はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

穴にさしたい敏感期


穴があればそこに棒をさしこみたくなるのがこどもなのかもしれません。

我が息子も例外ではなく、数ヶ月前から特にそれが顕著になって現れています。
お散歩道で木の棒を拾えば塀の隙間なんかにさしこむ、うーん、微笑ましい*^^*
敏感期だね~とのほほんと和んでいたら(わたしにとって)困った事態発生。

だって、そこにちょうどいい穴があったから…
d0282360_2051724.jpg
とでもいいたげなこのシーン、鉄琴のバチを棚にもともとあった穴に2本ともさしこんでオブジェ状態。
これはよくないよなぁ、とおもいつつとくに対処していなかったら、ある日バキッと嫌な音。
みてみたら差し込んだバチを抜くためかなんなのか力をかけて折ってしまっていた…!

わかっていたのだから対応していなかった自分の悪いのを棚に上げ、
大事にしてくれないといやだよ!とちょっと怒ってしまいました、まだまだだめ母ちゃん。。。

どうしたらいいかなぁ、と思いつつ時間が経ってしまいましたが、ペグさしっていいかな?
と思い、とりあえず自分で作ってみようといろいろ考えてちょっと手も付けてみたけれど…
自分が思い描くクオリティまで持っていけないと判断して、既製品を買う方に気持ちを転換。

というわけで、購入したのはHABA社のペグさし・小です。同じ商品で大もありますが、
息子はもう2歳半に近いのでペグが小さいほうが指先の訓練になると思い小にしました。

届いたペグさしをトレイにセットして棚において…
d0282360_20105637.jpg
棚の内容が変わるとすぐにみつけて目を輝かせる息子、今回も「これこれ!」とうれしそう。
さっそくペグさしですよ、と3本指でつまむことに意識を集中して提示してみました。
続いて息子もやってみたのですが最初は楽しんだのに途中で「もーいい」と戦線離脱。
思ったような強い反応がなかったなぁ、とわたしもテンションダウン↓

敏感期なのは間違いないのだからなにかわたしのセッティングに問題があるのだろう、と
色々考えてみました(モンテッソーリでは問題はこどもの側ではなく大人の側にあるとします)。

で、いくらさしていってもなくならない山盛り状態なペグが原因かな?と思い、
各色5本ずつ(4色×5=20本)に減らして器において様子をみてみました。

結果、効果あり認定でいいかも…?
d0282360_20181334.jpg
週末夫が家事を手伝ってくれていて、わたしもバタバタしていて、
かまってほしいとちょっかい出してくる息子をどうにかやりすごしていたら(…^^;;)
なんだか急に静かになった…?気付いたらペグが全部ささっている!?
夫に聞いてみると掃除機をかけている間ひとりでもくもくとさしていたそうです。
棚から持って行っていない部分は×かもですが、自発的に遊んでくれたことがうれしい~!

息子に扱い切れる数というのを意識するのがやっぱり良いようです。
やっぱり自分で全部できた!という小さな成功体験をたくさん感じさせてあげることが大切かも。
同じものでもちょっとの工夫でこどもの反応は全然違うのだなぁ、と今回も学べました。

様子をみて少しずつペグの数を増やしてあげようと思います。
ゆくゆくはペグで絵をつくるという遊びにも発展していくといいなぁと期待~

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-07 22:54 | ■モンテッソーリ教育