はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

Vol.80: 牛乳パックで紙すき体験


今日はEDUCATIONAL VIDEOS 7 ~エデュケーショナルビデオ~ です。

今回のトピックは『地球温暖化』で、白熊さんたちの厳しい現実を動画で感じました。
(個人的には2つ目の動画の白熊さんと犬たちの触れ合いに胸キュン!)

週末おじいちゃんを見送りに空港に行きまして、
e0269946_19465973.jpg
そこに絶滅危惧種の飛び出す図鑑:白熊を見る機会があったため
(このときは目の前にある赤いチェーンをはずす!とごねて話どころじゃなった…)
今日は少し前に雪遊びしたときのことを写真で見て一緒に思い出しながら、
温かくなると雪みたいに氷がとけて白熊さんたちおぼれちゃうんだよ、とやっとお話し。

が、果たして今地球は温暖化しているのか、または寒冷化しているのか、どっちだろう。
どちらにせよ、環境問題にいつも敏感でいることは大切なはずなのです。
今回はせっかくなので息子とちょっとしたエコな取り組みをしてみよう~

ということで、牛乳パックで紙すきをしてみよう~
出来るところは全部エコで!ということで、材料など全部家にあるものでやってみよう!

まずは牛乳パックの余分なところを切り取ってからそれをお湯と一緒に鍋に投入し、
一瞬煮たたせたら蓋をしてバスタオルでくるんで放置という下準備だけしておいて…

数時間放置したあと、裏と表の防水加工面をべろべろーん
e0269946_19514572.jpg
もちろんやりたがるので息子にやってもらいます。
e0269946_19534721.jpg
これをこまかーくちぎります。2歳児くんも奮闘、がやっぱり大きさが荒い^^;;
上質なパルプがなかにつまっているんだよ、これが紙の素だよ、
紙は木の命を分けてもらってできてるんだよ、などと合間にチル大的説明を挟みます(笑)
e0269946_19564743.jpg
本来はミキサーで粉砕するらしいけれどそんな気の利いたものはない(笑)
もとい、限りなくエコチャレンジ!ということで、包丁で繊維をつぶすように叩くものの、
細かくするにも限度があったので、強度を加えるため、残り少なかったスティックのりを有効活用~
ペットボトルにお湯と一緒に入れてといて使うことにしました。
そこに細かくしたパルプを入れてもらい、様子を見ながらお水も追加で投入。
e0269946_200993.jpg
よーし!撹拌!ものすごく楽しそうにシャカシャカする息子♪
e0269946_2011010.jpg
紙すき枠なんてものはなく、あるもので… ということで、灰汁すくいで紙すき(笑)
いい機会なので、一緒につくったビオラの押し花も一緒にすきました。
巻きすの上においてそれで挟んでさらにタオルで押して水を切って…

ちょこちょこ手伝いつつもなんとかできました~!
e0269946_202021.jpg
e0269946_202481.jpg
窓にペタッと張り付けて乾燥するのを待ちます~ 透かすときれい~

が、今日はあいにくの曇り空、とりあえず張り付けたままお買い物へ行き、
帰宅後(夕方)確認してみるも水分たっぷりで全然乾いていない~!

ごめんなさい、文明の利器に頼ります!ということで、電気を使うぞ~!
e0269946_209493.jpg
アイロン様に乾燥を手伝ってもらいました^^;;
旅行や手芸に便利なミニサイズのアイロンが息子の手にちょうどいい感じです。
ちょっとお手伝いしてもらった後は時短のため、わたしが大人サイズのアイロンで仕上げ~

完成!夕ご飯に間に合ってよかった~
e0269946_20103290.jpg
ということで、出来上がったものはコースターにしてみました*^^*
おとうさんのも!と言われたので、いないけれど一応3人分セットしてあります(笑)
このところ毎晩キャンドルディナーです。せっかくなので電気と火のおはなしも簡単にしました。

よーし、楽しかったね!お空が暗くなったから寝る時間だよ~
e0269946_2017941.jpg
お気に入りのひつじさんのゆたんぽと一緒にぬくぬくおやすみなさーい。
やっぱり究極のエコはお日さまとともに生活することだねぇ(といいつつ親は夜更かし…^^;;)

あまり難しい話はしてあげられなかったけれど、楽しく資源を再利用できました。
しかしこういうのって、たとえばスーパーに資源ごみを一緒に出しに行ったり、
こまめに電気を消したり、物を大切に使ったり、そういった普段の生活が大切かも。
あとは自然とたくさん触れ合うなかで、共存するということを感じてくれれば。

今の世界の現実は目を背けたくなることでいっぱいだけれども、
親たちが目をそらさずまっすぐ見つめることがまずは第一歩なのではないかなぁ。
子どもたちにどんな未来を託してあげられるのか、考えていかねばなりませんね。

+いっくん 2歳5ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-17 21:47 | ■チルドレン大学(~2014)