はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

【言語のお仕事】小さい本づくりと悔し涙


幼稚園はそろそろ冬休みを意識するシーズンに入ってきました。
学期末になるとその学期を通したこどもの様子を担任の先生が連絡帳に書いてくださるのですが、
年少さん2学期の息子は言語のお仕事を中心に熱心に取り組んでいたと記されていました。
相変わらず文字LOVEねぇ、と連絡帳を読み進めていくと、目に留まるコメントがありました。
そのまま書いてしまうのはよろしくないかもなので、わたしの言葉で要約させていただきますと、

 書けない文字があると涙してしまうことがあったけれど、
 悔しい思いをする分、書けるようになるまで諦めずに取り組めた

という内容でした。これ・・・なんだかじーんとしてしまいました。

自分でやりたいと選んだお仕事だから、それをやるのが嫌で泣くのとは違うのです。
もっと上手になりたい、自分で最後までやり遂げたい、納得のいくような文字を書きたい、
いろんな思いが交錯して涙になってでてきたのかな、と想像すると、なんだかキュンとします。
そして、涙しても諦めず、自分で選んだことを最後までやり遂げたとき、
残るのは作品だけでなく、そのすべては「やった!できた!」という自信になって残るのでしょう。

先日息子が持ち帰ってきた言語のお仕事(書きことば 読み方)の『小さい本』です:
e0269946_21264335.jpg
表紙。こ、これは、五味太郎さん・・・!と突っ込みたい(!?)気持ちを抑えつつ、次のページ~
e0269946_2128223.jpg
「あたま」ですか、「あ」に何度か消して書きなおした苦戦のあとが残っているねぇ。
先日いただいた連絡帳のコメントにも「あ」を頑張っているって書いてあったっけ。
e0269946_21291698.jpg
「ぼうし」ね、「し」が鏡文字だけど、自分で気づいてゆっくり覚えていってくださいな。
e0269946_21301081.jpg
「はちまき」かぁ、っていうかなんか文字もだけど塗り絵頑張ってるねぇ・・・!
e0269946_21324131.jpg
「ちからもち」!文字がいっぱいだぁ。がんばったねぇ。
e0269946_21331340.jpg
最後は「ごあいさつ」で〆!おぉ?「あ」が一発OKでちょっと上手になってる?

裏表紙には堂々とした自分の名前が書いてありました。
それがなんかまるで「やったぞー!」って言っているみたいで微笑ましかったです。

家でも文字を自分で書いてみて納得できない仕上がりだと怒ったり泣いたりしています。
靴下に名前を書いてほしいと請われて書いてあげたらちょっと歪んだらしく、
「こんな字じゃない!」と書いてくれたおとうさんに泣きながら抗議したこともありました・・・(+_+)
家では絵本で、幼稚園ではお仕事を通して美しい文字に親しんでいるので、
息子の頭のなかではお手本のような文字でないと納得がいかないのだと思います。
そんな時、気持ちはわかるのだけれど、こちらに余裕がないと一緒に頭が沸騰しちゃったりして・・・
幼稚園では先生が上手く導いてくださっているのでしょう、小さい本からそれが伝わってきました。

余談ですが、、、小さい本でもよくわかりますが、ただいま塗り絵ブームの息子、
はみ出して塗ってしまっても納得いかず怒ります、、、消しゴムで消してもうっすら残るのが嫌だと。
で、先日文房具屋をブラブラしていたら発見したこちらの色鉛筆を導入するか考え中:

パイロット フリクションいろえんぴつ 12色セット ブル-

パイロット フリクションいろえんぴつ 12色セット ブル-

消しカスが出ないから、年末のお出かけの時などに塗り絵とセットで持ってくと重宝するかなぁ?

えっと、話を戻して・・・。
IT勉強会で頂いた資料の言語教育系統図を眺めていると息子の成長を感じます。
まるで小さな種が芽吹き育っていくように、段階を経てここまで来たと思うと感慨深いものです。

積み重ね、なのですよね。そして、自分が「すき!」と感じることなら涙したって頑張れる。
苦労しているという感覚はきっとないのでしょう。涙も怒りも自分自身に対してのみでてきているし。
この「もっとできるようになりたい!」という悔しさは息子をさらに押し上げてくれると思います。
そして、「できた!」はきっと彼の人生を今後大きく支えてくれる宝物になるでしょう。

わたし、見習わないと・・・。
息子の涙と先生のコメントから見失いそうになっていたことを思い出させてもらいました。
自分の「すき!」「やりたい!」を大切に、頭に邪魔させずにこころのままに進んでいこう。

というわけで、息子の文字の敏感期はまだまだ終わることなくどんどん進化しているようです。
2学期終了日にはお仕事のまとめを持ち帰ってくるのでそれをみるのが今から楽しみです*^^*

+いっくん 4歳5ヶ月+
[PR]
by kakachan19 | 2014-12-08 21:59 | ■モンテッソーリ教育