はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

生き物を育てて心を育てる


今日もいいお天気です!

息子が選んで植えたビオラパンジーの花が気持ちよさそう~
e0269946_1229654.jpg
「びおらにおみずあげるの~」と毎日せっせせっせと水やりしています。
素敵なじょうろを用意してあげたいなぁと思いつつ懐かしのぞうさんじょうろ愛用です…^^;;

たっぷりのお水と愛情が効いているのか毎日次々にお花を咲かしてくれますが、
そのままにしておくと早く終わってしまうので、長く楽しむために萎れかけのお花は摘んでいます。
当然息子もやりたがりますが、咲いたばかりと萎れかけの区別が難しいみたい。
摘むところを見せないというのも最初は考えましたが、結局一緒に確認して摘んでもらっています。

で、摘み取ったお花をどうするか、そのままゴミ箱にポイするのは息子に悪影響…?
土に返せばいいのか?小さなことだけれどやはり命のことなので最後まで愛しもう!
e0269946_12382045.jpg
ということで、花のかたちがきれいに残っているものは押し花にしています。
これが息子にはかなり面白いようで「おしば(押し花)みるの!」と何度でも見たがります。
出来上がったら栞かなにかに一緒に加工出来たらなぁ、紙漉き…?と計画中。

それでもお花は余るのでそういったものは
e0269946_12381479.jpg
花びらだけ分けて乾かしてポプリにしようと集めています。瓶いっぱいになるまではまだまだ…^^;;
花びらを分けるとき、ここががくで… ここが花びらで… とちょっと理科っぽいお話もしてみます。
どんどんしわしわ小さくなっていく花びらをチェックするのも楽しいひと時です。

愛らしい姿で楽しませてくれた後さらにまた楽しめるお花ってすごいなぁと思います。

メダカのエサやりも相変わらず楽しい日課として励んでいます
e0269946_12433096.jpg
最近息子が水槽の前に立つだけでメダカがよってくるようになりました(笑)

エサやりも水やりも楽しくて仕方がなくて何度でもやりたがってちょっと困ったのですが
e0269946_12441929.jpg
困ったときのシール様!あげたよノートというのをつくってみました。
エサ&水やりをやるごとにメダカ&花の絵の上に一枚ずつシールを貼るようにしてみました。
そうしたら視覚的に納得できるのか、もっとあげたいといってもノートを見せると落ち着きます。

そんなこんなでメダカさんたちもすくすく育ち、最近赤ちゃんが生れました
e0269946_1312520.jpg
親と一緒の水槽にいれておくと食べられてしまうので、新しい水槽が… 夫大歓喜(←メダカに夢中な人)!
置く場所がない&今後もほかの生物が増えていく予感がしたので玄関にまさかの生き物棚新設。
一番下にカブトムシの幼虫さんたちのおうちも置いて親子でちょこまか観察会(笑)
虫が苦手な人は我が家の玄関には上がりたくないかもしれないです!?

家の中にグリーンが欲しいので観葉植物の導入をずっと考えていますが手つかず。
葉の厚いものを用意できればはっぱを磨くおしごとにつなげていけるかなぁ、と思案中。

動植物のお世話というのは心を育てるおしごととしてのちの文化教育に繋がっていくそうです。
命の神秘、その不思議さを身近に感じながらいずれは死というものを感じる機会もあるはず。
2歳の息子には生死の理解などはまだまだ先の話でしょうが、
難しいことは考えずに小さな命を肌で感じ、触れ合いを楽しんでいってくれればよいと思います。

+いっくん 2歳4ヶ月+

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へにほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
ポチッと応援していただけるとうれしいです*^^* 
[PR]
by kakachan19 | 2012-12-01 13:39 | ■センスオブワンダー