はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

指先のコントロール・蝶々をつかまえたよ!


0歳の時から母であるわたしの試行錯誤のおうちモンテッソーリな環境で育ってきた息子。
もうすぐ3歳になろうとしていますが、指先が器用だなぁと思う場面が増えてきました。

先日のこと、ひとしきり水遊びをして、さぁ帰ろうかと片づけをしていたそのとき不意に、
「つかまえた~!」という息子の弾んだ声が聞こえてきて、「?」と振り返ってみたら
e0269946_1614441.jpg
なんと蝶々(ルリシジミ)を捕まえているではありませんか~!
ベニシジミやルリシジミはわりとつかまえやすい蝶々でわたしもよく捕まえようとしますが、
それでもわひらひらふわふわ飛んでいってしまうのでそう簡単に捕まえられるものではないような…
その時は本当にただただびっくり驚いて「すごいね!!!!!」と心から褒め称えました。
その時の息子の誇らしそうな顔と言ったら!その日は寝る直前までその話で持ちきりでした(笑)

そして後日、再び同じ場所でこんどは家族そろって水遊びを楽しんでいたら
e0269946_1628251.jpg
やっぱり捕まえる…!今度は捕まえるシーンをこの目で見ることが出来ました。
夫と二人で、すごいねぇ!器用だねぇ!とこっそり大はしゃぎしていたのですが、
息子はそんなことにはかまわず蝶々捕りに夢中…!水遊び着のまま野原をいったりきたり。
10回以上も捕まえて、蝶の方がヘロヘロでかわいそうなくらい;;この粘り強さ(しつこさ)は凄い…!
そうやってしばらく見ていたら驚きと興奮が分析の目線に代わり、気付いたことがありました。
息子はただやみくもに蝶々をつかんでいるわけではなくて、花にとまった蝶をじっと観察し、
そっと近づいてものすごく柔らかく細かい指先の動きで蝶の羽だけを優しくつかんでいたのです。

「いままでの指先を使う活動のすべてがここにつながって現れているんだなぁ。」と思いました。
モンテッソーリ教育では指先のコントロールを重要視するのでそのためのお仕事がたくさんあります。
親指、人差し指、中指の三本指のコントロールはとても大切で(お箸や鉛筆を持つ指ですしね)、
この三本指をたくさん使えるようなお仕事を息子には鉤の手の原理を意識しながら用意してきました。
(鉤の手の原理:鉤=フック、つまりS字フックをどんどん繋げてひっかけていくかのように、
 一度体験習得した活動を基礎としてそこからどんどん次の活動につなげていくこと、です)

いちばん最初に思い出したのがこの写真、息子1歳の頃:
e0269946_16543822.jpg
「つまむ」「ひっぱる」という活動を楽しんでいた息子の姿が懐かしく思い出されます。

ついでにデータを見返していたらいろいろ懐かしかったので少し記録として残します(すべて1歳):
e0269946_16593096.jpg
つまんで落とす系第一弾だったかな?どんぐりを瓶に落とすとなんとも魅惑的な音がしました。
わたしが用意したお仕事で初めて息子が30分以上の集中現象を見せてくれたのがこれでした。
おうちでもモンテッソーリがやっていける!わたしに自信をくれた思い出のお仕事です。
e0269946_1721362.jpg
次につくったのが綿棒落としだったかな。もっと背の高い容器で作ってあげればよかったかな。
e0269946_1724755.jpg
その次がストロー落とし、このくらいから自分で息子仕様にカスタマイズすることを覚えだしたなぁ。
そのあとおはじき落としやら苦手な人差し指強化ビーズ落としやらも用意していったんだ、そうだ。
つまんで落とすの鉤の手の原理を意識したお仕事たち、息子はかなり楽しんでくれたいい思い出です。
e0269946_16584950.jpg
他にもどんどん毛糸をひっぱりだしてキャッキャッと喜んだり、
e0269946_1751260.jpg
一時苦手意識を植え付けた?と心配した洗濯バサミのお仕事もあったり、
e0269946_1753650.jpg
手作りではないですが、百均でみつけたカエル飛ばしの玩具で遊んだり。


こちらの模造品ですね、やはり百均は本家と違って固くて飛び跳ねが悪かったです^^;;
モンテッソーリの体験教室にいったときにこれがあって、その後百均で似たものをみて買ったという…
というわけで検索したついでに本家が欲しくなってしまいポチッとしてしまったわたし、散財中…!?
しかしこれ指を使うし年齢関係なく家族そろって遊べるおもちゃなのでいい買い物なのだ(いいわけ)。

もちろんかしこまってお仕事を用意したりわたしのように散財することがすべてではありません。
e0269946_17225770.jpg
お散歩途中、小石をつまんでひろっては側溝の穴に落とすのをじっと見守ることだって、
e0269946_1723256.jpg
南天の実をひたすら摘むのをじっと待つことだって、
e0269946_17234956.jpg
鍵をがちゃがちゃひねるのをご近所さんの目をきにしながら許すことだって、
全部全部自分の体(手、指先)を思うように使いたいという子どもから湧き出る情熱に応えることでした。

って、蝶々を捕まえたところからすごい回顧録になっていってしまった・・・^^;;
e0269946_17283079.jpg
1歳の時、バッタをつかむ手はぎこちなくて今にもバッタをつぶしてしまいそうでした。
自分の思うとおりに指先をしなやかにコントロールして蝶を捕まえることに夢中な息子は来月3歳。
本当に成長を感じる今日この頃、嬉しくてちょっぴり寂しい母心です。

+いっくん 2歳11ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 子育てブログ 子供への読み聞かせへ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-06-10 19:28 | ■モンテッソーリ教育