はじまりの日

my19.exblog.jp
ブログトップ

わが家のおトイレ事情 おむつなし育児編

最近息子の排泄コーナーのテコ入れをしました。
いい機会なので、いままでの息子のおトイレ事情を記録してみます。

わたしがおむつなし育児を知ったのは妊娠中に図書館で借りた本からでした。

おむつをしないってどういうこと?と借りて読んでみたらすごくいい内容!
夫にも読んでもらうと、いいね~!と言ってくれトライすることになりました。

e0269946_2157504.jpg息子は布おむつで育てました。
とはいっても里帰りなし、頼る人なし、だったので、
無理せず状況に応じて紙おむつのお世話にもなりました。
布おむつはエンゼルの成型おむつを使用しました。
EC(おむつなし育児)用にホーローおまるも用意しました。
グッズはカゴにまとめて使いやすいように一工夫。
使っていなかった水筒にぬるま湯をいれておき、
ガーゼを湿らせておしりふきにしていました。


最初におまるでの排泄にトライしたのが息子が生後1ヶ月の頃。
ふと思いついておまるにささげてみたら(おまるに支えてのせる、のEC用語です)
すんなりちっちもうんうんもしてくれたのでびっくりしたのを思い出します。
ただ首も座っておらず少し不安だったので、首すわりまで本格的開始は待ちました。

息子が生後3ヶ月になった頃、夜中に苦しそうにうめいて寝なくなったことがあり、
もしかしておなかが痛いのかなぁ…とおまるにささげてみたら排泄をしてくれました。
するするーっと気持ちよさそうに排泄してくれたのが嬉しくて、ここからEC本格スタート。

おむつなし育児をするには、息子を本当によく観察する必要があり、
表情や声色、タイミングなど息子の色々なことがわかるようになりました。

e0269946_22113028.jpg夫も参加してくれました。
普段なかなか会えない父子の深い触れ合いでした。

夫が自分自身で息子の排泄サインに気付いた日、
夫も息子も深くつながりあう喜びの顔をしていました。

おむつなし育児はアメリカではECと呼ばれており、
Elimination Communication(排泄コミュニケーション)
の略なのですが、これはまさにコミュニケーションでした。


息子の成長とともにおむつなしとの付き合いも変化しました。
寝返りなど運動機能が獲得されるにつれ、おまるにささげるのが難しくなったり、
わたし自身の体調がすぐれなかった時期は1ヶ月ほどお休みしたりもしました。

噂のおまるイヤイヤ期にも直面しました。とにかくおまるを全面拒否!
どうしよう…とじっと観察していたら、この子は立ってしたいのかも?とひらめき、
立ってするように誘導してみたらまたすんなりおまるにしてくれるようになりました。

そんなこんなで息子が生後11ヶ月になったある日、
「ウンコ!」と大きいほうの排泄を教えてくれるようになりました。
ちなみにこれが息子の初めて発話した言葉でわが家の語り草です^^;;

e0269946_2305319.jpg夏生まれの息子、1歳になる頃に歩き出したので
スパッとスッキリおパンツにしました。
エコニコパンツという綿100%の着脱しやすいトレパンです。

ちっちはまだ完璧じゃないままおパンツにしたので、
それはそれはじゃーじゃー盛大に垂れ流していました。

わたしは横からせっせせっせとお掃除に励みました。
ときには一緒に雑巾で拭いたりしました。


そうやってゆるゆるとおむつなしを楽しんだ結果なのかはわかりませんが、
息子は1歳3ヶ月で日中はおむつが必要ない状態になりました。

※エコニコパンツについては、わたしはこどもの道具やさんで買いました。
 季節のあいさつを添えたメッセージカードが一緒に入っていてうれしかった記憶があります。
 その他のモンテッソーリの道具もいろいろ充実していてよいお店です。

これは最近知ったのですが、モンテッソーリ教育では排泄の自律を促すため、
「オムツ以外の場所で、排泄することを習慣づける」ことを説くそうです。
これを「トイレットラーニング」というそうですが、トレーニングじゃないのですね。

おむつなし育児はまさにトイレットラーニングでした。
赤ちゃんは本来排泄物で汚れるのを嫌うそうです。
ちゃんと排泄を感じる能力をもっているそうで、おむつの外での排泄を喜ぶとか。
おむつをはずした途端、しゃーっと気持ちよさそうにちっちした!なんてよくありました。
排泄する場所をおまるだよって教えてあげることがおむつなし育児だったと思います。

そんなこんなで色々書きましたが、おむつなし育児はやってよかったと思います。

長くなってしまったので、おむつはずれ以降の息子のおトイレ事情はまた次回~

続き: おむつなし育児で役立ったものもどうぞ~

にほんブログ村 教育ブログ チルドレン大学へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ
+ ランキングに参加しています +
[PR]
by kakachan19 | 2012-05-26 23:10 | ■モンテッソーリ教育