はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

自分でできる工夫 洗面所&キッチン編


なんだかシリーズ化していますが、とりあえず当面はこれでラストかな~

大人サイズの家で子どもが自分でできるようにするには必須の踏み台!
前の住まいではいらなくなった洗面椅子に滑り止めを貼って踏み台としていましたが、
やっと納得できる踏み台をみつけたのでそちらを購入して差し替えました~
d0282360_0294443.jpg
IKEAの踏み台の大きい方です(BOLMENスツール IKEA
高さがあって、乗る部分の面積がフラットで割と広くて、滑り止めもついていて◎
これは踏み台にのって洗面台で夫のシャツの襟汚れをごしごし洗ってくれているシーンです。
わたしがやっていたらやりたがったので、以来気が向いたときは息子のお仕事になっています。
「まっくろだね、おとうさん一生懸命汗を流しておかあさんといっくんのために働いてくれてるね。」
と、なかなか会えないおとうさんとの繋がりを日中でも感じてくれればよいなぁと話したりします。

踏み台にのれば自分で手を洗えるのですが、タオルの位置が微妙で拭くとずり落ちる…
d0282360_0331121.jpg
ということで、丁度良い位置に息子専用のタオルハンガーを設置しました。
「これいっくんの~」と言っています。タオルのこのみがうるさくよく替えさせられます…

キッチンは洗面所とおなじ踏み台を使っています(つまり2台ある)
d0282360_0373790.jpg
おいもをつぶしてもらうのに、ミニすりこ木が息子の手に合ったので使ってもらったり。
すべらないようにボールの下に滑り止めマットを小さく切ったものを敷いてあげたり。
(コーヒー豆を挽くのにこのマットを使っているので併用している感じですが、
 別に用意しなくても塗れ布巾を敷いてあげてもいいのだな~と今書いていて気付きました…!)
ちょっと工夫してあげると息子のやる気をそがず小さな成功体験を増やしてあげられるような。

こどもサイズの調理用エプロンはわたしのエプロンの隣~
d0282360_2092456.jpg
お食事用エプロンも冷蔵庫の息子の手の届く位置にひっかけてあります。
お食事前にこのエプロンを食卓までもっていくのが息子のお仕事。
本当は自分でつけられるエプロンを用意してあげるともっといいのだと思いますが…
後日談:お食事エプロンをひっかけていた所にこどもサイズ台布巾を干す場所を新設しました~

自分の食器は自分でとれるかな~?
d0282360_20105685.jpg
食器棚の上から2段目が息子にちょうど良い高さなので、そこに彼の食器を置いています。
配膳のとき、ひとつずつ落とさないように両手で持ってゆっくりわたしに渡してくれます。
食器は(木製の汁椀以外は)全部落としたら割れる素材です。
キッチンに限らずわたしが圧迫感が嫌い&地震が怖いので背の高い家具がないのですが、
それが息子にとっても手の届きやすい位置に物があって偶然ですがよい感じみたいです。
食卓がダイニングテーブルなので、運んでもらうということができないのが(わたしの)課題…
近いうちに工夫して運んだものを置くスペースでもつくろうかなぁ。ちゃぶ台っていいな~

最後に、キッチンカウンターの下が収納棚になっているのですが
d0282360_0405911.jpg
カウンターにコップ&飲料水を置いているので、息子も同じようにそこの一部分を給水スペースにしました。
(まわりが本だらけですがここしか良い場所がなかったのです…^^;;)
「おかあさんおみずのみたいの~!」といちいち呼ばれなくてすんでお互いにストレスフリー!

どれも大した工夫ではないし、きっと何か手落ちがあるとは思いますが、
少しずつ大人も子どもも心地よく共存できるよう工夫を重ねていこうと思います。

今後やりたいこととして、食器のかたちを刺繍したランチョンマットをつくったり、
食器洗いをやりたがるのでもうちょっと安定してできる方法を考えたり、と課題はてんこ盛りです。

+いっくん 2歳5ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-13 20:48 | ■モンテッソーリ教育