はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

ハサミで「切る」お仕事(曲線切り)♪


数ヶ月前のある日、こんなものを発見・・・
d0282360_2156151.jpg
塗り絵のキャラクターの眼鏡部分がきれいに丸く切り抜かれている~(笑)

まだまだ運動の敏感期(切る)なんだなぁ、しかも成長してるんだなぁ、と感じる出来事でした。

ハサミを息子がいつでも使いたいときに使えるよう手に届く場所にセットしたのも早1年以上前…
細長い紙を何度も何度も一回で切り落としていくことに熱中していた2歳の頃が懐かしい~

 ⇒ついにお仕事棚にハサミを常設~♪

その後はお仕事の場がおうちからこどものいえに、そしてモンテッソーリ幼稚園へと変わり、
それに伴いおうちではハサミだけ机の上にセットして、お仕事としては用意しなくなりました。
(はじめてのお仕事や本物の教具との出会いはご縁に感謝して幼稚園に全面的にお願いしています)
(おうちでは日常生活の練習をメインにおうちでしかできないことをできたらと思っています)
e0269946_21493765.jpg
しかし、自分で○を書いてそれを切り抜くというある意味お仕事を息子自ら創りだしているのをみて、
ハサミを思うように動かしたい!自分の行動の主人公になりたい!という息子の強い意志を感じました。

ちょうど春休みだったのもあり、それならと常設しているカット色画用紙に曲線を書いてあげたら、
切るわ切るわ・・・!書いても書いても追いつかれてしまい、リクエストコールが鳴りやまず(+_+)

ふたたびそれならば、と息子がいない間にたっくさん用意しておきました!2柄つくってみたよ~
d0282360_21573962.jpg
じゃんじゃん切ります・・・!これは息子のだいすきな新幹線や車をイメージした曲線。
d0282360_2204533.jpg
こっちはいろんな表情(笑)パジャマを着てもう寝る時間だというのにもくもくと切り続けて・・・
結構たっぷり用意しておいたのですが、すぐになくなってしまいました(+_+)

「切る」という一つの動作でも、段階を踏んでいくとずっと興味が持続するんだなぁ、と改めて感じました。

そうです、ハサミきりにも段階があるのです、こちら参考になります:

ひとりで、できた!―子どもは手を使いながら一人立ちする

ひとりで、できた!―子どもは手を使いながら一人立ちする
池田 政純(著) 池田 則子(著) 相良 敦子(監修) サンマーク出版


曲線切りが今の息子にとってのピンポイントのようです、この本でも曲線は対象年齢3歳~からです。
曲線だけでも段階があり、ゆるやかなカーブからはじめて最終的にはうずまきまと進んでいくそうです。

市販のワークブックなどにも切ることに特化したものがありますね。
おもしろそうだな~と手に取ってみますが、どんどん難易度が上がっていってしまう印象を受けました。
息子をみていると、とにかくゆるやかな曲線をきっちりマスターしたい!という情熱を感じました。
手間は手間ですが、自分が納得いくまで同じ線を切ることができるというのが最適かな、と思うので、
(ちゃんと自分で「できた!」と満足感を得ると次のステップに自然に移っていくように感じます)
画用紙を適切なサイズにきったり、曲線を鉛筆で書いたり、親であるわたしもお仕事しようと思いました。

ちなみにわたしが重宝しているのがダイソーのカット画用紙(多分いちばん小さいサイズ)です。
e0269946_2225498.jpg
これを半分に切ったものを息子の机の上にいつも置いています。
ひとりで、できた!の本では、曲線や角つけ切りの用紙はハガキ大~ハガキの倍サイズとありますが、
この色画用紙を半分に切ったときのサイズはハガキより一回り小さいサイズです~;;
e0269946_22282295.jpg
色板という色の違いや明度の変化を経験する感覚教具があったり、カラフルな色鉛筆立てがあったりと、
モンテッソーリの色で感覚を刺激する環境が素敵だなぁと思っていて、
ハーフサイズの色画用紙も息子の机の上に色が目につくようなセットアップにしています~
息子はこの画用紙でお絵かきしたり工作したりといろいろ自分で楽しんでいます♪

ちなみに春休みからはじまった息子の曲線切りの敏感期、穏やかになりつつもまだまだ継続中。
e0269946_22375080.jpg
最近は「救急車だけがいいの!」と息子が言うので絵柄はそればかり用意しています~
e0269946_22391557.jpg
こだわりがあるようで、用意しておいた救急車の絵柄に自分で救急のマーク「+」をせっせと描き足す…(笑)

こちらがやらせるのではなく、「今やりたいこと」を息子が見せてくれていることに気付くこと、
それができるようになってからはどんなお仕事を用意すればいいのかあまり悩まなくなりました。
やはり「こどもを観察する」ことがいちばん大切なことなんだろうなぁ、と実感しています。

幼稚園でもハサミのお仕事は楽しんでいる様子。
強い敏感期の最中だとどれだけやっても足りるということはないのかもしれないですね。
そういう意味ではこのお仕事はあくまでも園がメインだけれどおうちでもフォローしていくという形かな。

気が済むまでどんどん切って切って切りつくしてくださいな~!
いずれ複雑な絵柄の二つ折りの切り抜きに進んでいくのを想像するのもなんだか楽しみです♪

+いっくん 3歳10ヶ月+


にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2014-05-30 23:00 | ■モンテッソーリ教育