はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

本物体験Part2:のりもの系博物館


我が息子いっくん、1歳のころからずっとずっとのりものに夢中です。
割といろんなジャンルの絵本を読みますが、中でもやっぱりのりもの絵本は格別のようです。

わたしの子育て観を大きく変えてくれた運命の記事があります:
教育はお金じゃなくて親の気合い!

「生活の中でネットワーク型の教育を子供の年齢と興味に合わせてどのように取り入れられるか」
これはもうずっとわたしのなかの子育てのテーマとなっています。
今のところ絵本と実生活の間に息子の興味を落とし込んでリンクするくらいしかできていませんが;;

というわけで(!?)のりもの系博物館の記録スタート♪

トヨタ博物館へ家族そろってGO!
e0269946_23431365.jpg
ここに来たいちばんの理由は息子のお気に入りのこの車*^^*

バルンくん (0.1.2.えほん)

バルンくん (0.1.2.えほん)
こもり まこと(著) 福音館書店

息子のお気に入り絵本、バルンくんのモデル「オースチン・ヒーレー・スプライト」です。
英国のスポーツカーで通称「カニ目」くんです。本物のバルンくんを見て息子はとても嬉しそうでした♪
他にも持参したミニカー(今回はミゼット)と本物を見比べて喜んだりもしていました~

リニア・鉄道館へGO!
e0269946_04542.jpg
昔のドクターイエローだ~!今のドクターイエローも見に行ったしダブルラッキーゲット?
e0269946_061959.jpg
「みよちゃん(絵本にでてくる女の子)といっしょ~!」と息子がとても嬉しそうに教えてくれました。

しゅっぱつしんこう! (福音館の幼児絵本)

しゅっぱつしんこう! (福音館の幼児絵本)
山本 忠敬(著) 福音館書店

確かに一緒。「こんなところにれんけつきあるんだねぇ。」など一生懸命観察していました。
他にも以前来た時に購入していた「リニア・鉄道館の車両」という写真図鑑を持ちはこび、
時折一緒の車両があるかどうかなどチェックしながら歩いていました。マニアですな(笑)
e0269946_0131393.jpg
平日にいったのでとっても空いていた~!施設の人が丁寧に解説してくれて嬉しい♪
これは鉄道の車輪のかたちはどれがいちばんいいのか自分で転がして確認できる場所。
車輪がどのような形になっていて、それがどんな理由か、息子にも理解できたかな。
こういった体験型の学びはわかりやすくていいなぁ、と思います。

今回は電車を乗り継いでいったのですが、初めて乗るあおなみ線にも息子は夢中でした。
港の方なのでコンテナがいっぱいあり、貨物列車などいつもはみない電車たちに多く出会え、
桃太郎なんかもみちゃって「いっくんみてみて~!」とわたしのほうがはしゃいでいたかも^^;;
休日にくるとかなり混むのですが、平日はまったりマイペースで楽しめて最高!
黒山の人だかりになりがちなジオラマなんかもいつでも入りたい放題で贅沢な時間でした。
雰囲気をおすそわけ:「リニア・鉄道館」の公式YouTube Channel

かがみがはら航空宇宙科学博物館へGO!
e0269946_0272943.jpg
入口入ってすぐ大きな大きな航空機たちが鎮座していて圧倒されます。
e0269946_028213.jpg
コックピットがどうなってるかみてみようか~(結構急な階段でした…)
e0269946_153261.jpg
芝生広場やアスレチック遊具もあるんです。航空機を見るのも外だけなら無料なんです。
e0269946_0291491.jpg
でもせっかくなので中もみましょうか、いろんな航空機がいっぱい!

ひこうき (バートンの のりものえほん)

ひこうき (バートンの のりものえほん)
バイロン バートン(著) こじま まもる(翻訳) 金の星社

息子にとって飛行機と言えばこの絵本です。本物のプロペラ機はじめてみたね~!
せっかくなのでスタンプラリー&クイズ(幼児向け)もやりながら回りました♪ 
e0269946_0485631.jpg
ぐるぐるまわす~たのしいな!ヘリコプターのプロペラの回転軸だっけ…(ダメダメな記憶力)
e0269946_0534530.jpg
のりものじゃないですが、ロボットの航くんはかなりの天然ボケ!そんなお顔をしないでくださいな(笑)
話しかけたら夕飯のメニューを聞かれたので「ハンバーグ」をリクエストしたのですが、
航君は無視して「からあげ」をチョイス、お肉を柔らかくする方法を勝手にお話ししだしました(笑)

気を取り直して~!ここからは宇宙博士な息子ちゃんを持つ我が友かんたろうちゃんに捧ぐ
e0269946_0554098.jpg
アメリカのNASAの火星探査機「マーズ・エクスプロレーション・ローバー」のレプリカ!
e0269946_058120.jpg
H-2ロケット~!打ち上げシーンをシアターで鑑賞しました。
じっとしていられないお年頃(性格!?)の息子、16分の上映時間を意外と大人しく見ていました。
e0269946_135994.jpg
NASAの船外作業用の宇宙服~!カッコいいねぇ。

うちゅうひこうしになりたいな  

うちゅうひこうしになりたいな
バイロン・バートン(著) ふじた ちえ(翻訳) インターコミュニケーションズ

宇宙の絵本もバイロンバートンのものが息子のいちばんのお気に入り♪

最後にパイロットの気分を味わおう~
e0269946_1102813.jpg
操縦かんを握る…!スイッチもなにもかも触りたい放題!
ヘリコプターとプロペラ機のコックピットに座ることができるってなんかすごいなぁ。

この日はやっぱり平日で、言葉は悪いですが暇を持て余した説明員の方が
最後のほうは息子に付きっ切りでいろいろ説明をしてくださいました。
これはエンジンを載せ換えたものでね…などと割と幼児に容赦なく専門用語ありでの説明でしたが、
「えんじんをかえたんだ。そうなんだね。」などと息子も普通に返事をしていて、
後ろで聞いていてなかなか面白かったです(笑)こういう経験もいいよね、きっと。

しかし余談ですが、大きな航空機をみるとなぜかすごく怖くて心臓がどきどきする自分がいました…
今まで気づいていなかったのですが、大きくて無機質なものってどうもわたしダメなようです… 
電車もデザインによってはみていると心臓がどきどきしてなんか怖くなってきて… 
これなんかはなぜか苦手です(>_<)同じような人っているのかな。わたしだけかなぁ…
とはいえ、息子がすきなものなのでそんなことは顔に出さず付き合います^^;;


まだまだのりもの系博物館でいってみたいところはあって
レトロでんしゃ館明治村(のSLをはじめとしたのりもの)などは行ってみたいです。
そのあたりはお財布と相談しつつですが(笑)

何にどれだけお金をかけるのか、というのはそれぞれの家庭で違って当たり前だと思いますが、
我が家の場合は息子との本物体験にはお金をケチらない方針で今のところ来ています。
もちろん予算というものがあるので、なんでもかんでもとはいきませんが…
それとお金を払って教育的施設にいってさえいれば賢くなるだろう、とも思っていません^^;;

お金を払っていく施設だけでしか学べないとかそういうわけではなくて、
最初に紹介した教育はお金じゃなくて親の気合い!にも書かれていますが、
普段の生活の中でも親がどれだけ子どもと過ごす時間のために心を砕けるか、そこかなぁと。
e0269946_1341913.jpg
これは近所にある歩道橋。ずっと息子が行きたいと言っていた場所です。
ただの歩道橋です。でも息子はこの歩道橋を初めてのぼったときものすごい笑顔でした。
それこそリニア・鉄道館に行った時とかわらない笑顔を見せてくれました(笑)

大人にとってはいつもの日常の風景も、子どもにとっては始めてみるもので溢れてるのかも。
そんな風に思うとなんだか子どもという存在が無性に輝かしく見えてなおさら愛おしくなります。

しかし、今回記録ということで写真をアップしていて気付いたのですが、
最近の息子は毎日同じ服のローテーションだなぁ^^;; ちょっとかけておく服を工夫しよう…

というわけで(!?)色々御託を並べてしまいましたが、我が家のお出かけの記録でした~!

+いっくん 2歳8ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2013-03-27 02:02 | ■おでかけ