「ほっ」と。キャンペーン

はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

【文化の敏感期】ようこそ、あたらしい地球儀!


このごろの息子、文化の敏感期に突入?と感じるシーンが増えてきています。
「文化」は、「日常」・「感覚」を基礎として、「言語」・「数」で培った力を必要とする、
モンテッソーリ教育5分野の集大成とも呼べる、ある意味この教育法の肝の部分、なのでしょうか。
幼児期後半(6歳前後)に現れるらしいので、夏には5歳になる息子も少しずつ近づいているのかな?

文化の敏感期のこどもたちは、知的好奇心旺盛で、この世界のすべてを知りたがるようになります。
年齢が上がることで自分をとりまく世界も広がっていくこの時期は、興味の対象が広がり、
歴史、地学・地理、宗教、道徳、音楽、芸術など、この宇宙にあるすべてが文化教育の対象になります。
モンテッソーリ女史は文化教育のことを『コスミック(宇宙的)教育』という言葉で表したそうです。

実はわたし、今月ちょうどIT勉強会てんしのおうちの3年目文化教育の過程を修了したのですが、
学び進めるほど、このコスミック教育こそがわたしがモンテッソーリ教育に惹かれた理由だと、
これまでのすべてがここに繋がっていたんだ!と、こころが振るえる感覚を得ました。
e0269946_1272240.jpg
amazonでは現在取り扱いがないようですが、こちらの本、マニアックながら興味深かったです。

あ、はい、息子の敏感期とタイトルの件にはなしを戻します。
えーっと、、、実際に文化教育のおしごとを本格的に体験するのはもう少し先なのかもしれませんが、
(幼稚園でも、年中さんから、となっている?みたい?)、おしごととは関係なく、日常生活のなかで、
絵本だったり、会話だったり、旅行だったり、いろんなことで息子に興味の種がまかれていたようで。

3歳になる前に初体験した飛行機での沖縄旅行がきっかけで購入した地球ボール。
(地球儀を買わなかった理由 ⇒ Vol.91: MG46 夜はどこへいっちゃったの?
e0269946_0515377.jpg
去年の夏のテキサス滞在がやはり実体験として息子に沁みたらしく(飛行機13時間だしね…)、
アメリカと日本の位置関係やら、絵本で見かけた他の国やら、見つけては喜ぶようになっていました。
地球儀ではなく空気でふくらますボールタイプだったので、すきな場所に持ち運んでうっとりチェック。
(ちなみに写真はシーツを洗い替え中のベッドでボールに夢中のおパンツいっくん&おとうさん…)
e0269946_10067.jpg
で、いろんなところに出現する地球ボールに「!?」となったので、定位置を設定したのが冬。
去年の夏に幼稚園からいただいた国旗&世界地図のポスターとともに、とりあえずリビングに~
これが多分また別に記録予定の国旗への興味に繋がったようなのですが、
あまりにも頻繁に活躍する地球ボールくん、負荷に耐えられなくなったのか空気が抜けてしまうように。

同じものを買い直すよりずっと欲しかった地球儀、そろそろデビューしちゃう?
とにかく今!ものすごく地理分野に興味があるから、購入保留するのはもったいないかな…
そんな思いで、ずっと片思いしていた地球儀をついに我が家にお迎えすることにしました!
e0269946_1501530.jpg
本棚の上に置こうとおもっていたけれど、息子が触りやすい国旗&世界地図ポスターの前に設置~!
(余談ですが、最近耳に鉛筆をはさむことがブームな息子です、なんでだろう…^^;;)




モンテッソーリ教育では、全体から部分へ、が基本なのですが、地学・地理の分野でも、
まずは宇宙から始まります、宇宙 → 地球 → 大陸 → 国 → 州・都道府県など → という感じです。
この地球儀、アクリル板に地球がすぽっとはまっているタイプで、まるで宙に浮いているようで。
宇宙のなかに地球があること、言語だけに頼らず視覚的にも伝えやすいかな、と思いました。
また地球のそのままをリアルに再現していて、まさに地球が水の惑星であることが眼で見てわかります!
陸域も海域も実際のデータそのままで、海洋底の起伏にとんださまざまな地形も表現されており、
46億年という気の遠くなるような年月によって創られた地球のまるごとそのままの姿なのです。
ちゃんと地球儀の役割も果たしています、国名が日英両表記なのもわたし的には高ポイント♪
そしてなによりいいなとおもった部分が、国境の線があまり目立たないことかもしれません。
e0269946_214622.jpg
モンテママのたからものさんより画像をお借りいたしました。店長さんのブログもおすすめです!)
モンテッソーリ教育で最初に出逢う地球儀は、陸と海の区別しかないのです(海と陸の地球儀)。
その後大陸別に色分けされた地球儀に進んでいきますが、最初に出逢うのは国境のない地球、
わたしたちは宇宙のなかの地球という星に住んでいる地球市民であり、さらに言えば宇宙市民です。
e0269946_223755.jpg
嬉しそうに、大事そうに、あたらしい地球儀をくるくる回す息子、何か感じますかぁ?
e0269946_2271961.jpg
かぽっとアクリル台からはずしてじーっと北極や南極をみたりもできたり(座ってやるお約束)。
(この北極・南極をしっかり確認することができるというところもわたしのおきにいりポイントです~)
知っている国をみつけたり、新しく興味のある場所をみつけたり、ただ大事そうに抱きかかえたり、、、
あたらしい地球儀をかなりお気に召したようです。これからどんどん仲良くなっていってくださいな♪

と、そんなこんなで、現在我が家のリビングにはちいさな地球が浮かんでいるのでした。
そしてただいまいっくんは国旗にも大はまりで春休みの特別おしごと@おうち、やってます。
地球儀もいっしょに活躍しているので、また記録します~

+いっくん 4歳8ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ

[PR]
by kakachan19 | 2015-03-31 02:34 | ■モンテッソーリ教育