はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:■モンテッソーリ教育( 115 )

【季節のおしごと・春】さくらのモイストポプリづくり


さくら舞い散るだいすきな川沿いの散歩道にて。
e0269946_19554275.jpg
川面が花びらで覆われて、まるでさくら色の道のようになっていました。

そろそろさくら色の世界ともしばしのお別れのようです。
葉桜もだいすきなので楽しみだけど、このいかにも春!という色彩はやっぱり特別ですね。

毎日のようにお散歩していたので、いろいろな人たちと挨拶を交わしたり、おしゃべりしたりできました。
おじいちゃま・おばあちゃまたちは特に息子のことを可愛がってくれてうれしかったなぁ。
一緒にプチお花見みたいにもなったりして。辛いおつまみもらったときはちょっと困ったけど(笑)
袖触れ合うも多生の縁、ではないですが、出会う人々すべてが愛おしく感じる今日この頃です。

あ、いけない、前書きが長すぎるのがわたしのいかんところですねぇ^^;;
一応脈絡はあって(笑)先日記録したように、息子とさくらの花を拾い集めていたら、
「そんなにどうするの?ポプリにでもするの?」とご婦人がニコニコ声を掛けてくださったのです!

ポプリ!そのアイディア頂戴いたします♪
ということで、いろいろ調べてみたらモイストポプリなる製法を発見!つくっちゃうよ~♪
ちなみに作り方は「さくら ポプリ」でググってでてきた個人サイトさんのものを参考にしました。
(リンクして良いかわからないので興味のある方はググってみてください^^;;)
e0269946_205575.jpg
参考にさせてもらったサイトさんがスミレもいれていたのがきれいだったので、スミレ摘みにもGO♪
ふっふっふ!ご近所にすみれ地帯があるのを発見しておいてよかった~!(笑)
e0269946_208679.jpg
帰宅後、新聞紙の上に花をひろげて軽く水分飛ばし。花と茎を分けるのを息子とやりました♪
e0269946_209319.jpg
さて、せっかくなのでお仕事っぽくしてみました~♪ 
軽く水分を飛ばしたさくらとすみれとお塩と蓋が金属でない瓶と木のスプーンをトレーにセット!
e0269946_20124189.jpg
まずはいちばん下にお塩を敷き詰めて、花をいれて、その上にお塩・・・
e0269946_20132083.jpg
お塩→さくら→お塩→すみれ、以下ループで、いちばん上をお塩で蓋をするようにして・・・
e0269946_20142423.jpg
完成~!はじめてつくったのでこれでいいのか若干不安が残りますが^^;;
e0269946_2016352.jpg
冷暗所にて1週間~1ヶ月保存ののち混ぜるらしいので、息子と良さげな場所探し。
我が家でいちばん気温が安定している&残念ながら暗い^^;;のは玄関かな、ということで、
ただいま玄関の棚にモイストポプリさんが鎮座しています(笑)

とりあえずつくって4日ほどたちましたが、蓋をとると桜餅のような香りがする~!
せっかくなので様子をみつつ1ヶ月ほど寝かせてみる予定です。
出来上がったらどうするんだろう?お風呂にいれてみようかな~?
モイストポプリはうまくつくると50年でも保存可能で香りも持続するそうですが・・・!
上手くいったら季節のお花たちでいろいろつくってみてもいいかなぁ、なんて夢見ています♪

さくらとはしばしのお別れかと思いきや、こんなかたちでまだしばらく楽しめそうでうれしいです*^^*
息子も毎日玄関の春が詰まった瓶をチェックしています♪ 一緒に混ぜる日が楽しみだねぇ。

そうそう、この日の晩は、さくらの絵本と一緒にこれまたお気に入りのスミレの絵本を読みました♪

すみれとあり (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)

すみれとあり (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)
矢間 芳子(著) 森田 竜義(監修) 福音館書店

スミレ摘みにいったとき息子がもった疑問や発見に優しく応えてくれる絵本です。
蟻とスミレの関係、なるほど~!みんな繋がっているんだねぇ、と二人でしみじみ~(!?)。

五感を刺激する、自然を感じる、手をつかう、という点でモンテッソーリっぽいかな?
と、お仕事と名付けましたが、まぁなんでもいいんだと思います、親子で楽しめれば(おいおい)。

とにかくお外にでてみればいろんな出会いや発見があるものです(やっぱりしみじみ~)♪
春といえば新生活!わたしも息子に負けないようにアクティブに行こうと思います!

+いっくん 3歳9ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-04-09 20:34 | ■モンテッソーリ教育

イーゼルでいつでも絵具あそび


前回の記録でイーゼルでシールあそびしていることを書いたので、
その流れで最近の息子のイーゼルでの絵具あそびのことを記録しようと思います~

我が家のイーゼルは確か息子が1歳半の頃に導入したものです。
通常はトレイに蜜蝋ブロッククレヨンと普通のクレヨン、あとダストレスチョークを置いています。
絵具あそびもすきなので、折々チューブの絵具をパレットにだしてお絵かきしてきました。
で、最近のおはなしなのですが、固形水性絵具パレットを百均でたまたま発見し、購入~
(もう3歳半も過ぎたので、口に入れたり無茶はしないと判断し、百均アイテム投入^^;;)
e0269946_22181857.jpg
気に入ったようです。これはこれでなんだか芸術家っぽいね~(親ばか)。
固形絵具を水で溶いてつかう、というのが面白かったようで、すっかりはまっています~
e0269946_22221813.jpg
いっくん画伯のアートが完成しました、なかなか素敵な色味だと思います(再び親ばか)。

描きたい!とこどもが思ったときにすぐにその情熱に応えてくれるイーゼル、素敵なのです。
そして、モンテッソーリの環境では、イーゼルはだいたい用意されているもののようです。
準備からお片付けまでの自立の要素もあり。からだいっぱい使って描くので全身運動になったり。
e0269946_22263045.jpg
我が息子も案の定・・・!えっと、指に水をつけてなにをしていらっしゃる・・・?
e0269946_22274236.jpg
ふむふむ、その指でパレットの固形絵具を溶く、と・・・
e0269946_22282526.jpg
あ、そうきますか、って予想していましたが、まぁ、そうしたくなるよねぇ。
e0269946_2229653.jpg
こんな感じなので、汚れを気にせず描けるようわたしのお古のTシャツを着用している息子です^^;;
e0269946_22312398.jpg
毎日量産される息子の魂の絵は、玄関の壁などに飾ったりしています。

我が家のイーゼルはトイザラスブランドのものを半額だったときに購入したものです、
成長に合わせて高さを調整できるのはよいですが、結構大きくて場所をとるのが難点かな。
人気なのはIKEAのものなのかな、と思いますが、もしわたしが今新たに購入できるなら、
黒板でマグネット遊びもできるボーネルンドのアクティビティ アート イーゼルが欲しいです~
 ⇒ボーネルンド アクティビティ アート イーゼル

普通のお絵かき帳(頂き物)や裏紙などでもお絵かきを楽しみますが、
絵具であそぶとなると、断然イーゼルの方が敷居が低いというか、とっつきやすいと感じています。
描きたい!と思ったその時その気持ちに応えることができる環境、なかなかよいです。

というわけで、息子3歳のアートの記録でした。

+いっくん 3歳7ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-02-20 22:48 | ■モンテッソーリ教育

ひらがなシールで「書く」


息子いっくん、ちょこちょこ記録している通り、ただいま文字の敏感期の真っ只中です。

 ⇒文字の敏感期到来?ひらがなへの興味:http://my19.exblog.jp/21325926/
 ⇒【文字の敏感期】はじめての音読:http://my19.exblog.jp/21678119/

前記録で、音読のほかに文字の敏感期関連で面白いことがあったと書きました。
今回はそのことを記録しておこうと思います:

我が家にはイーゼルがありまして、いつでも息子がお絵かきしたりできるようになっています。
e0269946_23131125.jpg
あるとき、そのイーゼルにセットしてあった紙に、息子がシールを意図的に並べて貼っていました。
なんだ~?と見ていたら、家族みんなの名前をひらがなシールで「書いて」いました…!
少し前におじいちゃんに買ってもらったシールブックにひらがなシールが入っていたようです。
息子は自分の名前をフルネームで(ごめんなさい、全部隠しているのでわからないですよね^^;;)、
あと、わたしの名前の「ゆうこ」とおとうさんの名前の「かず○○」をシールで書いていたのでした。
※鉛筆を使って文字を書いていなくとも、モンテッソーリ的にこの行為は「書く」に分類される、はず。
※IT勉強会で出会った「書くものを持たずして書く」という概念はとても印象的でした。
e0269946_23104341.jpg
これは「おじいちゃん」と書きたかったそうなのですが、シールが足りず途中で断念したもの。
本当にひらがなに夢中で、恋をしているといっても過言ではなく。まさに敏感期です。
シールをきれいに並べることにも熱心でした、派手にずれるのは嫌みたい。3歳すぎてもぴったりずき。

こういうのをみると、ひらがなスタンプがほしい~!と思ってしまいます(>_<)
ひらがなを読み始めたけれど、まだ書く段階ではない、でも書きたい!
そんな文字の敏感期にいるこどもたちにとってひらがなスタンプはきっとぴったりなお仕事。
特に今息子はスタンプ遊びにもはまっているので、あったらなおさら喜ぶだろうなぁ。

ブログもショップも素敵すぎて個人的に大大大ファンなモンテママのたからものさんの
ひらがなスタンプセットが見た目にも機能的にも最高すぎて購入したい欲がうずうずと・・・!
e0269946_23451333.jpg
ひらがなスタンプセット:http://www.montemama.com/?pid=36692185
※画像はモンテママのたからものさんからお借りしましたm(__)m

店長Asakoさんの息子さんが実際に使用されているブログを読んでますますうっとり~
⇒ひらがなスタンプセットが届いた!:http://blog.montemama.com/?eid=411636

教具を使うお仕事などは幼稚園にお任せすると決めているのですが、決心が揺らぎそう^^;;
とはいえ、まだ園では言語のお仕事はしていないようですし、あ、担任の先生に相談してみようかな。
幼稚園で吸収してきたことを、うまくおうちでフォローアップする形がいちばん望ましいですよね。
先走らず、園や先生方を信頼し連携をとって息子の成長をお手伝いしていきたいものです。

親のわたしがこの情熱に応えてあげたい!と想わずにはいられないほどの息子の文字の敏感期。
今日も目につく文字を読めるだけめいっぱい読み上げて満たされた顔をしていた息子です。
こどもは「今」を生きているな、わたしもこのくらいなにかに夢中になりたいな、なんて思うのでした。

+いっくん 3歳7ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-02-18 00:05 | ■モンテッソーリ教育

【文字の敏感期】はじめての音読


息子が文字の敏感期に入ったかな?と感じたのが3歳4ヶ月のとき、

 文字の敏感期到来?ひらがなへの興味:
 http://my19.exblog.jp/21325926/

その後も息子のひらがなへの愛がどんどん育っていく過程を目を細めて見守ってきました。

文字の環境としては、こちらから教えたりひらがな表を準備したり、ということは一切しておらず、
幼稚園でもまだ年少にも満たないこともあり、日常生活分野のお仕事がメインのようです。
そんな息子が文字に触れる時間ってどこにあるんだろうと振り返ってみると、
わたしや夫と一緒に絵本を読む時間になるのかな、と思い当たります。
それもただ絵本を楽しんでいるだけで特別に文字を意識させるようなことはしておらず。

昨日、そんな我が家にびっくりしてしまう息子の成長ワンシーンがやってきました。

ぐりとぐらすごろくの手作り収納ケースに貼っておいたメッセージをみつけた息子、
じーっと見つめていたかと思ったら、なんと本当に突然そのメッセージを読み上げ始めました・・・!
(息子がこのメッセージを見るのはこの時がはじめてでした)
e0269946_2153991.jpg
「さ・い・こ・ろ・こ・ろ・ん
 ふ・り・だ・し・か・ら・あ・が・り・め・・・さにぷつぷつはなに?・・・ざ・し・て・ぐ・る・ぐ・る・す・す・め
 ぐ・り・と・ぐ・ら・と・い・つ・し・よ・に・す・ご・ろ・く・し・よ・う」


流れるようにというわけではなく、一文字ずつ読んでいく感じではありましたが、
ゆっくり確かめるようにメッセージの全文を続けて最後まで自ら音読したのでした。

オレンジの部分、「さの濁点=ざ」の読み方を聞いてきたものの、他の濁点は読めていた~
文字の敏感期がはじまって少ししたころから、息子は濁点のついたひらがなを発見すると、
「おかあしゃん、○にぷつぷつ(=濁点)はなあに?」とよく聞いてくるようになっていました。
『ぷつぷつ』という表現が可愛くて『てんてん』だと教えずそのままにしているわたしは悪い母?^^;;

そして緑文字にした部分、『っ』や『しょ』などの拗促音はまだまだこれからだね~
モンテッソーリIT勉強会2年目の言語教育で拍あそびなど特殊音節の提示をみたのを思い出します。
わかりやすかったなぁ。モンテッソーリの系統だった言語教育は本当に素晴らしいのひとことです。
息子も、本人が興味を持てばですが、幼稚園で言語のお仕事にいずれ進んでいくのかなぁ。
そういえば、先日降園後の息子の口から鉄製はめ込み(メタルインセッツ)という
書くことへの(間接的)準備となる教具の名称がでてきたのを思い出しましたが、
同じ組の年上の子がやっていたのを見たのかなぁ。あこがれの気持ちを育てるのもいい経験だね♪

こどもの成長って親が引っ張り上げるものではないのですね。
こどもには自ら育つ力がある、大人はそれを信じて見守り寄り添ってあげたいですね。
これが好き!のエネルギー(敏感期)のすごさを今回も息子から教わりました。

息子の文字への親しみがここまで育まれたのはやはり絵本の力が大きいと思います。
e0269946_22541985.jpg
絵本棚に置いてある絵本の表紙のタイトルを気が付くと拾い読みしています。
e0269946_2255225.jpg
「おかあしゃん、へんだよ。とーますなのに「と」がないよ!」
何度も一緒に読んで音として覚えているタイトルと自分の知っているひらがなが当てはまらなくて、
変だと首を傾げる息子、『とーます』ってかいてあるはず、と思っているのですね。
こうやって少しずつひらがな以外にもカタカナがあること、他にも漢字などの存在を知り始めています。
(すっごい余談ですが、今息子はトーマス敏感期です、トーマス図鑑まで買っちゃいました~笑)

文字の敏感期にたっぷりの絵本時間、とっても相性がよいようです*^^*
それにしてもまさか文章を読むとは思ってもみなかったので今回は本当にびっくりしました。
赤ちゃん絵本ならもう自分で読めるかもね?と息子に伝えてみましたが、それは嫌だそうです(笑)
やってごらん、と言われてやるのは違うみたいです。そうだよね、大丈夫、わかったよ。
あと、絵本は読んでもらうものと思ってくれているみたいで、わたしはそれがとってもうれしいです♪

まだまだ文字の敏感期は続くと思いますが、息子の自然な成長が本当に楽しみです。
他にもちょっと面白いことがあったので、また別に記録します~♪

+いっくん 3歳7ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-02-12 23:22 | ■モンテッソーリ教育

モンテッソーリな節分でいい鬼はうち~♪


日曜日で単位認定試験全科目無事終了しました!
結果発表は月末ですが、手ごたえありなのでリラックスしています~♪
来期は都合により1~2科目にするつもりなので、しばらくゆっくり過ごせそうです、わーい*^^*

そんなすっきりモードのわたしとは裏腹に、今朝の息子は浮かない顔で登園拒否・・・!
なんとか車に乗るよう促して出発しましたが、園につくころようやく理由が判明、

「いっくん、鬼が怖いから今日は幼稚園休む・・・涙」

それかー!!!節分だから鬼がくるって知ってたんだねぇ^^;;
理由はよーくわかりましたが、先生たちが守ってくれるから大丈夫だよ、となんとか促して園のなかへ。
先生に事情を話したら上手いこと息子を連れて行ってくださいました、さすがです!
「いっくんは想像力が豊かだね~」なんて言ってくださった先生、感謝感謝(-人-)

しかしここまで鬼こわいこわいだとなんだかな~と思い、鬼イメージアップ大作戦を考えました(笑)

帰宅後、まずは工作好きな息子に一緒に鬼の角をつくらない?と誘いまして~
e0269946_20441236.jpg
拒否されたらどうしようかと思いましたが「角つくりたい!」といい感じ♪
最近の息子のハサミのお仕事はイラストの線に沿って切るレベルのようなので、
適当に画用紙に角になるよう線を書いて、それを息子にハサミで切ってもらって~
e0269946_20452761.jpg
模様も書いてみようか~とクレヨンでぐりぐりして~
e0269946_21315390.jpg
細長く切った黒画用紙を輪っかにし、両端に輪ゴムをかけて留め、頭にかぶれるようにして、
それに角を糊付けして鬼の角完成~(頭に付けていますが角を緑と黒で塗りつぶしたので見えにくい;;)

次はお豆をつくりましょうか♪
e0269946_214323.jpg
いっくん秘蔵の折り紙ボックスを持ってきてもらい(笑)一緒にくしゃくしゃっと丸めて~
e0269946_20581562.jpg
できた色とりどりの折り紙豆は画用紙でつくった豆入れ箱がわりのおこぼしいれへ~
さぁ、これで鬼がきても安心だ、こわくないぞ~

なになに?本物のお豆が食べたい?
e0269946_211680.jpg
年の数だけ食べましょう(数え年が本来は正しいみたいですが今回は満年齢にしました)。
せっかく数の敏感期にいるところなので、ちょっと数を具体にして見せることを意識してみました。
まずは息子の豆を「1、2、3!」と数えてもらい、次におかあさん(わたし)の豆を一緒に数えます、
「1、2、3、、、10!」と10を塊で見てもらい、10、20、30と1でおかあさんは31粒、と伝えてみました。
モンテッソーリLOVEな方はきっと感づいてくださっていると思いますが、ヒントは金ビーズです♪
(金ビーズとはモンテッソーリの算数教育で使用される数を具体で感じるための教具です)
頭で数えるだけでは抽象的な印象だけの数字も、こうして具体でみるとわかりやすいのかなぁ。
「いっくんの少ないね。おとうしゃんのはたーーーくさんだね!」というのは息子の感想です。

かぞえたりじっとみたり満足した後はさっそく食べちゃえ~!
e0269946_21172829.jpg
まだ帰宅していなかったおとうさんの分はお皿に移してもらいました。
「つまむ」も3本指をよく動かすとってもいいお仕事になります~
そうそう、最初は3粒で納得していた息子ですが、あとからこっそりもっと食べましたとさ(笑)

そんなこんなで待ちに待ったおとうさんが帰宅!
e0269946_21205819.jpg
幼稚園で先生から恵方巻きのことを教えてもらった息子が楽しみにしていたので、
即席恵方巻きをつくることになりました、まきすがないのでサランラップで、、、^^;;
卵も乳製品も×な息子なので、中身は納豆と照り焼きチキンにしました~
e0269946_2129211.jpg
方位磁石まで持ち出して方角を確認し、最後まで黙って食べきった!意外!もとい偉い!

さぁて、そろそろいちばん盛り上がるイベント、豆まきですが・・・
e0269946_21352228.jpg
その前に「あのね、よい鬼もいるんだよ!」と息子がおとうさんに絵本の読み聞かせタイム~(笑)

絵本は、鬼こわいこわいな息子に、本日本屋さんで入手してきた1冊

おにはうち! (ピーマン村の絵本たち)

おにはうち! (ピーマン村の絵本たち)
中川 ひろたか(著) 村上 康成(イラスト) 童心社

思い込みや見かけで判断してはいけないよねぇ、というメッセージ、伝わるかな?
可愛い鬼のにおくんや、優しい園長先生、節分の由来なども息子はお気に召した様子。
「この鬼だったらこわくないよ、もう1回読んで*^^*」だって。わーい、大成功でした♪

さぁ、いよいよ我が家にくる鬼はよい鬼か、悪い鬼か・・・
e0269946_21455956.jpg
「おにはぁぁぁぁぁぁそとぉぉぉぉぉぉ!!!!!!」
全力でカラフル折り紙豆を鬼(おとうさん)に投げつける息子・・・!
結局絵本の「いいおにはーうちー♪」は採用されず、おとうさん鬼は悪い鬼設定!
鬼(おとうさん)は善戦するものの、最後には力尽きてドアの外へ逃げていきました(笑)

「やった!鬼、またくるかな?またこないかな~?(わくわく)」

鬼は律儀に息子の期待に沿って現れ、この後同じ戦いが3度行われ(笑)
そのたびに折り紙豆を拾い集めて箱に戻し(片づけやすかったです♪)、
これにて我が家の節分は楽しく終了~♪

まだまだ鬼は怖いようですが、少し違う印象も持ってくれたようでなによりです。
今日はおとうさんが頑張って早めに帰ってきてくれたので家族そろって楽しめました。
そして息子は今おとうさんが寝かしつけてくれています♪ よい夢見てね~♪

自分の国の文化を知ることも、工作することも、お料理することも、五感を意識することも、
みんなみんなモンテッソーリ教育で大切にされていることだと思います。
特別なものは何も用意しなかったけれど、おうちにあるものだけでこれだけ楽しめました*^^*

いろいろなことを知ると、あれもない、これもない、とないものばかりに目がいきがちですが、
よーくみれば必要なものは全部自分のまわりにあるんだなぁ、と改めて感じました。
必要なのは愛とちょっとしたアイディア、なんていっちゃうと恥ずかしいかな・・・^^;;
とにかく家族そろって楽しい時間がもてたことに感謝です(-人-)

+++++

試験も終わってなかなかPCを触れなかった反動もあり、写真たっぷり記録になりましたm(__)m
これまでIT勉強会、チル大、パワーリーディング、通信大学と、突っ走ってきましたが、
これから夏までちょっとのんびり自分と向き合う時間にしていこうかな~と思っています。
チル大はまだまだコンテンツが残っているので少しずつ進めていくぞ~!

+いっくん 3歳7ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-02-03 22:04 | ■モンテッソーリ教育

お散歩道で線上歩行♪


息子が幼稚園で楽しみにしているお仕事のひとつに「線上歩行」があります。

線上歩行というのは、こどもの足幅くらいの太さの線で床に楕円形を描き、
その上をこどもたちが体のバランスを取りながら歩く、というお仕事です。

お散歩に行くと白線や縁石の上を歩きたがる時期がこどもにはあると思いますが、
体のバランスをとりたい、という平衡感覚を身につける時期に現る敏感期のひとつ、なのでしょうか。
(ちなみに線上歩行の対象年齢は3歳~、モンテッソーリ園であれば2歳半~となっています)

降園後、お世話になったこどものいえの先生にお手紙を出すために近所のポストまでお散歩~
e0269946_22271232.jpg
おぉ、白線の上を線上歩行している~!ただ線の上を歩くのではなくて、独特の歩き方なのですよね。
IT勉強会の映像資料で見たことはありましたが、我が息子でライブでみる日がくるとは・・・(感動)
片手にお手紙をしっかり持ち、もう片方の手には相棒のギズモちゃんとわんちゃんカバン、
線上歩行もただ歩くだけから鈴をもったり火を灯した蝋燭をもったりと内容が変化していくらしいですが、
物を持つといろいろなことを気にかけなければならず難易度がUP!それだけ集中度も増すようです。
e0269946_2233780.jpg
ちょっと前までは手を繋がないと怖くて長くは歩けなかった縁石の上・・・
これだけ荷物を持っているのに、バランスを取って「自分で!」歩いていく息子・・・!
何度か足を踏み外して転びましたが、ふぇ・・・と小さく呻いたものの、落ち込むこともなく、
自ら体勢を立て直し、再び縁石の上にのって歩きはじめるのでした。
成長したのもあると思います、が、それに加えてやはり敏感期のエネルギーはすごい。

ポストまで普通に歩いていけば往復15分かからないくらいなのですが、
ゆっくりおはなししたり発見したりもあり、なんだかんだ1時間くらいのお散歩になりました。
知らなかったらイライラの素になっていたかもしれないこの行動。
線上歩行で養える能力は「平衡感覚」「意志力」「独立心」・・・こころとからだのコントロールです。

こどもは親の邪魔をしてやろう、だなんて思っていないのですよね。
ただ、その時自然から与えられた宿題に一生懸命になって全力で取り組んでいるだけで。
「無駄なこだわり」としてみてしまうと親と子の戦いになってしまうことも、
モンテッソーリの視点でみれたとしたら、微笑ましく眺めてあげられる時間が長くなります*^^*
現実を変えようとするのではなく、意識を変える、最近わたしが得た気付きのひとつです(謎?)。

しかし、やはり路上など好き勝手にやってもらうには危険を伴う場所があるのも事実。
そういう時は、(敏感期が現れていたら)おうちのなかで床にテープをはったりしても楽しそう?
大切なのは、こどもの「今」を捉えて、できることでそれに応えてあげるという親の心構えかな。

「おかあしゃん!影がすっごく長いよ~!」
e0269946_2245153.jpg
まるで世紀の大発見をしたかのような息子の表情!お散歩って楽しいねぇ。
本当にこどもにとっては世界の全てがまだ真っ新なのですよね。うらやましいなぁ。

気温が低いので長時間のお散歩はなかなか堪えるのですが^^;;
ポストに先生へのお手紙をポトンと入れるときの息子は本当に嬉しそうだった♪
息子の満たされた表情をみていると、こころはぽかぽかあたたかくなるのでした♪

+いっくん 3歳6ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-01-17 23:21 | ■モンテッソーリ教育

モンテッソーリで育つ!自分で考える子ども


久しぶりに、「いいな♪」と思えるモンテッソーリ関連書籍に出会いました~!

モンテッソーリで育つ! 自分で考える子ども

モンテッソーリで育つ! 自分で考える子ども
学研教育出版(編集) 学研教育出版 (2013/10/8)

オールカラーが◎、なにより装丁が可愛すぎて手に取らないわけにはいかないのでした*^^*
帯に「今日からすぐにご家庭で実施できます」と書いてありましたが、その通り、
おうちモンテッソーリをスムーズに楽しむためのポイントをシンプルに抑えた内容がいい感じです♪
大切なポイントやケーススタディなど、子どもの見方、援けかたがよくわかりました。

「最低限の援助」「待つこと」「自己教育力」・・・
分かった気になってしまうとせっかく学んだ知識も錆びついてしまうなぁ、と、
久しぶりにモンテッソーリの考え方を復習というか再確認できてよかったです。

さらっと読める厚みですが、この本の最大の特徴はDVDがついてくることかもしれません。
シリーズになっていて、他にも2冊あったのですが、わたしはお年玉をもらっていないので(笑)
悩んでDVDの<モンテッソーリを実践する園の1日>が魅力的だったこちらの1冊をまずは購入~
紹介されているこどものいえの1日を普段みることのできない息子の園生活と重ねて観ました。
映像でみれるってやっぱりいいなぁ、わかりやすいなぁ、って思います。
特にモンテッソーリのメソッドは視覚的に確認しないとわかりにくい部分があると思います。
画質はきれいだし、編集もよくできているし、個人的感想として24分間のDVDのクオリティは◎。

その特質からか、誤解されやすく閉じた世界になってしまっていると感じるモンテッソーリ教育ですが、
こういった本がでてくるということは、少しずつ受け手側の親の意識も変わってきているということかなぁ。
なーんて。偉そうなことを言える立場では全くないのですが^^;; まだまだ勉強勉強!
e0269946_010503.jpg
息子は今年お年玉ではじめて自分でほしいものを考えて購入する体験をしました。
お年玉を受け取ったとき、自分のものだという意識が息子から見えたのと、
今まで一緒に買い物するなかで息子なりにお金の印象?理解?ができている様子だったので、
親子で話し合い、使わせていただく分、貯める分、献金する分、を考えてわけました。
その使わせていただく分のお年玉から息子が考えて購入したのが水族館のうみの生きものスタンプ♪
どんなものを買うと言っても絶対受け入れよう、と変な覚悟をしていたわたしなのですが^^;;
毎日自分のスタンプノートを取り出しては楽しそうにスタンプで遊んでいる息子です。
お金の理解はまだまだでも、自分のお年玉で買った!という昂揚感そのものがお年玉というか、
喜びを運んでくれたお金とそれをくれた人たちに対する感謝の気持ちが印象に残ればよいです。
お年玉をくれたおばあちゃんも息子のお年玉で買ったよ!の笑顔に喜んでくれてみんなハッピー♪

つい先回りしたくなったりこちらの都合で自分のいいように意見したくなりがちですが、
モンテッソーリのまなざしでこどもに寄り添えば、自分で考える子どもに自然に育っていく、
大切なのはやはり親のこころの在り方なのだなぁ、と繰り返しになりますが最近強く感じています。

こちらの本にあったコラムのモンテッソーリのことばがこころに触れたので書き留めておきます:


「わたしが今世紀の偉大な教育者と呼ばれていることに、異議を申し立てなければなりません。
 
 なぜなら、わたしがしたことは子どもを研究したにすぎないのですし、

 子どもがわたしに与えてくれたものを受け取り、表現したに過ぎないからです。
 
 そしてそれがモンテッソーリ方式と呼ばれているものなのです。

 せいぜいわたしは、子どもの通訳者であったにすぎません。


すべての母親たちに多かれ少なかれ本来この通訳する能力は備わっているんじゃないかなぁ。
きっかけさえあれば眠ってしまっているその能力は目覚めるんじゃないかなぁ。
もちろんきっとわたしも。そんなことを思ったりしつつ。
それに気づかせてくれるこどもたちに感謝しなければいけないなぁ、とも。

他のシリーズもお財布と相談しながら揃えていこうかな、全部可愛すぎます(´◇`*)

モンテッソーリの子育て おとなが子どもにできること

モンテッソーリの子育て おとなが子どもにできること
学研教育出版(編集) 学研教育出版 (2013/11/5)

モンテッソーリの子育て 子どもの力を引きだす環境

モンテッソーリの子育て 子どもの力を引きだす環境
学研教育出版(編集) 学研教育出版 (2013/12/3)

すべての子どもたちにモンテッソーリという選択肢が与えられる世界になりますように。

+いっくん 3歳6ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-01-09 00:45 | ■モンテッソーリ教育

こどものいえのクリスマス会


息子の幼稚園も長い冬休みに入りました。
9月に入園してからいろいろありましたが、今ではすっかり幼稚園だいすきっこです。
クリスマス発表会では舞台の上で堂々と踊っていてなんだかじーんとしちゃいました。
一生懸命踊りながらもキョロキョロとわたしを探している姿はもう可愛くて可愛くて・・・!
(園では基本縦割り活動なのですが、クリスマス発表会などで横割り活動も経験します、
しかし齢や息子の出番に関係なく、子どもたちすべてが愛おしくて、涙ぐんじゃって困った~^^;;)
e0269946_22481397.jpg
相変わらずお仕事もだいすきなようで、たくさんたくさん持ち帰ってきます。これはのり貼り。
ハサミきりは線に沿ってきるパターンになっていて、縫いさしのパターンもレベルがあがっていたりと、
そのどれもが数ヶ月前の同じお仕事のそれらよりレベルが上がっていて成長を感じました。
持ち帰りのできない園でのお仕事もいろいろ楽しんでいるようです。よかったね!

幼稚園たのしい!先生もお友達もだいすき!生き生きとした息子の笑顔をみるのは嬉しいものです。
とっても悩んだけれど、息子から受け取ったメッセージを信じて満3歳入園にしてよかった、
そう振り返りながら、ふとこどものいえのことがなんだかものすごく懐かしくなりました。

本当だったら息子は3年保育で幼稚園には来年4月入園の予定でした。
それまでは今年4月にご縁あって入園させていただいたこどものいえにお世話になるはずでした。
はじめての母子分離、だいすきな先生とお友達という存在に出会ったこどものいえ・・・
本当にあたたかくてそこはまさに「愛」そのもので、息子にとってもわたしにとっても特別な場所でした。

こどものいえからの卒業:http://my19.exblog.jp/20842318/

それゆえに、息子に、そしてわたしに、里心がつかぬよう、意識的に気持ちを切り替えていました。
でも、ふと 今なら大丈夫だね と自分に思い、そのままこどものいえの先生に電話をしていました。
久しぶりの先生のお声はあたたかく、今年度最後の日のクリスマス会に是非とお誘い頂きました。
息子とわたしは一緒に大喜び!お言葉に甘えて本当に飛び入り参加させていただくことに!

だいすきな先生たち、突然の参加でもあたたかく受け入れてくれたママさんたち、
たった数ヶ月で大きく成長していたこどもたち、また会えて本当にしあわせを感じました*^^*
e0269946_23261033.jpg
イベントのひとつ、先生お手製のクリスマスリース土台に親子でシールをはって飾るお仕事♪
シールを全部貼る!と集中状態に入ってしまった息子、時間になってもその場から動かず・・・^^;;
それでも場の流れではなく、こどもたちの「今」に寄り添ってくださる先生方、最高です。
自分で納得するまでシールをはった大切なリース、帰宅後さっそく玄関のドアノブに飾りました。

なにせ卒園を決めたのが急だったので、ママさんたちに連絡先も告げずじまいだったわたし、
是非これからも会いましょう、という嬉しいお言葉を頂いて、皆さんと連絡先を交換してきました。
社交性に乏しいわたしは引越後近くにお友達と呼べる人がいなかったので本当に嬉しかったです!
皆さん本当に素敵なママさんたちばかり。共有するものがあるからか心地よい関係でいれそうです。
そしてちょっとしたニュースというか・・・そのうちのひとりのママさんにこのブログを発見されていました(笑)
息子の初恋のお相手Yちゃんのママ、みつけてくれてありがとう、これからもよろしくお願いします*^^*

クリスマス会が終わってからも、なんだか名残惜しくてその場に残ってしまった息子とわたし。
だいすきな先生方とこころで会話をすることができ、胸がいっぱいになりました。
卒園の日と同じように、言葉はなくなりただただわたしをぎゅっと抱きしめてくれた先生・・・
「こどもたちはみな天使」「こどもが教えてくれます、親にさせてくれます、大丈夫」
・・先生方のお言葉はどれもが本物で、まだまだ未熟者なわたしのこころにしっかり届きました。
息子も先生方とたくさん触れ合えて本当にしあわせそうでした。ありがとうございました。

いつでも帰れる場所がある、こんなにしあわせなことってそうありません。
モンテッソーリというひとつの信念を通して、たくさんのかけがえのない出会いを頂きました。
いつでもがむしゃらだったけれど、息子を、自分を信じて選んできてよかったと思います。

いよいよクリスマスはすごそこですが、すでにたくさんのプレゼントを受け取ったわたしと息子です。
このしあわせをきちんとまわしていかねば、今はそんな気持ちでいます。

世界中のこどもたちが、こどもの心を忘れぬおとなたちが、笑顔で過ごすクリスマスになりますように。

+いっくん 3歳5ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-12-24 00:01 | ■モンテッソーリ教育

オリジナルパターンカードで遊ぶペグさし♪


さすが師走です、気づいたら1週間なんてあっという間(わたしがぼーっとしているだけ)!
そろそろ世界中のサンタクロースさんたちがクリスマスプレゼントの準備に奔走するころですね。
我が家もクリスマスには久しぶりに新しいおもちゃがサンタさんから贈られる予定です♪

ちょっとその前に今あるおもちゃをチェックしておこうと見ていたら気になったのがペグさし。
以前の息子の興味や発達に合わせて簡単な工夫を加えてお仕事として用意していたのですが、
モンテッソーリのこどもの家にお世話になっていたころに、一旦片づけてそのままになっていました。
(ペグさしにちょっとひと工夫♪:http://my19.exblog.jp/19763765/
今回せっかくあるのにもったいないかな~と思い、お仕事としてでなく、おもちゃとして復活させてみる?
と、息子のいない間にペグも付属のパターン表も全部セットして出しておいてみると・・・
e0269946_22204869.jpg
発見時の言葉:「おかーしゃーん!なに、これぇ!こんな素敵なもの用意してくれたの~!ありがとう~!」
幼稚園に行きだしてから、会話力が格段にUP&表現が若干大げさになっている息子です(笑)
どうやらパターン表がツボだったらしく、サポートが必要でしたが、どんどんパターンをつくっていました。
が、しかし、付属のパターン表には4つしかパターンが載っていないのですよねぇ、、、
もっとほしいな~!とネットなどにパターンが落ちていないかな~と探してみるものの発見できず。
(ちなみに我が家のこれはHABA社のペグさし・小です)
e0269946_22254130.jpg
というわけで、久しぶりに手作り♪ 息子が寝ている間に実際にペグで遊びながらエクセル職人になりました(笑)
(机の上が乱雑なのはご愛嬌ということで、お見逃しを~^^;;)
e0269946_22304758.jpg
オリジナルパターンたち(蝶だけはネットで拾ったパターンアイディアです)♪ 
くるまやチューリップ、熱帯魚にお星さまにハート・・・ そのように見えるでしょうか;;
e0269946_22265336.jpg
付属のパターンカードもエクセルにおこしておきました~
全部ラミネートして切り離し角を丸く処理して穴をあけ、ファイルリングで留めて完成~!
e0269946_22354593.jpg
再び発見時の言葉:「あたらしいのがある!!!いっくん、全部やる!!!やっほーい♪」
どうやら喜んでもらえたようです、よかったよかった♪ 指先&集中力を使いますがよく遊んでいます。
全部いっしょくたになっているペグをカラー別に分けたほうがいいかなぁ、など考えますが、
とりあえずしばらくはこのままになりそうな予感^^;; 

いずれは自らの想像力を駆使して自分なりのパターンを描いてくれればと思いますが、
まずはとっかかりとしてパターンを模倣してペグで描けるんだ!という楽しさを感じてくれればいいのかな~
なんて勝手に思っています。そのまえにサポートなしで自力で全部作れるようになるといいね♪
ともかく指先の細やかな動きや集中している姿をみると息子の成長を感じる母なのでした。
(息子でなくわたしの手作りですが創作の記録タグに分類しておきます~)

+いっくん 3歳5ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-12-09 23:05 | ■モンテッソーリ教育

いっくんのおにぎり屋さん開店♪


園にお迎えに行った後、お買い物に行ったりなんだりしていて帰宅が遅くなったある日。
夕ご飯どうしようかなぁ、とひとりごとのつもりでつぶやいたら息子が即座に反応、
「いっくん、おにぎりたべたい!いっくんがおにぎりつくってあげるよ!」

ちょっとまえに園でおにぎりを作って食べる日というのがあった影響かな~
わたし的には手に水をつけて塩をつけて・・・とだいすきなおにぎりの絵本を想像したのですが

おにぎり (幼児絵本シリーズ)

おにぎり (幼児絵本シリーズ)
平山 英三(著) 平山 和子(絵) 福音館書店

「ようちえんでおしえてもらったのといっしょにする~」という息子のリクエストに応えまして、
サランラップおにぎりをつくることになりました。味付けもリクエストによりゆかり&青菜のミックス。
机にある折り紙のおにぎりセットは横に座っているギズモちゃんのために息子が用意しました(笑)
e0269946_21435265.jpg
混ぜて♪ しゃもじですくって♪ サランラップの上に置いて♪ 
(しゃもじは手巻き寿司用の小さなもので息子の手にぴったりサイズ、自然素材だとなお良いですね・・・)
e0269946_2147556.jpg
サランラップの端をつまんで寄せてきて♪ (時折手についたごはんをつまみ食いもして^^;;)
e0269946_21482827.jpg
「ぎゅっ!ぎゅっ!ぎゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっ!!!」っと口でもいいながらにぎった愛情多めなおにぎりの完成♪
握ったそばから食べていってしまったので完成写真はなかったりしますが(笑)
おにぎりづくりは適時サポートをいれつつ息子にほぼおまかせしてわたしは小さなおかず作り。
ピックで簡単につまめるものをちょこっと作り、たくさんのおにぎりと一緒に簡単夕ご飯を楽しみました♪
たまにはこんな手抜き・・・もといイベント的なごはんの時間もあってもいいかも*^^*
息子は大はりきりで「おとうさんのぶんもつくるね♪」とおにぎり屋さんになっていました~
遅い帰宅のおとうさんも、息子が握ったと一目でわかる形のおにぎりに思わず笑顔になっていました♪

おにぎりで息子の愛情を感じたので、お礼におにぎり絵本で親子のスキンシップ~

だっこのおにぎり (ヒデ子さんのうたあそびえほん)

だっこのおにぎり (ヒデ子さんのうたあそびえほん)
長野 ヒデ子(著) つちだ のぶこ(絵) 佼成出版社

だっこのおにぎり♪ いっくんを こちょこちょこちょ~!!! ぎゅっぎゅっぎゅ~!!!!
逃げつつも嬉しそうな幸せそうな顔をする息子はなんとまぁ可愛いこと(親ばか万歳~!)

おにぎりってちびっこたちでも楽しくクッキングができていいですね。
e0269946_21593471.jpg
これは・・・息子2歳前後のころかな(前住んでいた場所だぁ、懐かしい・・・)
タッパにご飯を入れてシェイク、シェイク♪ ちびころまんまるおにぎりをつくっているところです。
振る行為にも、蓋を開けるとちっこくてまんまるいおにぎりができていることにも夢中だったなぁ。
最後にきな粉やごまをまぶして、おやつにして食べていました~

ほかほかのごはんの温度を感じたり、おいしいにおいを感じたりと、五感も刺激されますし、
しゃもじですくったり、握ったりと手もたくさんつかうので、簡単なのに満足度が高い!
おにぎりっていいですね、なんといっても日本人の心です、食べるとパワーが湧いてきます*^^*
いっくんのおにぎり屋さん、次はいつオープンするのかなぁ。楽しみです♪

+いっくん 3歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-11-29 22:35 | ■モンテッソーリ教育