はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

「じぶんで!」幼稚園の準備 


幼稚園生活にだんだんなじんできた息子です。
降園から就寝時間まで、たくさん幼稚園での出来事を話してくれます。
先生のこと、お友達のこと、はじめてのり貼りのお仕事をしたこと、運動会の練習をしていること、
そしておかあさん(わたし)に会えなくてさみしかったこと、、、
そうです、幼稚園楽しい!という気持ちと、おかあさんとずっと一緒にいたい!の気持ちが、
同居?混在?どういうことかというとまだまだ毎朝大号泣のお別れ儀式しています(+_+)
親目線ですが、息子は感受性がかなり強い方で、いろいろ感じすぎてしまうようです。
いろいろ想像できてしまうのと、もう今までとは違うんだということがクリアに理解できてしまう、
そんな感じで泣いているので、もうしばらくはこのままなのかな~とゆるい気持ちで見守っています。

幼稚園自体はとってもいい園です。どの先生も本当に優しいですし、言葉づかいも服装も美しい!
毎日送迎していて見ると、園全体でこどもたちひとりひとりを大切にしてくれていると感じます。
息子はパズルやひも通し、のり貼りに縫いさしとモンテッソーリのお仕事を楽しんでいるようです。
モンテ園らしく、昼食時に使用する持参のおしぼりは自分でぬらして絞ったり、皆で配膳したり、
やりたい!の気持ちをサポートしてもらっているのだなぁと感じる話を嬉しそうに報告してくれます*^^*

せっかく幼稚園でモンテッソーリな時間を過ごしているのだから、
おうちでも出来る範囲で引き続き意識していきたい!と母であるわたしは思うわけで、、、
e0269946_23124011.jpg
毎朝or毎夕一緒に幼稚園に持っていくお昼ご飯セットの準備をしています。
息子が選んだ布で2種類作ったので、本人がどちらのセットがいいか選ぶようにしています。
自分で選択することはモンテッソーリで重視されることです、人生は選択の連続ですから。。。
コップとカトラリーセットとナフキンとおしぼりケース、ちゃんと全部入れて確認して~
e0269946_23164566.jpg
通園カバンに入れるのも、使用してきたものを出してもってくるのも息子のお仕事です。
最初にそうなるよう少しだけ誘導しましたが、やらせているのではなく喜んでやっています。
なにせ「じぶん(でやりたい)!」の時期ですから、習慣づけのきっかけには最適です。
もう少し幼稚園生活にしっかり馴染んできたら、カトラリーとコップを洗うことも任せてみようかな?
お米を洗って炊飯器にセットすることはまだまだ毎日やりたがり、夕飯分はお任せしています~
やりたそうだからその時に一緒に洗えばいいんですが、なんだかまだ任せていない、、、怠慢、、、

カバンは所定の位置にかけておきましょう~
e0269946_23234639.jpg
玄関の一角が息子の幼稚園準備スペースになっています。
もっとよくしてあげたいのだけれど、今のところ問題なしなのでこのままいっちゃうかもしれない^^;;
制服は、息子のお着替えスペースにハンガーの色を幼稚園用と普段用で分けて一緒にかけています。
なので、そこ(玄関すぐの部屋)で着替えてからこの一角にきて、カバンと帽子をとって、
置いてあるハンカチとティッシュを自分で選んでズボンのポケットにいれるというのがルーティンです。

シンプルなことばかりですが、自分で選ぶこと、自分の世話は自分ですること、
引き続き息子が「やる!」と自分の意思で楽しめるこの時期にしっかりサポートしていこうと思います。
あとは、息子が自分の意思で、もう泣かなくても大丈夫!と思えるようになるまで、
焦らず不安にならず、大らかな気持ちでただただ彼のそのままを受け入れてあげたいです。

+いっくん 3歳2ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-09-11 23:42 | ■モンテッソーリ教育