はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

雨とあそぶ&本当の宝物(もりのようちえん第7回)


ずっとこころまちにしていた雨のもりのようちえん!です!

残すところ2回となったもりのようちえん、ずっとお天気に恵まれて(これはこれでありがたいけど)、
雨の日プログラムを体験しないままだったのがなんだかちょっと残念な感じがしていました。

第7回のこの日のお空模様はといえば、曇っているけど陽も時折射してくるし・・・
そんななんともいえないお天気の中、とりあえず晴れの日のテーマでもりのようちえんスタート!
e0269946_2265894.jpg
まずはこどもたちに茶色い木の実とその名称を書いた紙(カタカナ&ひらがな)が配られました。
『チャンチンモドキ』と書かれたその実は、今さっきwikipediaで調べてみたら
「環境省・レッドデータブックの絶滅危惧IB類に分類されている絶滅危惧種である」とありました。
インタープリターさんはいつもめずらしい木の実や種をこどもたちに紹介してくれますが、
そのめずらしい形だったりなんだりがこどもたちの興味をいろんなところに連れて行ってくれます。
息子と一緒に「チャンチンモドキってことはチャンチンってのがあるのか、それってなんだ?」と、
木の実を手にいろいろお話ししながら、さぁさぁ、どんどん歩いていきますよ~
e0269946_22133677.jpg
木の根元に穴がぽこぽこ。あぁ、もう蝉の羽化の季節ですね。しかし皆で探しましたが見つからず。

さぁさぁ歩く~!と、途中インタープリターさんがカタバミのおもしろい秘密を教えてくれました。
e0269946_2214558.jpg
カタバミの葉をもんで10円玉をこするとピカピカになるそうです!これはシュウ酸の働きだとか。
 参考:びっくり!カタバミ・マジック - 「身近な自然で遊ぼう」

さらに、朝露にぬれる草花を前にインタープリターさんから素敵な言葉が。

「みんな、ダイヤモンドがあるよ!キラキラ光って綺麗だよ!」
「わたしは本物のダイヤモンドはいらない。こっちのダイヤモンドの方が何倍も綺麗!」

こころにじわっと何かが広がりました。わたしも同じように感じています。
ダイヤモンドも確かにきれいだけど、草花につくひとつひとつの水滴の輝きも同じくらい美しい。

みずたまレンズ (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)

みずたまレンズ (かがくのとも傑作集 どきどきしぜん)
今森 光彦(著) 福音館書店

こちらはプログラムで紹介されたわけではないのですが、わたしがふと思い出した絵本です。
こどもの目で見れば、ダイヤモンドよりみずたまレンズの方が何万倍も美しく神秘的かもしれませんね。

さて、今回は一応晴れの日プログラムでスタートしたので、テーマは「ひかり」でした。
e0269946_22331281.jpg
これは白い画用紙に落ちる影を観察する、という内容。
息子の瞳もダイヤモンドに負けないくらいキラキラしていましたが、ここで空は曇ってきて・・・

雨だー!!!

急遽雨のプログラムに変更されることになりました。
e0269946_2234445.jpg
内心「わーい!」となりながら、持ってきていたカッパを着込み、配られた透明ビニール傘をもって・・・
e0269946_22354358.jpg
雨に絡めて、梅雨だからキノコが元気だね~と観察したり、苔さわってその感触を確かめたり。
e0269946_22375316.jpg
そして、傘に葉っぱなどを貼りつけて思い思いの絵を描こう!というプログラムへ~
ところが息子は急の大雨に怯み、拭っても拭っても顔が濡れるのが耐えられなかったという・・・
あまり積極的に傘にお絵かきプログラムは楽しみませんでした、残念。
普段からあまり雨にぬれるということを経験していないからかな、とかちょっと考えてしまいました。
e0269946_22434350.jpg
こちらは誰がコップにいちばん雨を集められるか、というゲーム。
絵を描くことをボイコットした息子が傘を反対向きにして置いていたため(申し訳ない・・・)、
そこにたっぷり集まった雨を注いだらあっという間にいっぱいになったという、なんたる棚ぼた(笑)
e0269946_22562132.jpg
残りは木から滴り落ちてくる雨水で調達。
『樹幹流』というワードをここではじめて知りました。本当に知らないことがたくさんあるなぁ・・・

ここで雨が強くなりすぎ土砂降り以上になってしまったので撤退~!!!
屋内退避して少し早いおやつタイムになったのでした。カッパを脱いでみんなほっとくつろぎタイム~
そして最後に残すところあと2回ということで、こどもたちではなくママさんたちの感想を述べ合う時間に。

「親子でいろんなことを感じて、再発見もたくさんありました。本当にありがとうございました。」

最後にインタープリターさんが自分の宝物だと言ってチョコレートの箱を出してきて、
あけてみせてくれたその中にはたくさんの木のみがぎっしり詰まっていたのでした!
どんな宝石よりも美しい宝物だと、そうインタープリターさんは大事そうに見せてくれました。

わたしも息子も、このもりのようちえんでたくさんの宝物を頂いたと思っています。
e0269946_23174465.jpg
胸に残るあたたかさをそのままに、帰宅後息子と一緒に木の実の宝物箱をつくりました。
いただいたチャンチンモドキも、前回のムクロジュもいれて。今まで集めてきた木の実たちや種たちも。

あと1回かぁ。。。正直寂しいです。
運が良くて当選すれば秋冬プログラムにも参加できるのですが、毎回大人気らしいからなぁ(>_<)
次回最終プログラム、何も考えずとにかくその時をめいっぱい楽しんで来ようと思います。

たくさんの宝物をありがとうございます、です。

+いっくん 4歳0ヶ月+


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-07-17 23:10 | ■センスオブワンダー