はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

嗅覚の敏感期?


「おかあしゃん、なんかいいにおいがするよ~!」
e0269946_2021643.jpg
虫がお嫌いな方、ごめんなさいm(__)m アゲハチョウの幼虫×2匹です。
おじいちゃんちの畑のミカンの木についていたのをもらってきたのですが、今はもっと大きいです。
この子たちがハムハム葉っぱを食べているところを息子と見ながらおしゃべりしたら、
その声にびっくりしたのか、2本の角(臭角)をにょきっと出して威嚇してきました(+_+)
(若齢幼虫でも臭覚をだすことは知らなかったです、息子は面白がってたくさん驚かせてました;;)
で、その名の通り、独特なにおいがしたのですが、息子はなぜか冒頭の一言を発したのでした;;
うーん、いいにおい・・・ でも確かに悪くはなかった、まだ小さいからなのかな?

この「いいにおいがするよ~!」と「なんかくしゃいにおいがするよ~!」が最近の息子のブームです。
洗濯ものを干すとき、ごはんの準備をするとき、虫除けアロマを遠くで吹き付けるときなど、
「いいにおいがする~*^^*」と見逃さず、わたしや夫が気付かないくらい遠くのにおいにも反応します。
反対の「なんかくしゃい」も、遠くで生ごみをまとめているときやお散歩途中などでよく言います。

感覚の敏感期の内の嗅覚が敏感になってきている時期なのかなぁ?
今まではにおいに関しても雑多な印象をそのままためこんでいたのだと思うのですが、
モンテッソーリの教具の嗅覚筒も対象年齢が3~4歳となっていますし、
3歳になって感覚の敏感期に入った今、その印象を少しずつ整理していく時期になったのでしょうか。
とすると、3歳になるまでに、たくさんの印象をためこめるような過ごし方をするのって大切ですね。
息子はどうでしょう、おうちでも一緒にいろいろなものに触れ合えるよう心がけましたが、
やっぱり公園あそびやお散歩などの自然の中でたくさんの宝物に出会ったのであろうと思います。
モンテッソーリ幼稚園のHPに「野山や公園にも、たくさんの天然の教具が準備されています。」
と書かれているのをみましたが、本当にそうだなぁ、と思います。

しかし、おかあしゃーん!と抱き着いてきて、
「おかあしゃん、なんかくしゃいね!」と笑顔で言うのはやめていただきたい(+_+)
(思わず夫に確認してもらっちゃいました… 息子のいいにおいとくさいにおいの基準を知りたい…)
息子が嗅覚の敏感期のうちは精一杯いいにおいのおかあさんでいたいものです。。。

+いっくん 3歳1ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-08-24 20:46 | ■モンテッソーリ教育