はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

神秘のタイミング(アゲハ蝶の羽化)


※今回の記録はアゲハ蝶の写真が何枚かあります、苦手な方は心してご覧くださいm(__)m

この週末は暑かったですね~(>_<)

こうも暑いと、そうでなくとも空気の状態やらなんやら気になりますし、お外遊びも厳しく…
とはいえ元気◎印の息子がおうちでじっとしているはずもなく…!
さて、どうしたものかと、とりあえずパジャマ姿のままザリガニ水槽を掃除していた土曜日の午前、

わいわいバタバタしながらふと気づくと…
e0269946_22574974.jpg
ずっと飼育していたアゲハ蝶の1匹が静かに羽化完了していました!わぁ!
驚きと嬉しさとが入り混じったような表情でまだ濡れてしわしわな羽のアゲハ蝶を見つめる息子!
e0269946_2352312.jpg
テラスに置いているミカンの木にアゲハ蝶の卵が産みつけられていたのが5月の初め頃のこと。
「みーんな育てる!」という息子の要望のままに飼育ケースに移していたら最終的に7匹に…!
まぁ食欲旺盛でテラスのミカンの木が裸になってしまいそうになり、あわてて近所を彷徨って、
畑に立派なミカンの木をお持ちのおばあちゃま(初見)に思い切って突然のご挨拶&お願い…!
理由を話すと快く葉を分けてくださり話も弾み♪というハートフルご近所物語も生まれたり♪

こうしてエサ不足は解消されましたが、寂しい姿になったテラスのミカンの木をみるたびに、
去年育てていたあげはちゃんとみそとちゃんの2匹のアゲハ蝶のことを思い出しました。

アゲハ蝶の成長ダイジェストとおすすめ関連絵本はその時の記録がお役にたつかも:

 ⇒ その時を待つこと(アゲハ蝶の羽化と息子の成長)

残念ながらあげはちゃんとみそとちゃんの羽化の瞬間は息子は見ることが出来なかったので、
7匹も飼育している今年は1回くらいは羽化の瞬間に立ち会えるかも!と期待していました。
e0269946_23294738.jpg
わかりにくいですが、左側の蛹は右のものより黒っぽいです、羽の模様が透けだしたら羽化の兆候!

これはもしかしたら今日がタイミングなのか…!?
e0269946_23311515.jpg
どうしても見たい!と飼育ケースの前に椅子を置き、絵本を読みながら待つ息子、
しかし羽化って本当に一瞬の出来事なのですね、少し目を離した隙にまた1匹羽化しちゃってた…!
e0269946_23305667.jpg
木の枝で蛹化したものの羽の模様が透けて、ピクピク時折動いていたのでロックオン!
次は見逃さないぞ!とへばりついて観察~!しかし居心地悪いのか一向にでてこないアゲハさま…(笑)
e0269946_23341995.jpg
そしてそこはやはり3歳児、ずっと見ていることに飽き、おとうさんに観察係の任務をたくし、
横目で飼育ケースをちらちらみながらのクッキーつくりを途中で挿むという(笑)
ラッキーなことにその間は羽化しなかったので、焼きあがったクッキーを食べながらふたたび観察…!

そしてその時はやってきました
e0269946_23372425.jpg
言葉もなくただただ蛹から蝶がでてくるその瞬間にいる息子、息をのむとはまさにこの事。
e0269946_23413495.jpg
羽化所要時間は1分もなかったと思います、本当に奇跡の瞬間に立ち会った感じでした。
息子だけでなく、わたしも夫も羽化の瞬間を見たのは初めて、家族そろって神秘体験を味わいました。

一生懸命枝の上のほうに行こうとよじ登っていき羽を乾かしだしたアゲハ蝶を見届けて、
やっと「でてきた!すごいね!かわいいね!」と驚きと感動と興奮が一気にでてきた息子なのでした。

羽が乾くのを待って、今回も恒例の触れ合いタイム~
e0269946_23472845.jpg
掌の上の命を感じる息子、しかし去年は全然平気だったのに、今年はちょっと怖がっていました。
e0269946_23481378.jpg
ということで、飛び立つまでもう少し時間が必要そうだったので、枝をしっかり持って見守りました。
e0269946_23485618.jpg
それにしてもなぜこんなにも美しいのでしょうか。この色彩に宇宙を感じます。

そろそろかな、と窓を開けて放とうとすると息子のまわりをさよならするように1周したアゲハ蝶、
そのまま外へ向かってひらひら飛び立っていったもののまだまだ安定せず
e0269946_0563260.jpg
しばらく近くの木にとまって休み、そうしてやっと広い世界へ飛び立っていったのでした。

気付いていないだけで、こんな奇跡が毎日どこかで静かに起こっている。
自然がみせてくれることって本当に偉大だなぁ、と思わずにはいられません。

とても興味深いのが、蛹になった日はそれぞれバラバラだったのに、
この日は計4匹が次々と羽化していき、そして今日残りの2匹も無事羽化したこと。
(もう1匹いたのですが、他のこたちより育ちがゆっくりだったのでテラスのミカンに戻してあげました、
 今このこだけ緑色の蛹になってミカンの鉢にくっついています、いつ羽化するかな?)
何がきっかけで羽化するのだろう、ととても不思議な気持ちになりました。

それにしても、タイミングというのは本当に面白いものだなぁ、と感じます。
こちらが外側から働きかけることなどなにもできなくて、羽化のタイミングを決めるのは蝶たち自身。
蛹になっているときにつっついたりひっぱったりしたって何もならないどことか変態の邪魔をするだけ。
それぞれに最適で最高のタイミングを自然が用意してくれているのだと思うと本当に神秘的です。

なんだかこどもの育ちにも通ずるところがあるような気がします。
餌をやったり環境を整えることはできても、どのタイミングで蛹化や羽化するのかは本人が決めること。
その存在を託された立場の者にできることは美しい輝きがでてくるのを信じて見守るのみで。

そしてこれはちょっと余談なんだけど。
こどもだけでなくて大人にも、それぞれにチャンスとタイミングがあるのかもしれませんね!?
わたし自身の話なのですが、4月の中旬ころからなんだか自分自身が変態の最中にいるような感じで、
ずっとふらふらめまいがあるような、からだのなかがぐちゃぐちゃしているような状態だったのです。
ちょうど大きな変化のタイミングだったのだと思うのですが、それもこの5月の中旬ごろに完了した模様。
まだ羽化はしていないのだけれど、ノイズが消えて熱を帯びた静けさだけがそこに残っている感じです。

いつだって奇跡は起きているし、それはもしかして自分で起こすことができるものなのかも、ですね♪

さーて、釣ってきたザリガニがいたり、てんとう虫の蛹がいたり、飼育ケースで溢れる我が家。
生き物たちのエネルギーが強くなってくる夏に向け、わたしも体力付けて乗り切らないと~^^;;

暑いけどみんな一生懸命生きている!よーし、がんばりましょう~!

+いっくん 3歳10ヶ月+


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-06-02 00:44 | ■センスオブワンダー