はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

ぐりとぐらからのお手紙


先日本屋に立ち寄ったのですが、そこでぐりとぐらの誕生50周年記念イベントブースをみつけ、
最近ぐりぐらが大好きな息子が目ざとくお絵かき大募集の紙を発見&入手!

帰宅後さっそく嬉々としてお絵かき開始~♪
e0269946_16472377.jpg
上の方に描いてある黒丸が「おとうしゃん、いっくん、おかあしゃん」だそうです。
せっかくなのでキャンペーンサイトに送信しておいたら後日掲載URLが届きました~
ID 1072 愛知県 いっくん 2 歳 :https://www.gurigura.fukuinkan.co.jp/1072/
送信すればだれでも掲載されるものでも親としてはなんだか嬉しい気分、
しかし息子にとっては普段パソコンで写真をみるのと変わらないらしく、ふーんなかんじ^^;;

しかしその後息子にもとっても嬉しいお便りが
e0269946_23102913.jpg
郵便ポストにぐりとぐらからお礼のお葉書が届いていました*^^*
この日は一日葉書を握りしめて持ち歩き、しまいには自分でコルクボードに貼りつけて
「ぐりとぐらはいっくんのおえかきがうれしかったんだね♪」と喜んでいました。

ぐりとぐら 誕生50周年キャンペーン お絵かき大募集
お絵かき用紙はダウンロードできて、送るのもデジカメデータ送信ができて割とお手軽です♪

ぐりとぐらってわたしも幼少期に楽しんだ絵本です。50周年だものね!
テレビなどと違い絵本は親子で、ひょっとしたら祖父母たち含む3代で共有できる思い出になりえます。
それって意識していなかったけれどある意味すごいことかなぁなんて。
情報化、効率化、能力主義でなんでもかんでもどんどん早く流れていく現代社会において、
下手をすれば中学生と高校生ではもう話が合わない、別の文化に生きているなんてこともある今、
絵本が恵んでくれるゆったりとした時間、そのあたたかさ、それを長く色々な世代で共有できる喜びは
何事にも代えがたいのではないかなぁ、なんて、ぐりとぐらのお手紙に喜ぶ息子を見て思うのでした。

+いっくん 3歳0ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-07-06 23:12 | ■超読み聞かせ