はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

一生に一度の全力の時期


今日は息子と大冒険してきました!というか結果的にそうなりました!?
ブログでは絵本読みや工作、料理などのおうちの中でのアクティビティの記録が多いですが、
息子の日中の活動のメインは外遊びです。わたしも息子もまっくろに日焼けしています^^;;

というわけで、我が息子いっくん3歳、まさに運動の敏感期まっただ中です。
そしてこの運動の敏感期は言い換えると「一生に一度きりの全力投球の時期」だそうです。
体を目いっぱい動かしたい、ある動きを獲得して自分の行動の主人公になりたい、
息子をみていると本当に体中からそんなメッセージとエネルギーを放っていて眩しいくらいです。
ちなみに今息子が獲得したいと熱心になっている動きが「よじ登る」ことで
e0269946_21445476.jpg
お気に入りの遊具に登って登って登って滑り降りてまた登って…と1時間連続は固い…
かなり対象年齢より上の遊具も果敢にチャレンジしていくので母はこっそり心臓キュッとしています…

前置きはこれくらいにしておいて今日の大冒険のお話し…
先日おじいちゃんとおばあちゃんから誕生日プレゼントにストライダーをもらった息子。
近場に思いっきり楽しめる場所がないので車をだして常連になっている公園へ…
e0269946_2232252.jpg
サイクリングコースなら思いっきり遊べるね~!とルンルンしていたら、
遥か彼方にみえるタワーを指さして、「タワーまでいこう!いける、いける!」と言い出した…!
あのね、おとうさんとレンタルサイクル二人乗りで30分かかったでしょ?
とってもとっても遠いよ、かなり難しいんじゃないかな?ストライダーあるから抱っこもできないよ?
と、出来ないよとはいいたくなかったので、やんわり事実を説明したのですが、
「いけるよ~!ぜったいいけるって!」と満面の笑みで自信たっぷりにいう息子に、
わたしも「あれ…?もしかしていけるかな…?」と、ダメなら引き返せばいいか~と出発してしまった~!
e0269946_22150100.jpg
「ほら!こんなにきたよ!いけるよ、いけるよ!」っていいますが、先はまだ長いですよ^^;;
e0269946_22161720.jpg
「おかあしゃん、はるじおんあるよ、とってあげるね~」 それはどうもありがとう~
e0269946_22164088.jpg
「おかあしゃん、ひこうきぐも!」 この調子だととてもタワーに到着するとは思えない…^^;;
指さし方向が雲に向いていないのは、実は指さしではなくピースしているからです(笑)
途中数度スピードを出してバランスを崩した息子、プライドからかタイヤを見ているふり^^;;
それでも泣いたりぐずったり怒ったりすることなく、自分で体勢を立て直し再び走る~
e0269946_22204052.jpg
走れば走るほど足の動きが滑らかになっていくのが目に見てとれました。
2歳の時に一度ストライダー購入を考えたのですが、その時は本人が試乗で拒否したため保留、
そして今が、バランスを取るという動きを獲得したい息子にとって最高のタイミングだったようです。

しかし、進めど進めどタワーが見えてこない…
というか、何もみえなーい!長い一本道が延々と続き内心引き返すべきか進むべきか迷っていると…
e0269946_22241145.jpg
カーブを曲がったところでタワーが見えた!しかも最初よりずっと大きく!
ストライダーを降りて少し歩いていた息子も「たわーきっともうすぐだね!!!」と満面の笑み。
大分日が高くなっていたので、水分補給を欠かさず息子には水をかけるなどサポートしつつ、
e0269946_22293027.jpg
タワーが見えて一気に元気を取り戻し、線に沿って走るという小技で楽しみを増やし、
きっともうすぐだ~!と気力で進んでいくものの、やはりそうは甘くなく…
水分補給用の水もなくなりそうだしどうしよう…というギリギリのところでどこかの公園に到着~!
スタート地点に車もあるし、この先タワーまでどれだけかかるかもわからない、
とりあえず水を手に入れようと自販機へ向かうと補充のお仕事の方を発見!
ちょっとお話ししてみたら、レンタルサイクルを借りたほうがいいとのアドバイスを頂いて、
e0269946_2237333.jpg
こうなりました*^^*この公園の管理棟でストライダーは預かってもらえました。
最後まで自分たちで、とも一瞬だけ思ったのですが、
なんとここまで2時間かけて4kmも夏のお日さまの下をストライダー&徒歩で来ていたという…!
そして目的地まであと1.5km以上あるという情報をゲットしてしまった…!
なので、これ以上は負担が大きすぎると判断し、でもタワーにはいくと決めたから!おー!
電動アシスト自転車でいっきにすーいすい!あ~風が気持ちいい~!
e0269946_22394881.jpg
念願のタワー!!!二人だけで本当にこれたね!!!達成感で胸がいっぱいの母子(笑)
すっかりお昼になっていたのでこちらの公園で休憩がてらランチをして、
e0269946_22423187.jpg
その後しっかり遊ぶという… どこからくるの、その気力と体力(+_+)
ちなみにこのゆらゆら橋の後ろにうつっているきいろいくるくる滑り台の遊具がいちばんのお気に入り。
ある程度遊んだところで、自転車を返さなきゃいけないからね、と区切り、
再びレンタルサイクル二人乗りで借りた場所に一度戻り、管理棟の方たちが一緒に作戦を考えてくれ、
インチが小さめの普通のママチャリにチャイルドシートを付けて貸していただいて、
それでスタート地点の公園に戻り、そこで車に自転車を積んで借りた場所に戻すことに決定~!
電動アシストに乗った後だったのでママチャリのペダルがすごく重く感じたけれど、
息子がわたしの本当にすぐ前に座っていて寄り添う感じで二人で一緒に風を切って走ったとき、
なぜだか幸福感が溢れてきて涙が出そうになりました。なんてしあわせな時間だったんだろう。
e0269946_2250203.jpg
なんとかスタート地点公園に到着~!ってまだ遊ぶの~!?
e0269946_22504942.jpg
たくさん汗をかいたからミストが気持ちいいんだね*^^*
e0269946_2252129.jpg
え!それもやるの!全力の時期、おそるべし…!
と、なんだかんだ結局結構遊んで、それからレンタルサイクルを返しに行ったのでした。
車に乗ったらすぐ寝ちゃうかと思ったのですが、予想を裏切りまだまだ元気…!
e0269946_22532097.jpg
レンタルサイクルを返してストライダーを受け取るや否や「のる!」と言いだし、
本当に再び走り出したという…!しかも「おかあしゃん、どこいく?」って…!
さすがに今日はもう勘弁してもらい、やはり車中で寝ることはなくやっと帰宅できたのが夕方でした。

不思議なもので、家に閉じこもっているとキーキー叫び、ドタバタ動き回るのですが、
これだけしっかり体を使いたい欲求を満たすと、ひとり静かにもくもくと手を使う作業に没頭しだし、
今日はお風呂に入った後、30分くらいもくもくとレゴブロックを組み立てて大作を完成させていました。
(創作の記録もたまってきているので別に記録したいな、最近記録が追い付かないです…)

息子は、夕飯の時も、眠る前のベッドでのふれあいタイムも、
「たわーいけたね!いっくん、できる!っていったからできたんだね!」と達成感を反芻していました。
そして、寝る前の読み聞かせに選んだ絵本がこちら:

こすずめのぼうけん (こどものとも傑作集)

こすずめのぼうけん (こどものとも傑作集)
ルース・エインズワース(著) 堀内 誠一(イラスト) 石井 桃子(翻訳) 福音館書店

世界中をみてこられると飛べる喜びに我を忘れるこすずめが息子にオーバーラップします。
疲れ切ったこすずめが、とうとう飛べなくなり歩いていると、最後には母すずめが見つけてくれて、
おぶってもらって巣へ帰り、母のあたたかい翼の下で眠る、あぁ、なんて今日という日にぴったりな絵本。

しかしストライダーとはいえ、4kmを自分の足だけで進み切った息子、親ばか関係なくすごい!
いつもはちょっとしたことで甘えて、少し歩くだけで「だっこ~!だっこしてよ~!」な息子が、
今日は自分で決めたことだからか、道中一度も「だっこ」も「つかれた」も「いっくん、あるけない」も言わず。
内発的動機、すごいです。そして、一生に一度の全力投球の時期、本当なのだと心から納得です。

この一生に一度の全力の時期を過ぎると、人間は省エネモードに入っていくそうです。
心当たり?あります。できるだけ少ない労力で最大限の効果を得ようとするのが大人(わたし!)です。
でも子どもは違うようです。効率、とかそういうことは関係ない。行動そのものが目的のようです。
この時期に、全力を出し切って動く経験ができたか否かで、その後の人生の局面で踏ん張れるかどうか、
自分の全力を出し切って困難を乗り越える力がでるかどうかが決まるいうのがモンテッソーリの教えです。

正直省エネの時代まっただ中なわたしのとっては今日はとっても疲れた一日でしたが、
でも不思議と心は元気で充実感に満ち溢れています。そう、少女時代のあの日の戻ったような、
あの大きな何かに守られている安心感の元、ぐっと集中して、全力で生きていたこども時代を感じます。
これからもどんどん獲得したい動きを自分のものにするために、息子は全力投球で行くはず、
わたしにできることは何なのか、見守ること、ぐっとこらえること、… よし、全力でがんばります!

+いっくん 3歳0ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-07-31 23:30 | ■モンテッソーリ教育