はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

羽化と発芽とセンス・オブ・ワンダー


今朝、最後のつーちゃんが無事羽ばたいていきました。
e0269946_1827980.jpg
雄でした。オレンジ色がとてもきれい。手のひらでゆったりしてくれるのは羽化直後のみの特権ですね。
最終的に我が家で5匹の幼虫が蛹になり無事羽化してくれました。雌2匹、雄3匹でした。
e0269946_1829592.jpg
これは先日の雌。結局羽化の瞬間を見ることはできませんでしたがそれが自然も摂理かな。
羽化って30秒から1分の出来事らしいです、だからこそ出会えたら感動するのでしょう。
羽化直後かな?というシーンには出会えましたが、赤い液が滴っていて息子がびっくりしていました。
蛹化も羽化もツマグロヒョウモンに関しては観察した限り時間帯はまちまちでした。
早朝というイメージが強かったのですが、実際は日中帰宅後に発見というパターンも多かったです。
あ、でも羽化は夜~早朝にかけてがやっぱり多かったかな、目覚めたら蝶々!という感じでした。
ただ、振り返ると暖かい日に羽化することが多かったなぁという感じです。
息子も「きょうはあたたかいからつーちゃんちょうちょうになるんじゃない?」なんていっていました。
e0269946_18402215.jpg
どのつーちゃんも息子の手のひらでパタパタ羽ばたく練習をした後に不安定に飛び立ち、
必ず一度床や地面にまるで力尽きたかのように着陸しました。ちょっと心配になる光景。
息子も近寄って助けようとするのですが、そこは「大丈夫だよ。見守ってあげよう。」と伝え、
言葉通り見守っていると迷うことなくどのつーちゃんもあいている窓へ一直線でした。
空気の流れや光を感じ取っているのかな、息子と一緒に毎度ほーっと感嘆の息を漏らしていました。
e0269946_18421250.jpg
5匹分の抜け殻、この小さい中にあの羽の大きなつーちゃんがいたの?と何とも不思議そうな顔の息子。

こういうのってセンス・オブ・ワンダーだなぁと思います。

センス・オブ・ワンダー

センス・オブ・ワンダー
レイチェル・L. カーソン(著) 上遠 恵子(翻訳) 新潮社

著者の言葉を借りると『神秘さや不思議さに目を見はる感性』のことです。

関連してパワーリーディングのサイトで紹介されている本

あなたの子どもには自然が足りない

あなたの子どもには自然が足りない
リチャード ルーブ(著) 春日井 晶子(翻訳) 早川書房

こちらを読んでみたいと探しているのですが見つけられず図書館の相互賃借を利用する予定。。。
パワーリーディングでおすすめされている本はほぼ読みましたがどれもよかったです~
参考:パワーリーディング 超読み聞かせ おすすめの書籍

小さな小さな種をふかふかの土に一緒に植えてお水をせっせとあげてあとはお日さまにお任せ~
e0269946_1849313.jpg
あのハートマークの可愛らしいフウセンカズラの種からこんなにも元気な若葉がでてくるんだね~
e0269946_18504973.jpg
おさんぽ道で自生していた朝顔からもらってきた種、帽子をかぶって芽が出てきたね~
e0269946_18512760.jpg
小さな小さな種から大きな大きな命が生れてくる。
毎朝せっせと水やりしながらたくさんの小さな不思議にふれている息子です。

わたしの息子との日々のキーはセンス・オブ・ワンダーだなぁ、と思います。
聞かれたりこれはタイミングかな~というときはちょこちょこ彼にわかるよう説明をいれますが、
ただただ不思議さに浸っているとき、心で感じているときは、それを共有したい。
自然が教えてくれるもの、授けてくれるものって本当に偉大で…

しかしこの頃なんだか暑い~!テラスの照り返しが強くてくらくらするので、
引越してきてから初めて迎えるこの夏は朝顔とフウセンカズラに助けてもらおうと思っています*^^*
なんならキュウリやゴーヤもウェルカム~!息子の水やりのお仕事がはかどりそうです(笑)

+いっくん 2歳10ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-05-14 19:06 | ■センスオブワンダー