はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

森の香水づくり(もりのようちえん第4回)


やっと少し涼しくなってきた~!が!気温差についていけずしっかり風邪っぴき^^;;
おかげさまで熱も下がり、大学の通信指導問題も無事期限までに提出できました、危なかった…!

体調も気持ちもちょっとスッキリしたところで♪
いつも親子そろってたのしみにしているもりのようちえんの記録、第4回目です♪

今回のテーマは「森の香水づくり」ということで~
e0269946_10144592.jpg
いつもは首に巻いているバンダナをカバンに変身させ、この中に香りのよい自然素材を集めるのだ!
e0269946_1016172.jpg
まずは少し歩いて木陰に集合、早速香りに絡めた絵本の読み聞かせが始まりました~♪

なんのにおい はる (なんのにおい 1)

なんのにおい はる (なんのにおい 1)
ビーゲン セン(著) 永井 郁子(イラスト) 絵本塾出版

多分、「はる」だったのだと思うけど…(春夏秋冬それぞれある五感絵本です)^^;;
えっと、絵本の中にお吸い物に入れる山椒の香りを感じるページがありまして、 
e0269946_1020018.jpg
実際にインタープリターさんが用意してくれていた山椒を香ったり齧ったり実体験!ピリッとする!
e0269946_10205258.jpg
「メタセコイヤ運動、はじめ~!」ということで、香りを堪能したところで、メタセコイヤの前で体操~!
(メタセコイヤ=スギ科メタセコイア属の針葉樹、生きている化石と呼ばれる by Wikipedia)
が、息子はなぜかそれを拒否、幼稚園の体操も嫌だというし… なぜだか今彼は体操嫌いです;;
e0269946_10312520.jpg
気を取り直して、インタープリターさんについてざくざく歩いていくと、ドングリの木に到着。
「どんぐりの赤ちゃんがついていますよ~」とのことで息子と見てみたら、可愛い赤ちゃんたちを発見♪
e0269946_10343493.jpg
さらに歩いていくと何やら白いふわふわした生きものがたくさん木の周りを舞っていて…
それはちょうどその日その時羽化したばかりの蛾たちで、まるで蛍のような雪のような美しさでした。
ほとんどの昆虫は大丈夫なわたしも蛾はさすがに苦手なのですが、このこたちは綺麗でした。
(多分、シロヒトリ(白燈蛾)という蛾なのではと思いますが、お詳しい方がいたら教えてください~)
これもタイミングですね、その日その時にしか出会えない光景、そこに立ち会えたことに感謝です。
e0269946_10503491.jpg
さぁさぁ、ざくざく歩きましょう~!途中くっつきぼんぼん(←わたしはこう呼ぶ・笑)を服につけつつ、
e0269946_10393682.jpg
目的地に到着~!はい、ここでいよいよ「もりの香水」づくりスタート♪
バンダナバッグをひろげて集めてきた自然素材たちをフィルムケースにIN、棒でつぶすよ~
e0269946_10411215.jpg
さらにインタープリターさんたちが持ってきてくれた香りのよい素材も足して~
息子は欲張ってたくさん入れて(笑)そこにさらに魔法のお水を入れてもらって混ぜて~
e0269946_10423293.jpg
いっくんのもりの香水ができました~♪ 山椒の香りが結構効いていました(笑)
これをスプレーボトルにいれてシュッシュッと吹きかけると、爽やかいい香り♪
トイレの消臭剤なんかもこうやって自作できるとのこと、なるほど、ミントかなんか育てようかな~
e0269946_10435920.jpg
香水づくりも終えたところでこどもたちお楽しみのおやつタイムです♪
今回は特にアクティビティはありませんでしたが、いちご100%のグミをいただきました。
いつも無添加安心安全な海外のおやつを振る舞ってくださるのですが、どこで手に入るか知りたくって、
ついに聞いてみたのですが、なんとハワイで購入されているそう…!うーん、買いには行けないな^^;;
そして今回は親たちにはくろもじのスプーン?とくろもじ茶が振る舞われました~!わーい!
少し口にしたらよい香りがして、もっと飲もうと思ったら息子に奪われ全部飲まれてしまったという…

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))

からすのパンやさん (かこさとしおはなしのほん (7))
加古 里子(著) 偕成社

飲んだ後、息子と一緒に「くろもじってからすのぱんやさんのくろもじ3丁目と一緒かな~」と盛り上り♪

そしてここでインタープリターさんたちからあらたな本の紹介~

クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)

クモの網―What a Wonderful Web! (INAX BOOKLET)
船曳 和代、新海 明(著) 住友和子編集室、村松寿満子(編集) 七字由布(イラスト) INAXo

絵本ではないのですが、さまざまな蜘蛛の網の標本写真集で、どれも不思議で美しい…
ちなみに蜘蛛の「巣」というのは日本だけ?で、本来は蜘蛛の「網」というのですね、なるほど。

本で蜘蛛の網をみている間に、インタープリターさんが2本の木の間にゴムで蜘蛛の網を再現、
ゴムに触れないようにくぐって丘を駆けあがって降りて戻ってくるゲームの準備をしてくれていました。
e0269946_10555655.jpg
なんとかゴムに触れずに(いや、ちょっと触れていたかも^^;;?)潜り抜けた息子、
喜び勇んで丘を駆けあがっていき、これまた嬉しそうにごろごろ体ごと下ってくるという…(笑)
こういう自由に体を動かすことは好きなようです。みんなと一緒がいやなお年頃なのかしら?

めいっぱい体を動かしたところで最後にもりの図書館オープンです♪
e0269946_10594577.jpg
それぞれがすきな絵本を選んで、青空の下、親子で読み聞かせを楽しみました♪

ちなみに息子が選んだのはこちら:

しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―ポーランドの絵本)

しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―ポーランドの絵本)
マリア・テルリコフスカ(著) ボフダン・ブテンコ(イラスト) うちだ りさこ(翻訳) 福音館書店

お外で読む絵本、なかなか新鮮で気持ちよかったです。こういうの、いいな~

こんな感じで第4回目のもりのようちえんも楽しく終了しました。
しかし毎回まっすぐは帰らない(帰れない)ので、やはり終了後も少し遊んでいきましたが^^;;
なにより息子はインタープリターさんたちがだいすきなようで、くっつき虫になっています…!

実はわたしも便乗して(笑)インタープリターさんたちとお話しするのも密かな楽しみで。
今回は自然遊びの大切さや親の在り方、それに加えて少しモンテッソーリのこともお話ししたのですが、
「モンテッソーリの小学校ができたらいいのにね、海外だとあるのにね。幼稚園だけじゃもったいないね。」
というお言葉をいただいて、本当にそうだよなぁ、と思ったのでした。

今わたしはモンテッソーリIT勉強会も3年目で文化教育を学んでいるところです。
日本では身近にモンテッソーリの小学校がないというのは現実なので、そのことを考えて、
わたしが学んで息子に提供できたらと思っているのですが、もっと何かできないかなぁ…
まだ少し先の話ですが、この頃いろいろ考えちゃいます。イメージすることは自由だ~♪
ということで、できることをひとつずつ。今目の前にあることを大切にやりきらないと、ね。

今回もお土産付きです♪
e0269946_11262478.jpg
自分でつくったもりの香水とインタープリターさんお手製のメタセコイヤの種?の飾り♪
「リュックにつける!」と喜んでリュックサックに飾った息子、でもちょっと飾る場所が変?^^;;

次回のもりのようちえんは少し間隔があくのでちょっとさみしい~!
そろそろ梅雨の時期ですが、雨でも開催で、雨の日にしかできないことをするらしい!
息子も今から雨のアクティビティもざりがに釣りも楽しみにしているのでした♪

+いっくん 3歳10ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-06-04 11:27 | ■センスオブワンダー