はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

【文字の敏感期】とにかく書きたい!


このごろモンテッソーリの幼稚園に通う息子が目新しいお仕事作品を持ち帰ってきます。
3歳半頃から現れ出した文字の敏感期、4歳になってどうやら新たなステージに突入中!?

事のはじまりは(と書くと大げさですが)家で自発的に文字を書きだしたことから・・・
e0269946_22491738.jpg
息子の机の上に置いてあった紙を何気なく手に取ってみるとなにやら文字が・・・
「すいか」って書いてあるぞ!?息子に聞いてみると「見て書いたの!」とるんるん教えてくれました。
ちょっとびっくりして園で文字を書くことを教えてもらったのか確認してみると「ううん。」という返事。
さらには「いっくんね、書きたいの!だから見て真似っこしたの!」との言葉。
ということで、担任の先生とのコミュニケーションツールである連絡帳に息子の様子を書いておきました。
といっても、こちらからお仕事の要望を出したり、息子が○○の敏感期です!という断定ではなくて、
家で文字を真似して書こうとしていること、書きたい気持ちがあることを、ただそのまま伝えました。
保育とモンテッソーリのプロである先生を全面的に信頼していますし、すべてをお任せしています。
その上で母親として息子と共に生活する中で発見した興味などについてはシェアさせていただくと、
先生が園での息子の様子やお仕事の進み具合に上手くマッチングさせてくれることも多々あります。
まず親が先生を信頼、尊敬し、お互いが協力し合う雰囲気になると皆がハッピーになれる気がします。

えっと・・・もともと春ごろからずっと鉄製はめ込みのお仕事に夢中だった息子、
e0269946_22555268.jpg
これまでも作品をいくつか持ち帰ってきていました。手首の運動をいっぱいしたね!

そして、最近新たに持ち帰ってきたのがなぞり文字のお仕事
e0269946_22564433.jpg
「あ」~「ん」までトレーシングペーパーで文字をなぞって書いたんだね~
持ち帰らない(持ち帰れない)お仕事もたくさんあるので、他にもいろいろ進めていただきながら、
まずは息子の「書きたい!」気持ちを満たしてくださったようです。数日かけて頑張った作品かぁ・・・!

おうちでもできるこんななぞり文字のお仕事もありますよ:
文字なぞり(言語教育) - お仕事紹介 - IT勉強会「てんしのおうち」

ちなみにこの作品を持ち帰ってきた数日後、たまたま会った先生とお話しする機会があったのですが、
文字がしっかりしていくように手首の動かす練習するお仕事も用意していきますね、とお話ししてくださり、
ちゃんと見ていてくれて、考えていてくれるんだなぁ、と、本当にありがたく思いました。

そしてそして!数日後に息子がこんなお仕事を持ち帰ってきた~
e0269946_22573217.jpg
連続鉄製はめ込みのお仕事!はじめて見る作品にわたしもドキドキ・・・
e0269946_225844.jpg
わぁ、こりゃすごい!息子も「いっくんがんばったんだよ~♪」と誇らしげでした。
鉄製はめ込みを少しずつずらしながらぐるぐるぐるぐる・・・なるほど、手首の運動だ~!

しかしこのお仕事、こどものころ遊んだ「スピログラフ」というデザイン定規を思い出すような
(厳密には違うのですが、手首をくるくる回して描くという点では似ているかな、と・・・):
子供もできるアート♪スピログラフ定規のハンドメイド術(NAVERまとめ)

新しいお仕事作品を持ち帰ってくることも新鮮なのですが、もうひとつ印象的なのが名前。
というのは、ちょっと前までは作品に記す名前は先生や同じクラスの上の年齢の子たちが
書いてくれていたのですが(縦割りの良さですね)、この頃は自分で自分の名前を書いてきます。
e0269946_2253474.jpg
家でも自分の名前量産中(っていってもほぼ消しているのでなにがなんやら、ですねぇ^^;;)。
ちなみに左側のピンクの紙に描かれた3つの顔は「おかあしゃん&いっくん&おとうしゃん」だそう。
名前の頭文字の「い」のハネが逆だったりするのはご愛嬌ってやつで・・・(+_+)
e0269946_2249317.jpg
これは最新作、何も見ずにいきなり書いたしまじろ(しまじろう、の意。「゛し」になっているのもご愛嬌~)
なぜしまじろうなのか、どこで覚えてきたのかは不明、左下の何かがしまじろうだそうですが(笑)

「文字を書きたい!」をすぐに文字に書くところにもっていってしまうのではなくて、
きちんと力強く滑らかに美しい文字が書けるように段階を経てお仕事を進めていってくれる、
モンテッソーリ教育のこどもの成長に無理なく寄り添ってくれるそういう部分がわたしは好きです。

今息子は園で「あ」をちょっぴり頑張りながら夢中でたくさん練習しているそうです。
嫌々やる、などとはほぼ無縁の世界。書きたくて書きたくて仕方がなくて、だから書く。
「「あ」ってさぁ、難しいんだよねぇ!」とお迎えの車中でにこにこ嬉しそうに話してくれる息子。
そのうち自分でお手紙とか書いたりするのでしょうか。本当に、こどもの成長はあっという間です。

そのあっという間の成長の中で限られた時期だけ発露する「敏感期」というかけがえのない時間。
育つことに全力な時期のこどもたちが押しこめられず曲げられずそのままでいられるように。
息子のキラキラした笑顔をみながらそんなことを勝手に願ってしまう今日この頃。

まずは自分から。今後も息子の「今」を摘み取ってしまわないよう気を付けていこうと思います。

+いっくん 4歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-11-11 00:27 | ■モンテッソーリ教育