はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

こどもの家に入園しました


おうちから外の世界に飛び出す息子はいよいよちょっとおにいちゃん*^^*

入園初日に持ち帰ったお仕事の数々
e0269946_10573196.jpg
縫いさしように穴をあけるお仕事と縫うお仕事、蝶々のシール貼りのお仕事もあるねぇ。
最初は慣れることが最大の目的で、こういったお仕事はもっとあとになってから…
なはずなのですが、息子は最初から「やりたい!」とかっ飛ばしてくれました(笑)
縫いさしは最初は穴をあけることすら大変なもののようですが、さくさくこなしていく息子をみて
先生がひっそり見学していたわたしの方を振り返り息子の集中を妨げないように口の動きで、
「おかあさん!縫いさししていますよ!初めての日なのに!縫っています!」
と大興奮で伝えてくれて、なんだかこちらが面はゆい気持ちになりました。
(個人でも勉強していて家でも少しやっていますとは伝えてあるのですが…^^;;)
あ、絵柄がアンパンマンなのは息子がリクエストしたからのようです(笑)
用紙の2つ穴はファイル綴じ穴で、頂いたファイルにこれからどんどん保存していきます。

入園先はこちらに引っ越してきてから何度か見学させていただいたこどもの家で、
地域貢献が目的のため、宣伝などは一切しておらず、紹介や近隣の人のみぞ知る場所。
能力開発やお受験用ではないのでとても家庭的であたたかい雰囲気です。
それゆえか厳密なモンテッソーリ教育とは言えない部分もある、と先生は謙遜されていました。
確かに最小限ですがキャラ物や慣れるまでのための教具ではない玩具などもありました。
最初は「?」と思わなくもなかったですが、自分の目で見させていただいて、
その場の雰囲気やそれらがある理由などが見えてきたのでそこは許容範囲でした。
そちらでは10人以下の2歳半~のこどもたちを先生2人でしっかりみてくださります。
週に2~3回午前のみというペースもはじめての母子分離体験にはちょうどよさそう。
わたしと息子の性格を考えるといきなり毎日離れ離れでは大変そうなので…^^;;

お仕事をして、その後お外遊びもして(集中している場合お仕事続行も可)、
みんなで座っておやつも食べて、絵本を読んでもらい、ろうそくの火をこどもたちが消して、
絵本を借りて帰る… このような流れでこどもの家の時間は過ぎていくようです。
今の時期のお仕事としては、新年度ということで息子含め新しく入るこどもたちが多いため、
しばらく日常生活訓練を中心に環境設定をしてくださるみたいです。
また最初から母子が引き離されることはなく、わたしも見学席で一日様子を見ることができました。
存在を潜めて見学していると、息子は最初は緊張からか大人しくそろそろとお仕事をしていました。
その後ちらちらわたしの方を見ながら徐々に安心していったのか(もう何度か来てるしね…)、
どんどんかっ飛ばしだし(お調子のりなもので…苦笑)がつがつお仕事をし、先生を呼ぶ…^^;;

どうなるかな~と少しだけ心配もしていたのですが(それより期待の方が大きかった♪)、
終わってみれば息子は「かえらない!もっとあそぶ!」とシューズを脱ぐのをしぶるほど。
また来週来るからね、となんとか納得してもらうまでが大変でした^^;;
先生にも、調子に乗るところがあるのでよろしくお願いします、と伝えたところ、
「どんどん自己主張がでてきていましたね~」と息子のことをすでに理解してくれたようです(!?)
しかし、ちゃんと靴とシューズの脱ぎ履きも自分でできていたし、座っておやつも待っていたし、
(しかも先生が用意している間に勝手にお友達にコースターを配っていた…笑)
手前味噌の親ばかですが、おうちでモンテッソーリをしてきたことが活きていると感じました。
様子を見ていた感じ、次回からはわたしは見学せずにきちんと母子分離できそうな予感。

こどもの家には息子が3年保育でモンテッソーリ幼稚園に入るまでお世話になる予定です。
そちらの園の満3歳児クラスとも迷いましたが、こどもの家のほうが距離的に近いこと、
まずは週に2~3回というペースで母子分離に慣れていきたいこと、を考えて決めました。
幼稚園に入るまでおうちでモンテッソーリということも考えましたが、
息子の好奇心がわたしだけでは満たしきれないこと、お友達を欲している様子が見られたこと、
(現状)ひとりっこなので常に自分だけに注目が集まるという状況の外に出してあげたかったこと、
そんな諸々を考えるとずっとわたしだけで息子を独占するというわけにはいかないのでした。
(わたしが二人きりという状況から抜け出して息抜きしたい気持ちももちろんあります…!)
なにより数度の見学で息子が「またこどものいえいきたい!」と言っていたのが強かったかも。
あと、うちにはないピンクタワーや円柱さしなどといった教具があるのも大きいです。
それを本人が選んでやるかどうかはわかりませんが。でも、いいな、うらやましいな。

元気でお仕事よりもお外遊びに行きたい子、もくもくとお仕事をしてペグを100本もさしている子、
お母さんと離れるのが不安そうな子などいろいろなお友達がこどもの家にはいました。
息子も個を大切にした集団生活の中でなにか新しい刺激を受けてきてくれると思います。
息子含むこの子たちが、これからどのように成長していくのかがとても楽しみです*^^*

今後は先生から伺った様子や持ち帰ったお仕事などを記録していけたらと思います。
今回は息子の入園が嬉しいゆえに長々と書いてしまい大変失礼いたしました~!

+いっくん 2歳9ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-04-07 12:09 | ■モンテッソーリ教育