覚の敏感期に入った今、その印象を少しずつ整理していく時期になったのでしょうか。
とすると、3歳になるまでに、たくさんの印象をためこめるような過ごし方をするのって大切ですね。
息子はどうでしょう、おうちでも一緒にいろいろなものに触れ合えるよう心がけましたが、
やっぱり公園あそびやお散歩などの自然の中でたくさんの宝物に出会ったのであろうと思います。
モンテッソーリ幼稚園のHPに「野山や公園にも、たくさんの天然の教具が準備されています。」
と書かれているのをみましたが、本当にそうだなぁ、と思います。

しかし、おかあしゃーん!と抱き着いてきて、
「おかあしゃん、なんかくしゃいね!」と笑顔で言うのはやめていただきたい(+_+)
(思わず夫に確認してもらっちゃいました… 息子のいいにおいとくさいにおいの基準を知りたい…)
息子が嗅覚の敏感期のうちは精一杯いいにおいのおかあさんでいたいものです。。。

+いっくん 3歳1ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-08-24 20:46 | ■モンテッソーリ教育